科学 : まとめらいぶ

タグ:科学

1まとめらいぶ2016/05/21(土)19:18:49Ekq
水素を水に溶かすより水素が充満しとるカプセルに入って
酸素と結合させればすぐに効果えれるんと違うん?

そしたら水素ボンベさえ買えばええやん
3まとめらいぶ2016/05/21(土)19:20:00Agb
>>1
爆発不可避
続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/28(月) 23:12:21.41ID:CAP_USER*.net
ゆるまないネジを開発、ネジの歴史2000年の革命。

12月21日放送、「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日)では、
ゆるまないネジが登場したニュース。

ゆるまないネジ「L/Rネジ」が開発されたという。
ゆるまないネジはネジの歴史2000年の中でも、壁を超えたという。

右らせん構造のナットと、左らせん構造のナットが同じボルトに入るため、
お互いにストッパーになるためにゆるまないのだという。

「L/Rネジ」のボルトには、右回りで締めるナットと、左回りのナット、両方に対応した
山が作りこまれている。2つのナットは別々の動きをして、互いにぶつかると相手を
ロックする。そうしてゆるみを封じることでゆるまない構造を用いているのだ。


これは、ネジの歴史2000年の中でも革命的なものだ。一本のボルトに、
右回転のネジ山と、左回転のネジ山が一緒に設けられている。

一本のボルトの同じ回転によって、ナットを右回りさせたり左回りさせたりできる。
このため、振動が加わってもネットが回転しつつボルトの回転により、もう一つの
ナットが逆回転することによって、お互いに反対方向に進む動きをするため、
お互いに締め付け合う。この原理によって、
絶対にゆるまないネジが可能となった。

これまで、2000年のネジの歴史の中には、ゆるみにくいネジはあった。

だがそのどれもが、らせん構造を緻密に作りこんで摩擦力を強くすることで実現
されてきたもので、あくまで「ゆるまない」ではなく「ゆるみにくい」にとどまっていた。

そこで、開発者は、らせん構造そのものにメスを入れて、
摩擦に依存しない開発を行ったのだ。

そもそも、ゆるむこととは何かという定義から始まり、63種類のゆるみ方があると
見出した。そして最終的には最も過酷と言われるNASAでの耐久試験に合格し、
ネジの機械が壊れるほどの耐久テストをクリアした。

ネジは、螺子と書くように、螺旋の構造が元になっている。
ネジの2000年の歴史の中では、らせん構造は当たり前のものだった。

だがこのらせん構造が2種類刻まれることで、通常回転と逆回転のナットが作用し、
相互にゆるまない完璧な状態を創りだす。

この革命的なゆるまないネジに、今支援が殺到し、開発会社は巨額の資金調達を
受けている。実用にはあと2年かかるといい、宇宙や橋などの巨大建造物などに
実用として使われる可能性がでてきた。

マイナビスチューデント

excite.ニュース
続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/17(木) 16:26:24.82ID:CAP_USER*.net
フロリダ州政府柑橘(かんきつ)局はこのほど、
「グレープフルーツの脳機能に与える影響」についての研究結果を発表した。
ホットグレープフルーツジュースを摂取すると、脳が活性化し集中力がアップ
することがわかったという。

同研究は、杏林大学 医学部 精神神経
科学教室の古賀良彦教授に協力を依頼して行った。

被験者は、22~23歳の健康な男女6名(男性4名、女性2名)。被験者には、
「水(常温10℃以下)」「グレープフルーツジュース(常温10℃以下)」
「ホットグレープフルーツジュース(約60℃)」の3種類を3分間かけて
摂取してもらい、その後クレペリン検査用紙を用いて
1桁の数字の足し算を実施した。

実験の結果、計算問題達成数は、
ホットグレープフルーツジュースを摂取した時が一番多くなることがわかった。

常温の水と常温のグレープフルーツジュースの間には、
大きな差は見られなかった。

計算中は、光トポグラフィー検査装置を用いて、脳の血流量も測定。
グレープフルーツジュース摂取の場合は、常温、ホットどちらでも、
前頭葉の脳血流量が増え、脳が活性化する様子が観察できた。

常温では、立ち上がりが速く(効果がやや弱い)、
ホットではじわじわと立ち上がり効果が持続するという違いも明らかとなった。

古賀教授は、常温で摂取したときの立ち上がりが早いのは「(常温ゆえに)素早く
覚醒度が上がりサッパリ感を感じさせるためと考えられる」と見解を述べた。

実験の終わりに、被験者に体感アンケートを実施。その結果、
ホットグレープフルーツジュースは、「落ち着き」「気分」の2項目で、
水や常温グレープフルーツジュースより高い評価が得られた。

古賀教授はこれらの結果から、「ホットグレープフルーツジュースには、
落ち着いて気持ち良く勉強できる雰囲気や状況を作るはたらきがあるのでは」と
推測している。また、受験生が勉強前や勉強の合間にホットグレープフルーツ
ジュースを飲むことは、集中力を高めて勉強の効率を上げるという点
からおすすめであるという。

また、「コーヒー・紅茶の場合はカフェインによる覚醒効果が期待できますが、
摂(と)りすぎると眠りにくくなるなど、生活リズムが乱れる可能性もある。

ビタミンCが豊富で低GI食品でもあるグレープフルーツを使ったホットジュースは、
受験生の健康をサポートするという面からも有効といえるでしょう」
ともコメントしている。





【マイナビ ニュース】
 http://news.mynavi.jp/news/2015/12/17/402/
続きを読む

1まとめらいぶ2015/08/30(日) 17:40:54.39ID:???*.net
紅茶が歯周病菌と口臭抑制…

キリンの研究所実証

 キリンの「飲料技術研究所」(横浜市)は、紅茶が歯周病菌と
口臭を抑制する効果があることを実証したと、
日本口臭学会などで発表した。

 同研究所は北海道医療大の鎌口有秀准教授と共同で、
紅茶に含まれるポリフェノールが、
歯周病菌の活動や口臭成分の濃度に与える影響を調べた。

 飲用の10分の1の濃度に薄めた紅茶を加えた培地で、
歯周病菌を6日間培養し、菌の濃度の変化を測定した。
すると、抗菌作用を持つポリフェノールとして知られる緑茶
カテキンと同程度に、歯周病菌の増殖が抑えられたという。

 歯周病菌が作り出す、歯茎を溶かすたんぱく質分解酵素への影響も調べた。
歯周病菌液に飲用の100分の1の濃度の紅茶を加えたところ、
最大で8割強、酵素の活動が抑制されたとしている。

読売新聞

紅茶と女性

【イメージ画像】
続きを読む

↑このページのトップヘ