『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.5.1

      科学

      1まとめらいぶ2017/03/14(火) 20:32:52.84ID:CAP_USER9.net
      近い将来、試験勉強が数秒で済むようになるかもしれない。そんな夢の技術が現在開発
      されているという驚きのニュースが舞い込んできた。なんと、知識を脳に直接
      植えつけることが可能になるというのだ!

      ■ 脳を刺激するだけで言語習得、試験勉強が一瞬で可能に

      知識を脳にインストールするといえば、思い起こされるのが映画『マトリックス』の
      1シーンだろう。主人公のネオに直接カンフーの技術がインストールされ、瞬く間に
      カンフーの達人になる場面だ。こんなことが実際に起こるというのだろうか?

      英紙「The Telegraph」(3月1日付)によると、米航空機製造会社
      「ヒューズ・エアクラフト」の研究機関「HRL Laboratories」の
      マシュー・フィリップス博士らは、学習機能を格段に向上させる
      技術の開発に取り組み、素晴らしい研究成果を得たという。
      その成果の一端がこの度、科学ジャーナル
      「Frontiers in Human Neuroscience」
      掲載の論文で明らかになった。

      博士らは、熟練したパイロットが飛行機を操縦している時の脳内電気信号を研究。
      その電気信号を素人の脳に電極付きのヘッドキャップを通して送り込み、フライト
      シミュレーターで操縦技術を学習させたところ、電気刺激を受けなかった被験者
      よりも学習が早く、課題を33パーセント増でこなしたという。フィリップス博士
      が興奮気味に語っている。

      「我々の開発した脳刺激システムは画期的です。まるでSF映画のようですが、
      このシステムには膨大な科学的な基礎があります」(フィリップス博士)
      「何かを学ぶと脳が物理的に変化します。ニューロン結合が形成され
      強まるニューロン可塑性がそれです」





      【トカナ】
       http://tocana.jp/2017/03/post_12610_entry.html
      【【科学】脳に知識を直接アップロードする実験に成功!勉強は不要】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/12/13(火) 16:38:41.67ID:CAP_USER9.net
      「時間」という概念は人間の記憶によって作り出される幻想にすぎない。過去に起こった
      すべてのこと、これから先の未来に起こるすべてのことは、実際には今この瞬間に
      起こっている。物理学者の中には、このように考えている者も多い。

      時間の流れが「過去→現在→未来」という一方向であるとしなければならない物理学的な
      理由は、実はない。物理法則は時間に対して対称的であり、時間の方向を逆向きにしても
      物理の数式は成り立つからである。

      実際、宇宙の生成進化について「ビッグクランチ理論」を支持する人々は、
      宇宙の膨張が止まって収縮に転じると、時間の流れも逆転し、
      宇宙が始まった点に向かって戻っていくと主張している。

      すると、なぜ私たちは時間が一方向に流れていると感じるのか、という疑問が当然生じる。

      この疑問に対する一部の学者の答えは、「時間とは人間が作り出した幻想である」
      というものだ。この説では、私たちの住む世界は、時間と空間をつなぎあわせた
      「ブロック宇宙」であると説明される。

      ブロック宇宙の中で起こるすべての事象は、アインシュタインの一般相対性理論で記述
      される四次元時空の中で、その事象固有の座標を持っている。つまり、過去にあったと
      される事象、未来に起こるであろう事象も含め、すべての事象は、様々な座標を取って
      四次元時空内に「同時に」存在していることになる。

      MITの物理学者マックス・テグマーク氏:

      「現実とは、時間の経過にともなって事象が生起する三次元世界であると考えても、
      どんな事象も起こらない四次元世界であると考えても、どちらでも説明をつけることが
      できる。そして後者が正しいとすれば、変化とは幻想であるということになる。
      過去・現在・未来すべては同時にあるのであって、変化は起こらない」

      「いついかなる時も、過去はすでに起こったことであり、未来はまだ起こっていない。
      そして物事は変化していく。私たちはそのように錯覚しているが、実際には私が意識
      するすべてのことは、今この瞬間の脳の状態である。過去が存在すると私が感じる
      唯一の理由は、脳が記憶を保存しているからだ」

      英国の物理学者ジュリアン・バーバー氏:

      「先週があったと感じる唯一の証拠は、あなたがそれを記憶しているということだ。
      しかしその記憶は、今この瞬間のあなたの脳内での神経細胞の安定した
      構造に起因するものだ」

      「地球に過去があったとする唯一の根拠は、岩石と化石である。しかしこれらの
      岩石や化石も、今現在の鉱物の配列の中に見つかる安定した構造に過ぎない。
      要するに、過去とは記録でしかなく、記録が存在しているのは
      今この瞬間でしかないのだ」



      【express】
       http://www.express.co.uk/news/science/738387/Time-NOT-real-EVERYTHING-happens-same-time-einstein
      【【科学】物理学者『時間は実在しない』】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/07/22(金) 11:46:01.22ID:CAP_USER9.net
      厚い胸、平たい顔に、太い首…

      「グラハム」は激しい自動車衝突事故でも
      生き延びられるように肉体改造された超人です。

      乳首がたくさん付いたぶ厚い胸は、
      エアバックの役目を果たし、肋骨を保護します。

      太い首は頚椎骨折やむちうち症を防ぎ、
      平たい顔は目、鼻、耳を事故から守ってくれるのです。

      また、強靭な足は高いジャンプ力を有し、衝突直前に車から飛び出して脱出可能。

      膝の関節は全方向に曲がるため、衝突事故で足を折ることもありません。

      「グラハム」は、外科医やエンジニアの意見をふまえ、
      メルボルンの彫刻家パトリシア・ピッチニーニ氏によって作られました。











      mail online
      【【科学】『画像』自動車事故を生き延びるには?これがその答えwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/05/21(土)19:18:49Ekq
      水素を水に溶かすより水素が充満しとるカプセルに入って
      酸素と結合させればすぐに効果えれるんと違うん?

      そしたら水素ボンベさえ買えばええやん
      3まとめらいぶ2016/05/21(土)19:20:00Agb
      >>1
      爆発不可避
      【【科学】水素水とかいうのが流行ってるけど・・・】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/12/28(月) 23:12:21.41ID:CAP_USER*.net
      ゆるまないネジを開発、ネジの歴史2000年の革命。

      12月21日放送、「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日)では、
      ゆるまないネジが登場したニュース。

      ゆるまないネジ「L/Rネジ」が開発されたという。
      ゆるまないネジはネジの歴史2000年の中でも、壁を超えたという。

      右らせん構造のナットと、左らせん構造のナットが同じボルトに入るため、
      お互いにストッパーになるためにゆるまないのだという。

      「L/Rネジ」のボルトには、右回りで締めるナットと、左回りのナット、両方に対応した
      山が作りこまれている。2つのナットは別々の動きをして、互いにぶつかると相手を
      ロックする。そうしてゆるみを封じることでゆるまない構造を用いているのだ。


      これは、ネジの歴史2000年の中でも革命的なものだ。一本のボルトに、
      右回転のネジ山と、左回転のネジ山が一緒に設けられている。

      一本のボルトの同じ回転によって、ナットを右回りさせたり左回りさせたりできる。
      このため、振動が加わってもネットが回転しつつボルトの回転により、もう一つの
      ナットが逆回転することによって、お互いに反対方向に進む動きをするため、
      お互いに締め付け合う。この原理によって、
      絶対にゆるまないネジが可能となった。

      これまで、2000年のネジの歴史の中には、ゆるみにくいネジはあった。

      だがそのどれもが、らせん構造を緻密に作りこんで摩擦力を強くすることで実現
      されてきたもので、あくまで「ゆるまない」ではなく「ゆるみにくい」にとどまっていた。

      そこで、開発者は、らせん構造そのものにメスを入れて、
      摩擦に依存しない開発を行ったのだ。

      そもそも、ゆるむこととは何かという定義から始まり、63種類のゆるみ方があると
      見出した。そして最終的には最も過酷と言われるNASAでの耐久試験に合格し、
      ネジの機械が壊れるほどの耐久テストをクリアした。

      ネジは、螺子と書くように、螺旋の構造が元になっている。
      ネジの2000年の歴史の中では、らせん構造は当たり前のものだった。

      だがこのらせん構造が2種類刻まれることで、通常回転と逆回転のナットが作用し、
      相互にゆるまない完璧な状態を創りだす。

      この革命的なゆるまないネジに、今支援が殺到し、開発会社は巨額の資金調達を
      受けている。実用にはあと2年かかるといい、宇宙や橋などの巨大建造物などに
      実用として使われる可能性がでてきた。

      マイナビスチューデント

      excite.ニュース
      【【科学】ゆるまないネジを開発、ネジの歴史2000年の革命。】の続きを読む

        このページのトップヘ