社長 : まとめらいぶ

タグ:社長

1:まとめらいぶ 2020/04/01(水) 13:09:06.267 ID:Mf8wEjgt0
くぅ~ww

no title

no title

no title

引用元: 【画像】伝説の会長がいきなりステーキの社長に言い放ったアドバイスwww

(C)2015 - 2020 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2020/03/28(土) 15:15:40.20 ID:A+0AWY6B0● BE:659060378-2BP(8000)
青森県弘前市の住宅会社「建築工房プラウド」
の男性社長(56)が昨年、突然姿を消し、
請け負っていた複数の注文住宅を
未完成のまま放置していることが
朝日新聞の取材でわかった。

多額の建築費を払った施主らは
「マイホームの夢が消え、借金だけ残った」
「社長にだまされた」
と深刻な被害を訴えており、
泣き寝入りしたくないと
県警に相談している人もいる。

業務全般を仕切っていた社長が
音信不通になったのは昨年9月下旬。
社員が数人いたが、事務所も閉鎖された。
社長の家族は
「どこにいるかまったく見当がつかない。連絡も一切ない」
と話している。

18年9月期決算の売上高は約2億9千万円で、
1年間に15棟ほど新築住宅を建築。
だが利益はほとんど出ておらず、
「営業力はあったが自転車操業で、倒産の恐れもあるとみていた」
下請け業者への支払いも慢性的に遅延していたという。

「多額の建築費を払ったが、完成予定日になっても
工事がほとんど進んでいない」といった内容が多く、
「総額3400万円のうち2800万円支払ったのに
基礎工事しか終わっていない」などのケースがある。
「工事をやめたのに手付金を返してくれない」
「家は完成したが、必要な修理をしてもらえない」
といった相談もあるという。

画像

no title

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00000015-asahi-soci

引用元: 建築会社の社長が失踪 2600万円払ったのに基礎工事しか終わってない 画像あり

(C)2015 - 2020 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2019/12/11(水) 20:48:58.93 ID:Bl+AqQcQ0
no title

かわいそう

引用元: 【画像】いきなりステーキの社長、今にもいきなり死にそうな顔になってしまう

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2018/12/18(火) 22:42:05.77 ID:CAP_USER9
札幌 爆発起きた店舗の運営会社社長が謝罪

爆発が起きた札幌市の店舗を運営する「アパマンショップリーシング北海道」は18日夜、
札幌市内で会見し、謝罪しました。

この中で佐藤大生社長は「たくさんの方に大変な思いをさせて申し訳なく思っています。
けがをさせてしまった人、被害を受けてしまった人、大変申し訳ありませんでした」と
述べて深々と頭を下げました。

そのうえで、従業員2人から聞き取った内容として、店舗を2日後に新装する予定で、
消臭スプレー缶の在庫を整理するためにガス抜きをした際、給湯器のスイッチを押して
爆発が起きたと説明しました。

大量のスプレー缶のガス抜きを行っていたことについて、「スプレーはまだ使用期限が
来ておらず、通常ありうる業務ではないと思う」と述べました。

スプレー缶は仲介する物件の室内を除菌・消臭するために使うことになっていますが、
佐藤社長は「爆発があった店舗では除菌や消臭の料金を客から受け取っておきながら、
スプレーを使った消臭の作業を行っていない物件があると聞いている。
どのくらいの数になるか調査している」と述べました。

佐藤社長は「お客様に失礼だし、あってはならないことだと思う。
正直なところ契約が多くて回りきれていなかったと聞いている。
反省し、精査したうえで、対応していきたい」と述べました。

【NHK NEWS WEB】
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181218/k10011751621000.html

引用元: 【札幌爆発】アパマン店舗の社長「料金を受け取っておきながら消臭スプレーを使用しないことがあった」

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2018/12/02(日) 14:12:33.13 ID:CAP_USER9
中国で「神の薬」と呼ばれるほど人気が高い日本製の処方薬を、埼玉県の医薬品卸売会社が中国人の密売
グループに横流ししていた疑いがあることが、捜査関係者への取材で分かりました。大阪府警察本部は、
医薬品を無許可で販売する目的で保管していたとして、社長の男らを逮捕し、密売の実態解明を進める方針です。
逮捕されたのは、埼玉県にある医薬品卸売会社の60代の社長の男ら数人です。

捜査関係者によりますと、処方箋が必要な痛風治療薬などの医薬品を、許可を受けずに病院や薬局
以外の相手に販売する目的で保管していたとして、医薬品医療機器法違反の疑いが持たれています。

中国では日本製の医薬品は、“よく効く”として「神薬」=「神の薬」と呼ばれ、
医師の処方箋が必要なものは特に人気が高いということです。

警察はことし5月に、SNSを利用して中国人観光客などに密売していた中国人のグループを摘発し、
入手先について調べを進めた結果、埼玉県の卸売会社が仕入れた医薬品を大量に横流ししていた
疑いがあることが分かったということです。

中国人への医薬品の密売をめぐって、卸売会社が摘発されるのは珍しいということで、
警察は仕入れや販売の実態解明を進めることにしています。

【NHK NEWS WEB】
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181202/k10011731841000.html

逮捕

【イメージ画像】

引用元: 【モーラステープ等】”神の薬”処方薬 中国人に横流しか 卸売会社社長ら逮捕

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ