第2弾 : まとめらいぶ

タグ:第2弾

1:まとめらいぶ 2019/09/23(月) 05:38:13.42 ID:CAP_USER
【特集】
【メガドラミニ全タイトルレビュー!】
「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」
愛しのテイルス初登場!高速アクション第2弾

池紀彦

1992年11月21日 発売

no title

 「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」はセガの看板キャラとも言える、音速のハリネズミ、
ソニックが主人公のアクションゲーム第2弾。これ以降も多くのソニックシリーズを
リリースしており、同社の人気シリーズの1つである事は間違いない。

 ストーリーとしては、ソニックとキツネのテイルスが、悪の科学者ドクター・エッグマン
の野望を阻止するため戦う、というヒーロー物っぽい王道の内容でわかりやすい。「ゾーン」
と呼ばれる各エリアのラストにはドクター・エッグマンが自作の色々な乗り物で登場して
こちらを攻撃してくるので、これを撃破する事でステージクリアとなる。

 ゲーム的にはシンプルな横スクロールのアクションゲームだが、本作の最大の特徴は
そのスピーディーなアクションだ。ソニックとテイルスは走るにつれてどんどんと加速
していき、最終的にかなりの速度でフィールドを駆け抜ける。このフィールドを駆け
巡るビジュアルは圧巻で、今見てもここまでスピーディーなアクションゲームはあまり
存在しないレベルだ。それゆえに難易度はかなり高く、高速でフィールドをダッシュ
している状態で急に現れた敵や罠などを回避するのは困難というか不可能に近い。
そのため、フィールド内の敵や罠などの位置を事前に把握しておき、感覚的に
かわすのがベストだろう。

no title

ダッシュでフィールドを駆け抜けるビジュアルが印象的な「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」。
前作から登場する主人公の音速のハリネズミ、ソニックに加えて新たにキツネのテイルスが
仲間に加わった

no title

敵は悪の天才科学者、ドクター・エッグマン。毎回自分で開発したビックリでドッキリなメカに
乗って出現し、主人公たちを苦しめる。ジャンプしてスピン状態で体当たりすることでダメージ
を与えられる

no title

ステージは全部で11あり、それぞれアクトという形で2つの区間で区切られている

 移動中に獲得できる主要アイテムのリングはスコアを稼ぐ要素でもあり、ダメージを受けた時の
ライフのような役目もはたす。敵キャラやトゲなどのダメージを受ける障害物と接触すると、
驚きのリアクションとともに、これまで取得していたリングを全て周囲にばら撒いてしまい、
手持ちリングは0になってしまう。

 だがその代わりに機数を減らさずにゲームを続行できるのだ。しかもばら撒かれたリングは
いくつかその場で回収ができるので、穴に落ちるなどの即死状態にならなければほぼ死なずに
ゲームが続けられるという、ユニークな初心者救済措置が設けられているのも本シリーズの
特徴の1つだ。

 一方上級プレーヤーはゲーム中、なるべくダメージを受けずにこのリングを保持し続ける事で
大量のリングを集められる。これによりクリア時のスコアを上げられるほか、50個のリングを
持った状態でステージ途中にあるポイントマーカーを通過すると、3D風のハーフパイプコース
を走るスペシャルステージの入り口となる、星でできた輪を出現させることができる。こうして
まずクリアを目指す初心者も、やりこみ志向の上級者も、幅広い層が楽しめる作りになっている。

 ルールもシンプルなら操作もシンプルで、左右移動とボタンでジャンプするのみだ。一方、
前作からの変更点として新たに下キーとボタンを使う事で、その場で高速回転して一気に
急加速するスピンダッシュが使えるようになった。操作キャラクターはソニックが
デフォルトだが、テイルスを操作キャラクターに変更することも可能だ。

 なお、リング以外に登場するアイテムはバリア、無敵、1up、ハイスピードなどで、
これらは取得すると即座に効果が発動する。

 また、通常の1人プレイの他に、画面を上下2分割にして2人で遊べる対戦モードがある。
対戦モードではゴールまでのスピードやスコア、リングの数やアイテム取得数など総合的に
判断して勝敗を決める。

     ===== 後略 =====
【GAME Watch】
 https://game.watch.impress.co.jp/docs/feature/1207631.html

【YouTube】



引用元: 【レトロ】「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」 愛しのテイルス初登場!高速アクション第2弾

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/12/08(木) 13:09:26.68ID:CAP_USER.net
【engadget】
 http://japanese.engadget.com/2016/12/04/pc-2-pc-ii-2017-1/



テックウインドがキーボード一体型PCキーボードPC II(WKA-W10HBK)を発表しました。
発売時期は2017年1月下旬以降、オープン価格。テックウィンドは今年2月にキーボード
一体型の「キーボードPC WP004」を発売しており、このときは「まるでMSXだ」と話題に
なりました。今回のモデルはその後継機にあたるとのこと。キーボードPC IIの特徴は、
一見すると一般的なキーボードのくせに内部にPC機能を内蔵しているところ。外部
ディスプレイと接続すればWindows 10 Home(64bit)搭載のデスクトップPCとして
利用可能です。前モデルでは外部電源が必須でしたが、本製品では6000mAhの
バッテリーを内蔵、外部電源なしでも約6時間連続使用できるようになりました。

CPUはIntelのAtom Z3735F(1.33GHz駆動)からx5-Z8300(1.44GHz駆動)へ、
RAMは2GBから4GBに強化。さらにUSBポート2基のうち1つがUSB 3.0になるなど、
スペックも順当に強化されています。なお、内蔵ストレージ容量は32GBで、最大
64GBのmicroSDXCカードに対応したスロットを備えます。キーボードは82キーの
日本語独自配列を採用。先代では非常に小さかったタッチパッドはキーボード
右側に異動して充分すぎるほどの大きさとなりました。ディスプレイ出力では
HDMI(最大2560x1440px)、VGA(最大1920x1080)での表示が可能。
そのほか、ステレオスピーカーを内蔵し、イヤホンジャック、
有線LANポートなどを備えています。

無線規格は、IEEE 802.11b/g/n、およびBluetooth 4.0を搭載。
本体の大きさは約321.46×115×26.6mmで、重量は約560g。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ