『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.3.20

      経済

      1まとめらいぶ2017/03/19(日) 20:17:14.28ID:CAP_USER.net
      【R25】
       https://r25.jp/money/00056163/

      「RPG」風に職業を表現した給料・給与のポータルサイト「給与バンク」で、
      「YouTuber(ユーチューバー)」の平均給料・給与が「月額747万円」と算出
      されことが明らかになり、ネットでは衝撃が広がっている。

      同サイトは、資本主義という世界で戦う企業戦士たちを「RPG」に登場するような
      キャラクターとして描いた「一億総かっこいい職業」をコンセプトにしたサイト。
      お馴染みの“ジョブ”や“スキル”といった言葉を用いて職業の特徴を捉えて
      解説している。

      YouTuberは、「ニュージェネレーションジョブ(新しい職業)」の一つとして、
      歌い手やコスプレイヤー、プロゲーマーなどとともに紹介されている。YouTuberの
      ページには「YOUTUBEという動画サイトで活動するネットタレント。人気ジョブ
      ランクで上位に君臨しはじめた『新生代ジョブ』の一つ」とあり、「当たれば金と
      名声を同時に手に入れることができる一攫千金型の職業」とも記載されている。

      給与については、「最近出来た仕事のため平均を算出するのは難しい」としながらも、
      動画再生の単価を0.11円として、2016年5月の動画再生数ランキングトップ20から平均
      給与を予測。結果、「トップランカーの平均給与747万」と算出されたという。

      これは同サイトの全職種の中で、1位・プロ野球選手(平均給与1395万円)、
      2位・騎手(平均給与1175万円)に次ぐ堂々3位にランクインしている。

      このYouTuberの給与額にTwitterでは、

      「ユーチューバーに俺はなる!」
      「俺も、YouTuberなろうかな(笑)」
      「僕、ブロガーやめてYoutTuberになります!」

      と志望者が相次ぐ事態となっている。さらに、

      「圧倒的な努力あってこそ!」
      「YouTuberの平均給料は747万円って誤解を生みそうなw」
      「ユーチューバーって税金どうしてんだろ?ってよく思う」

      と思い思いの反応を示している。
      ちなみに、同サイトによると日本人YouTuberの収入ランキングベスト3は、

      1位がHIKAKIN(推定1億1846万円以上)、
      2位がマックスむらい(推定7462万9440万円以上)、
      3位がKan & Aki's CHANNEL(推定7400万円以上)だった。

      世界ランキングでは、1位ピューディパイ(7億1000万円)、
      2位スモッシュ(6億3000万円)など億越えがスタンダードのようだ。

      もちろん成功しているYouTuberばかりではなく、「初任給1万円」と記載されている
      ように、約8割の人が月1000円未満程度の収入という厳しい世界であるようだ。
      といはいえ、多くのユーザーにとってジョブチェンジをも考えさせる
      夢のある話題といえそう?

      自撮動画

      【イメージ画像】
      【【経済】ユーチューバーの平均給与『月額747万円』】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/08(水) 20:16:20.38ID:CAP_USER9.net
      英高級車マクラーレン・オートモーティブは8日、新型スポーツ車「720S」を
      発表した。新開発の排気量4.0リットルのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、
      最高出力は720馬力。停止状態から100キロまで2.9秒で加速する。車体に軽量で
      剛性が高い炭素繊維を採用し、車重は1283キログラムに抑えた。

       希望小売価格は3338万3千円。国内では7月から納入を始める。アジア太平洋
      地域の責任者を務めるジョージ・ビッグス氏は同日の発表会で、「スーパーカーを
      理解する成熟した日本の顧客に適したモデルだ」と話した。

      【産経ニュース】
       http://www.sankei.com/economy/news/170308/ecn1703080020-n1.html

      【画像】 
       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p1.html

       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p2.html

       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p3.html

       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p4.html

       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p5.html

       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p6.html

       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p7.html

       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p8.html

       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p9.html
      【【経済】英マクラーレンが3千万円超のスーパーカー『720S』発表!720馬力の新型エンジン搭載】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/02/11(土) 14:21:29.87ID:CAP_USER.net
      【兵庫おでかけプラス】
       https://www.kobe-np.co.jp/news/odekake-plus/news/detail.shtml?news/odekake-plus/news/gourmet/201702/9903991


       14日はバレンタインデー。かつては女性から男性にチョコレートを贈り、自らの
      思いを告白するのが定番だった。最近は友人同士でプレゼントし合ったり、高級
      チョコを自分へのご褒美として購入したりと楽しみ方が多様になる中、男性が
      家族や職場の人にチョコを贈る「チョコ男(お)」、自分用にチョコを買う
      「俺チョコ」が話題を集めている。(貝原加奈)

       神戸市中央区の大丸神戸店で開催中のバレンタインフェアには、
      国内外96のチョコブランドが出店する。

      うち「クラレット」(同区)の店頭では、20代の男性が「自分用に」と
      紹興酒(しょうこうしゅ)を使ったトリュフチョコを購入。
      男性の上司に贈るため、ビターチョコの詰め合わせを選ぶ男性の姿もあった。

       江崎グリコ(大阪市)の調査では、バレンタインに妻や母親、友人らにチョコを贈る
      「チョコ男」は、ほぼ4人に1人。その割合は男子高校生では3人に1人とさらに増える。
       インターネット調査会社「マクロミル」(東京)が20~49歳の働く男女を対象に
      した調査でも、男性のほぼ4人に1人が「チョコを購入する予定」と回答。こうした
      傾向を踏まえ、東京都渋谷区の新宿高島屋では、「俺チョコ」をキーワードに甘党の
      男性にアピールする。

       チョコレート専門店「カファレル神戸北野本店」(神戸市中央区)でもここ数年、
      幅広い世代の男性が来店するようになったという。8日、広島市の百貨店勤務の
      男性(63)は大阪への出張帰りに立ち寄り、「この店でしか買えないチョコを
      求めて来た。娘用と俺チョコ用に」と話した。

       江崎グリコの広報担当者は「バレンタインには、カカオ豆の産地や味にこだわ
      った普段食べられない商品が充実する。純粋に『食べてみたい』
      『誰かとおいしさを共有したい』という男性が増えているのではないか」
      と分析する。

      俺チョコ

      【イメージ画像】
      【【経済】バレンタインデーに男性が自分でチョコを買う『俺チョコ』が話題wwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/02/04(土) 17:05:25.91ID:CAP_USER.net
      【Yahoo! ニュース】
       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00000083-jij-bus_all

       自宅にプロの料理人を招いて、調理、配膳、後片付けなどを任せる「出張シェフサービス」が
      人気を呼んでいる。子どもが小さく外食に出掛けづらい子育て世代や、自宅で女子会を開く人
      たちなどの利用が増えている。

       「レンタル・シェフ」の名称でサービス展開するイグジラレート・インターナショナル(東京)は
      フレンチや和食などの料理人約100人と契約。食事代を含め1人1万円程度のコースが人気を
      集める。能登哲社長は「共働き家庭の増加で、家事代行サービスの利用が増えている」とみる。

       マイシェフ(同)は、一般家庭の利用を促そうと料金を1人3000~5000円に設定。体験イベント
      に参加した30代の主婦は、「自分では作れない料理を外食と変わらない値段で食べられるのは
      魅力的」と話す。

       高級ホテル出身の料理人が代表理事を務める全日本出張シェフサービス協会(同)では、
      1人2万5000円程度のコースが人気。高級ホテル並みの料理とサービスが売りで、高価格
      ながら利用が伸びているという。

      デリシェフ

      【イメージ画像】
      【【経済】『出張シェフ』が人気 = 自宅でゆったりプロの味】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/11/30(水) 16:56:33.84ID:CAP_USER.net
      【中日新聞】
       http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20161120/CK2016112002000019.html

       第三銀行(松阪市)の経済研究所は、冬季ボーナスに関する顧客へのアンケート結果を
      まとめた。八割が貯蓄すると答え、節約傾向が依然として根強いことがうかがえる。

       同行に給与振込口座を持つ二十~六十代の千五百四十七人に郵送で調査した。
      五百八十四人が回答し、有効回答率は37・8%。

       ボーナスの増加を見込んだのは13%で、六割近くが昨年とほぼ同額と予想した。
       使い道では、各年代とも貯蓄の割合が高く、二十代は57・3%、三十代は48・8%。
      堅実な姿勢が浮き彫りになった。

       わずかだが、担当者は「消費回復の兆しが出てきた」とみる。家具や車など耐久
      消費財の購入を考える人が26・6%で、昨年より2・2ポイント増えた。耐久消費財は、
      経済的な余裕がないと購入を控える傾向がある。昨年は0・2ポイント増で、
      増加幅が広がった。

      臨時収入

      【イメージ画像】
      【【経済】冬のボーナス、8割の人が『貯蓄する』と回答。】の続きを読む

        このページのトップヘ