タグ:秒読み

1まとめらいぶ2015/11/22(日) 15:18:15.95ID:Jb5r/UuA0.net BE:228348493-PLT(16000)
仙台市東西線開業まで秒読み、仙台駅は大改造中

【日本経済新聞】
 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO94189870Z11C15A1000000/

仙台市は地下鉄東西線を2015年12月6日に開業する。
国土交通省東北運輸局は11月12日、同線施設の完成検査合格書を交付した。
市は、同線でも中心的エリアとなる仙台駅の駅前広場などの「大改造」を2012年度
から進めており、開業に合わせて一部の施設の供用を開始する。

東西線は仙台東部道路の仙台東インターチェンジ付近にある荒井駅(若林区)から
JR仙台駅を経て八木山動物公園駅(太白区)まで、東西約13.9kmを結ぶ。建設
工事は2006年に始まり、東日本大震災の発生直後は一部の工区で最大約半年
にわたって中断した。2015年11月中旬時点では駅の工事の一部が続いている。
仙台市は同線に2298億円の総事業費、車両や用地の費用を除いた建設
工事費だけでも約1900億円を投じた。

コスト削減を狙ってトンネルの断面積を既存の南北線の約6割に抑えたほか、
車両には鉄輪式リニアモーターカーを採用した。2015年3月に試運転を始めた。

■6年かける仙台駅大改造
仙台市は東西線の整備に対応して、仙台駅周辺の「大改造」と銘打った再開発を、
2012年度から18年度ごろまで約6年をかけて進めている。東西2カ所の駅前広場
などを改修し、駅利用者の移動の円滑化を図る。

再開発の一環として、東北新幹線のコンコースから東西線のコンコースに直結する
エレベーターをJR東日本と共同で整備し、2015年11月28日に供用を開始する。
さらに2016年3月末、駅の東西自由通路の幅員を現状の2.5倍の16mに広げる
工事を完成させる予定だ。2016年度以降は駅前広場の
バスターミナルやロータリーなどの改良を推進する。
続きを読む

1まとめらいぶ2015/10/17(土) 12:49:04.74ID:???*.net
オートックワン 配信

Yahoo! ニュース

VW不正問題で、日本の業界図を変えつつあったマツダの
スカイアクティブ・ディーゼルも心配されたが、それは全く問題ないようだ。

元気なマツダは次の動きを早速見せようとしている。

今月28日(プレスデー)から開幕する
東京モーターショー2015で出展する「マツダ スポーツカーコンセプト」は、
次世代のスカイアクティブ・ロータリーエンジン搭載を前提とした
コンセプトモデルだというのだ。

これまでマツダの小飼社長は、次世代ロータリーエンジンの話題に話が及ぶと、
「今のところ出す計画は全く無い」と発言してきた。しかし、
ここに来てその言葉が徐々に変わってきている。

とはいえ、ある一定のレベルに達すればというのが復活への大前提だ。

マツダのエンジニアにとって、ロータリーエンジンというのは特別な存在。
世界一の圧縮比を実現したスカイアクティブ・ディーゼルエンジンができたのだから、
スカイアクティブ・ロータリーも間違いなく作り上げることだろう。

2017年、マツダのロータリーエンジンは50周年を迎える。
ここに合わせ何かある可能性が高い。

2014年12月にトヨタから発表された燃料電池車のMIRAI(ミライ)が
一般向けに発売され、国内外から大きく注目されたのは記憶に新しい。
そのトヨタとマツダは5月に提携発表を行った。

昔から水素燃料とロータリーとの組み合わせは有利といわれてきた。
次世代自動車へ加速する自動車業界にあって、この辺りの水素
ロータリー研究開発もトヨタとの提携によって一気に進む可能性もある。

ロータリーエンジン復活へのカウントダウンが始まったのは間違いない。

まずはどんなロータリースポーツカーのコンセプトモデルが登場してくるのか、
東京モーターショーを楽しみにしてみたい。

画像 次世代RENESIS(ロータリーエンジン16X)(2007年)

続きを読む

↑このページのトップヘ