1まとめらいぶ2016/03/31(木) 14:44:59.44ID:6pofEAfE0.net BE:284465795-PLT(12000)
サンフランシスコの異常に高い家賃に苦しむイラストレーターの
ピーター・バーコウィッツは、文字通り「箱」の中に住むことにしました。











25歳のピーターはサンフランシスコのあまりの家賃の高さに
苦しんでいたとき、日本のカプセルホテルからインスピレー
ションを受けて、箱の中に暮らすことにしました。

折りたたみデスク、傾斜をつけてクッションを置いたバックボード、
読書のためのLEDライト、服や荷物を入れる収納など、快適な箱
部屋にするために15万円かかりました。

ピーターは、「みんな僕が箱の中に住んでると言うと驚くけど、
きちんとデザインすればとても快適なんだよ」と語ります。

ピーターはこの箱部屋に月6万円払っていますが、これは
サンフランシスコの家賃相場では微々たる金額です。

ピーターは4人と家をシェアしていて、
キッチンやリビングルームを使うことができます。

「言ってみれば、アパートにもう一つ
ベッドルームをつけたみたいなもんだよ」

世界病気通信
続きを読む