米国 : まとめらいぶ

タグ:米国

1:まとめらいぶ 2019/09/14(土) 18:43:10.10 ID:+awEh0wD9
ハゲは地球上のなによりも深く男性の心に恐怖を投げかけます。
しかし、ウィスコンシン大学マディソン校のエンジニアが開発した非侵襲的で低コストの発毛
刺激技術のおかげで、いつかは帽子をかぶるのと同じくらい簡単に発毛させることができます。

「これは、髪の再生に対する非常に実用的なソリューションになると思います」と、
UW-Madisonの材料科学および工学の教授であるズドーン博士は言います。

ズドーン博士と同僚は、この技術の説明をACS Nanoジャーナルに掲載しました。

体の日々の動きからエネルギーを収集するデバイスに基づいて、育毛技術は、
穏やかな低周波電気パルスで皮膚を刺激し、休止状態の卵胞を癒して毛の生産を
再活性化します。

デバイスは、残念ながらツルった部分の毛包を新たに発芽させません。
代わりに、休眠状態になった髪を作る構造を再活性化します。
つまり、パターン脱毛の初期段階の人々への介入として使用できますが、数年にわたって
ビリヤードボールのようにハゲたお前らにカスケード状の房を与えることはできません。

デバイスは装着者の動きによって駆動されるため、大型のバッテリーパックや複雑な電子機器は
必要ありません。 実際、このマシンは目立たないので、日常の野球帽の下に慎重に着用する
ことができました。

ズドーン博士は、環境発電デバイスの設計と作成の世界的な専門家です。
彼は傷の治癒を刺激する電気包帯の先駆者であり、やさしい電気を使って脳に満腹感を送り込む
ダイエットインプラントの発明者です。

髪の成長技術は、同様の前提に基づいています。ナノ発電機と呼ばれる小さなデバイスは、日々の
動きから受動的にエネルギーを収集し、低周波の電気パルスを皮膚に送信します。 その穏やかな
電気刺激により、休眠中の卵胞が「目覚めます」。

「電気刺激は、さまざまな身体機能に役立ちます」とズドーン博士は言います。
「しかし、私たちの仕事の前には、穏やかではあるが効果的な刺激を提供する薄型デバイス
のための本当に良い解決策はありませんでした。」

電気パルスは非常に穏やかで、頭皮の最も外側の層より深く浸透しないため、不快な副作用を
引き起こすことはありません。これは、性機能障害、うつ病、不安のリスクを抱える
プロペシアという薬のような他のハゲ治療に比べて非常に有利です。

さらに、ヘアレスマウスのサイドバイサイドテストでは、ハゲ薬に含まれる2つの異なる化合物と
同じくらい効果的にデバイスが発毛を刺激しました。

「それは自己活性化システムであり、非常にシンプルで使いやすいです」とズドーン博士は言います。
「エネルギーが非常に低いため、副作用が最小限に抑えられます。」

研究者はウィスコンシン同窓会研究基金でこのコンセプトの特許を取得しており、
近いうちに人体実験を進めたいと考えています。

解説:ハゲかけには効果があるが、お前らのようなハゲには無駄のようです。

gooqle翻訳一部割愛

【UW-マディソン】
 https://news.wisc.edu/electric-tech-could-help-reverse-baldness/

no title

no title

引用元: 【ハゲ】頭皮に電気パルスを浴びせまくれば髪が生えると発表される 米国

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2018/01/15(月) 21:28:46.48 ID:CAP_USER9
米ロサンゼルス郊外で、不思議すぎる交通事故が発生した。

■自動車が宙を舞って衝突

 アメリカのロサンゼルス郊外で発生した、
自動車がなぜか建物の2階に突っ込むという交通事故。

 事故が起こったのは、現地時間13日の深夜。乗用車が中央分離帯を乗り越えた反動で、
空中を舞い、歯医者の入った建物の2階に衝突した。

@OCFA_PIO
 https://twitter.com/OCFA_PIO/status/952550019420192769

no title

 建物の2階に車が突っ込んだ原因は、スピードの出し過ぎだと地元警察が発表。
さらに、車の運転手は、薬物を使用していたことがわかっている。

 この車には2人が乗っていて、1人は自力で脱出したが、もう1人は衝突した後も車に
閉じ込められていた。
 
 その後、車に残された1人も救助され、
幸いにも事故に遭った2人は軽いけがで済んだという。

@OCFA_PIO
 https://twitter.com/OCFA_PIO/status/952552332327186432

no title

事故発生時は深夜だったため、周辺には人がいなかったため被害は最小限に抑えられた。

【front-row】
 http://front-row.jp/_ct/17142264

引用元: 【米国】車がなぜか宙を舞って、ビルの2階に衝突…映画のような交通事故が発生/ロサンゼルス(画像)

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/12/27(水) 19:15:07.38ID:CAP_USER9.net
米ペンシルベニア州エリーに住む女性が、2840億ドル(約32兆円)超の巨額な電気代を
請求された。女性は呆然としたものの、間もなく間違いだと分かった。

メアリー・ホロマンスキさんによると、請求書には今月末までにまず2万8176ドル(約3
20万円)を払い、2018年11月までに総額2844億6000万ドルを払い終えるよう書いてあ
ったという。

ホロマンスキさんは地元紙エリー・タイムズ・ニュースに対して、「目が飛び出るとこ
ろだった」と話した。「クリスマスの電飾を付けていたので、付け方が悪かったのかと
心配になった」。

電力会社は後に、実際の電気代は284.46ドル(約3万2200円)だと訂正した。

広報担当のマーク・ダービンさんは、なぜこのような間違いがこうした間違いがどうし
て起きたのか分からないと話している。

「数十億ドルの請求書など見た覚えがない」とダービンさんは、エリー・タイムズ・ニ
ュースに話した。

「当社の間違いをわざわざ指摘してくださったお客様に感謝する」

【BBC】 
 http://www.bbc.com/japanese/42491517
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ