『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.11.20

      社会

      1まとめらいぶ2017/11/20(月) 13:57:02.09ID:CAP_USER.net
      たとえばバーテンダーの仕事。これがコンピューターに代わられる確率は77%。そんな
      大胆予測を披露した論文が全世界で話題だ。論文の執筆者が本誌に語った、凄まじすぎ
      る「雇用の未来」。

      「コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできな
      いと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。

      たとえば、『Google Car』に代表されるような無人で走る自動運転車は、これから世界
      中に行き渡ります。そうなれば、タクシーやトラックの運転手は仕事を失うのです。

      これはほんの一例で、機械によって代わられる人間の仕事は非常に多岐にわたります。
      私は、米国労働省のデータに基づいて、702の職種が今後どれだけコンピューター技術に
      よって自動化されるかを分析しました。

      その結果、今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが
      高いという結論に至ったのです」

      人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる―そんな衝撃的な予測をするのは、英オックス
      フォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授である。

      そのオズボーン氏が、同大学のカール・ベネディクト・フライ研究員とともに著した『雇
      用の未来―コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文が、いま世界中で
      話題となっている。

      同論文の凄味は、702の職種すべてについて、コンピューターに取って代わられる確率を
      仔細に試算したことにある。

      言うなれば、これから「消える職業」「なくなる仕事」を示したに等しく、これが産業界
      に衝撃を与えているわけだ。

      右に載せたのは、そうした「消える、なくなる」可能性の高い主な仕事である。いずれも
      コンピューターに代わられる確率は90%以上という驚くべき数字が弾きだされている。

      オズボーン氏が言う。

      「各仕事に必要なスキルはどのようなもので、そのスキルを機械がどれだけ自動化できる
      のかを、テクノロジーの発展のトレンドを考慮して詳細に調べ上げました。

      具体的には、コンピューター化の障壁となりうる9つの仕事特性を抽出して―たとえば、
      手先の器用さ、芸術的な能力、交渉力、説得力など―、702の職種を評価したのです。

      これまでロボットはルーチン的な作業しかできないとされてきましたが、ここ10年間にお
      けるロボットの能力向上は目覚ましいものがあります。

      ロボットが完全に人間の知性を手に入れるにはあと少なくとも50年はかかると言われてい
      ますが、その過程で、多くの仕事が機械の脅威にさらされることがわかってきました」

      【週刊現代】
       http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40925
      【【社会】オックスフォード大学が認定、あと10年で『消える職業』『なくなる仕事』。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/16(木) 17:43:52.13ID:CAP_USER.net
      いよいよ来月から“デモイベント”が始まるスポーツ庁「スニーカー通勤」推奨キャン
      ペーン。本格スタートは来春からとなるが、同じ官民連携プロジェクトの「プレミア
      ムフライデー」の二の舞いにならないか、ちょっと心配だ。

       同キャンペーンは、スニーカーなど歩きやすい服装で通勤し、1日の歩数をこれま
      でよりプラス1000歩(約10分)、まず1日8000歩(男性平均7194歩、
      女性6227歩)を目標にしようというもの。中年の運動不足が解消されれば、40
      兆円を超える国民医療費の抑制にもつながる、なんて淡い期待もあるらしい。

       経済ジャーナリストの岩波拓哉氏は「この手のキャンペーンが定着するかどうかは、
      クールビズのように余計なお金と手間がかからないことがポイントになります」と、
      こう続ける。

      「クールビズのおかげでネクタイの本数が減り、家計も浮いたから、定着したわけで
      す。対照的にプレ金は『お金を使え』だから、ない袖は振れないとソッポを向かれた。
      スニーカーはすでに持っているサラリーマンの方が多いでしょうから、プレ金よりは
      定着する可能性が高いと思います」

      スポーツ庁が計画を発表した10月初めは、「ABCマート」や「アシックス」など
      “関連銘柄”を物色する動きもあるにはあったが、すぐに手が止まった。市場関係者の
      見方はシビアだ。

      「スニーカー通勤はとっくに定着しているともいえます。お上に勧められなくてもや
      っている人はやっているし、職場のサンダル履きすら許されないお堅い職業の人は、
      いくら勧められても無理なものは無理。スニーカーから革靴に履き替えるのも面倒で
      す。最近はビジネスシューズに見える革スニーカーも増えましたが、耐久性のあるも
      のは値も張る。キャンペーンのために買い直す人は少数派でしょう」
      (大手証券会社関係者)

       靴メーカーの関係者ですら懐疑的にこう言う。

      「そりゃ売れてほしいですが、革靴=重くて疲れる、だからスニーカー通勤でもっと
      歩こうという発想自体が古い。軽くて歩きやすい高機能のビジネスシューズは、いく
      らでもあります」

       そもそも景気が悪いから、気持ちが落ち込み足取りが重くなる。
      歩く気だって失せる。

      【日刊ゲンダイ】
       https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/217697
      【【社会】定着する? 政府が推奨『スニーカー通勤』にシビアな視線】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/06(月) 15:16:18.83ID:CAP_USER.net
      職場において、仕事のスキルが「技術点」だとしたら、差し入れのスキルは「芸術点」
      といえます。上手な差し入れは、職場での評価を一転させるチャンスです。今回は
      差し入れのお作法について考えます。

      職場男性の残念な差し入れチョイスには、次の3つが多いようです。

      1. 名物のお菓子
      2. 差し入れにオススメと評判のお菓子
      3. テレビやネットで話題のお菓子
      なぜ以上の3つの差し入れがまずいのか、見ていきましょう。

      まず、名物のお菓子は男性にもっとも多いチョイスかもしれません。出張や旅行など、
      どこかに出掛けたので現地の名産お菓子を買ってくるパターンです。つまり、差し入れ
      イコール「お土産」なのです。そのため必然的に差し入れ頻度が下がり、たまの差し入れ
      も駅などで急いで選んだ物が多く、的外れになっているのではないでしょうか。これでは
      いつまで経っても差し入れ本来の効果を得るのは難しいでしょう。

      次に、評判のお菓子です。これは「味がいい」「取り分けなくていいから食べやすい」と
      いった、差し入れにあるべき「機能」を満たすチョイスといえます。差し入れとして
      及第点ではありますが、減点要素がないだけで女性のテンションを上げるほどの
      パンチはありません。

      最後に、話題のお菓子についてですが、女性から「あ、コレ知ってます。
      話題になってますよね」という反応は得られるかもしれません。ただ、
      それで終わりです。女性に対し「流行への感度の高さ」はアピール
      できるものの、話題性だけでは女性のテンションは上がりません。

      では何を選べばいいのか

      話題性と機能(味、食べやすさ)を評価軸に差し入れを買ってくる。そつのない
      仕事ぶりで技術点は高いかもしれませんが、女子のテンションを上げる演出が
      考慮されていなければ、芸術点はロースコア。では芸術点を上げるために
      気をつけるべきポイントとは何なのでしょうか。

      女性へのヒアリングを通して、女性受けのいい差し入れには、
      以下の3つの特徴があることがわかりました。

      1. シーズン
      2. ビジュアル
      3. 渡すタイミング
      なぜこの3つが重要なのか、解説していきます。

      1.シーズン

      ここでいうシーズンには、「イベント」と「季節性」の2種類があります。
      クリスマスやバレンタインといったイベント系お菓子は女性からの支持が高いです。
      ただし、シーズン真っただ中ではインパクトゼロ。クリスマス当日にクリスマスに
      ちなんだ差し入れをしても埋没するだけです。少なくともシーズンの2~3週間前に
      差し入れすると「あ、もうすぐクリスマスですね♪」と女性が感じてくれます。

      【東洋経済】
       http://toyokeizai.net/articles/-/195555
      【【社会】女子が喜んでいない『差し入れ』の特徴3つ、男性の差し入れにありがちな『残念さ』。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/05(日) 10:07:18.01ID:CAP_USER9.net
      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00000022-asahi-soci

      小学6年の女児(12)を車で約10分間連れ回したとして、愛知県警は5日、
      愛知県北名古屋市沖村西ノ郷、会社員柴山歩容疑者(33)を未成年者誘拐の疑いで
      緊急逮捕し、発表した。「女の子を家に送っていこうとしただけ」と容疑を否認している。
      女児は保護され、けがはないという。

      西署によると、柴山容疑者は5日午前0時10分ごろ、名古屋市西区の歩道で、
      歩いていた面識のない愛知県清須市の女児に「家に送ってあげようか」などと誘い出し、
      約10分間、乗用車に乗せて区内を連れ回した疑いがある。

      4日午後11時55分ごろ、通行人から
      「白い車に乗っている男が少女の後を付きまとっている」
      と署に通報があった。署員が捜索したところ、通報内容と似た車を発見し、
      後部座席に座っていた女児を保護した。女児は1人で
      コンビニなどに寄っていたという。

      深夜徘徊

      【イメージ画像】
      【【社会】『名古屋市』小6女児を10分間連れ回した男を逮捕。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/02(木) 15:26:39.64ID:CAP_USER.net
      これからのキャリア形成では、なにが正解なのか。マーケティング戦略アドバイザーの
      永井孝尚さんは「『あなたという商品』の価値を高める方法を考えるべき」といいます。
      永井さんの知人に「お金さえもらえばいい」といって、受け身の仕事を続けてきた55歳
      の男性がいます。49歳で子会社に転籍。給与減を補うために転職を志しましたが、
      まったくうまくいきません。どこで間違ったのか。教訓とあわせて
      お伝えしましょう。

      「もっと要領よくやればいいじゃないか……」

      今どきのキャリアをどう考えたらいいのか。失敗から学ぶことはたくさんあります。
      今回は「仕事ではお金をもらえばいい」と割り切ってきた55歳の現在を紹介しましょう。
      落合タクミ(仮名)が新卒入社したのは、中堅メーカーC社でした。「上司に従って
      いれば、失敗しても上司の責任。自分でわざわざリスクを取る必要はない」が彼の持論
      です。だから仕事で自発的に提案をすることはほとんどありませんでした。常に受け身
      で仕事をしていたのです。

      彼は上司の言うことには忠実だったので、上司のウケはとてもよいものでした。入社後
      の10年間は高度成長期の最後の時代です。自発的に考えなくても、仕事は次々と向こう
      からやってきました。

      一方、職場の中に今風に言えば「意識高い系」の同僚・山田がいました。落合から
      見ると山田はイタい男にしか見えません。「山田さんはストイックだなぁ(笑)」
      と揶揄した感じでちゃかすことも多く、本音では(仕事なんかに本気になって……)
      とイラッとしていました。

      (山田みたいに頑張って新しい提案しても、余計な仕事を抱えるだけだし、給料なんて
      ほとんど変わらない。わざわざ失敗して後ろ指をさされるリスクが増えるだけだし、
      周りにいるオレたちの仕事も増えるし、はっきり言って迷惑なんだよ。もっと要領
      よくやればいいじゃないか……)

      昇進も給与も、基本的に年功序列の時代です。新しい提案をして失敗しようものなら、
      責任問題にもなります。それならば、上司の指示通りに受け身で動いて、できるかぎり
      リスクを取らない方がはるかに賢い選択。仕事なんてお金がもらえればじゅうぶん。
      それが落合の考え方でした。

      転職斡旋会社には登録したが…
      そして現在。彼は55歳になっていました。

      49歳のときに積み増しの退職金をもらい子会社に転籍して、すでに6年が経過していま
      した。仕事は元いた親会社への派遣です。元勤務先である親会社で、会社裏口の受付
      窓口応対をしています。給与は親会社にいたときから半減していました。一方で、
      新入社員時代にバカにしていた同期の「意識高い系男」の山田は、親会社で
      本部長として活躍しています。

      落合の目下の悩みは、5年後の60歳でやってくる定年退職です。年金支給は65歳から。
      年金支給まで5年間、生活費をどうやって工面すればいいのか? 彼は思い悩み、転職
      斡旋会社に登録しました。

      ある日、転職斡旋会社からC社と同じ業界の中小企業社長と面接がセットされました。
      2代目社長は30代前半で落合より20歳以上も年下です。転職斡旋会社からは「小さい
      会社だが成長中で将来性がある」と紹介されました。「成長中の会社ならば給与が
      いい仕事があるかもしれない」と、彼は淡い期待を持ち面接にのぞみました。

      「言われたことならできる」

      という人はいらない

      社長「はじめまして。ご足労いただきありがとうございます。お時間もないので
      さっそく面接に入らせてください。落合さんはC社さんにおられたんですよね。
      当社ではどんなことができると考えていますか?」

      本人「言われたことは何でもできます。仕事ですから」

      社長「……落合さん、言われたとおりにやるだけなら、うちに仕事はありません。
      単純な仕事ならばITやAIを使えばスピードも人間よりも速く、正確で、しかも
      低コストです。コンビニでも無人レジが登場している時代ですよ」

      本人「……そうですね……」

      社長「当社はまだまだ零細企業ですが、これからは世界で戦えるように大きくして
      いきたいと考えています。そのためにITやAIなどの先端技術をフル活用していきます。
      私たちが欲しい人材は、ITやAIで代替できない、AIを仕事の武器として活用できる
      人材です。『言われたことならできる』という人を抱える余裕は当社にはありません。
      ご理解ください。お互いにこのまま話を続けても時間のムダだと思います」

      最近、落合と話をする機会がありました。面接でのやり取りで若社長が言った言葉に
      思い悩んでいるようでした。彼は私にこうぶちまけました。「そもそも仕事は
      言われたことをやってお金をもらうものじゃないのか!? なんでこうなるんだ……」。

      【プレジデント オンライン】
       http://president.jp/articles/-/22798

      路頭に迷う

      【イメージ画像】
      【【社会】"意識高い系"をバカにしてきた50代の末路wwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/10/23(月) 17:28:16.77ID:CAP_USER.net
      若者が長時間労働やパワハラで追いつめられて死に至る「過労死」「過労自殺」が
      連続しています。一昨年のクリスマスに自殺し、今月6日に会社が有罪判決をうけ
      た広告大手・電通の女性社員は24歳。新国立競技場の建設に従事し、今年3月に
      自殺、労働災害と認定された大成建設の下請け会社の男性社員は23歳。急死して
      労働災害と認定されたあと3年間公表されなかったことが遺族から批判されている
      NHKの女性記者は31歳。日本を代表する企業で将来ある若い命が奪われている
      異常な働き方を一刻も早く是正する必要があります。

      「白書」が示す深刻な実態

       厚生労働省が今月6日、「過労死等防止対策白書」を発表しました。過労死家族
      の会などの運動が実って2014年に「過労死等防止対策推進法」が成立し、昨年
      初めて白書が出されましたが、今回はその2年目となります。

       これによると状況はますます深刻です。脳・心臓疾患による労働災害補償は、1
      6年度の請求件数は825件で前年度より30件増え、認定も前年度を9件上回る
      260件(うち死亡は107人)です。

       精神障害はさらに深刻で、請求件数は前年度を71件も上回る1586件、認定
      も前年度より26件増の498件です。請求、認定ともに過去最高を更新していま
      す。自殺者(未遂を含む)は84人、認定件数の23%が29歳以下です。

       過労死をうむ原因が異常な長時間労働にあることはすでに明らかです。日本は、
      労使協定を結べば、1日8時間・週40時間の制限を超えて青天井で残業させるこ
      とができます。ヨーロッパではEU(欧州連合)の指令で、労働時間は週48時間
      とし、退社したあと翌日の出勤までの間に11時間の連続休憩時間を設ける「勤務
      間インターバル制度」を設定し、労働者を守っていることと大違いです。

       安倍晋三政権は長時間労働の是正をとなえ、総選挙前に「働き方改革」関連一括
      法案要項をとりまとめました。しかしこれは長時間労働を一層ひどくする内容です。

       残業の上限時間は、休日労働を含んで2~6カ月平均で80時間、単月で100
      時間未満です。これは厚労省が定めている「過労死」の認定基準を残業の上限に転
      用したもので、「過労死ラインまで働かせてもいい」というお墨付きを企業に与え
      る内容です。

       さらに問題は、労働時間規制の対象外にし、残業代なしで働く「高度プロフェッ
      ショナル(高プロ)制度」の新設、どんなに長時間働いても労使が合意した時間だ
      け働いたとみなす企画業務型裁量労働制の適用拡大です。企業の労働時間管理責任
      を免責する方向では、「過労死」はなくせません。

      本物の改革こそが必要

       「過労死」をなくすために求められているのは、労働基準法に残業の上限時間を
      週15時間・月45時間・年360時間と明記することです。ヨーロッパのような
      連続11時間の「勤務間インターバル」の確保は不可欠です。

       残業代は1日2時間を超えたら割増を50%にし、サービス残業が発覚したら支
      払額を2倍にすること、労働時間を正確に記録するために、企業に労働時間管理台
      帳をつくることを罰則付きで義務付けることも必要です。本物の働き方改革こそが
      急がれます。

      【しんぶん赤旗】
       http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-10-23/2017102301_05_1.html

      目が回る

      【イメージ画像】
      【【社会】相次ぐ過労死!若者の命を奪う異常をただせ 】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/10/28(土) 12:49:51.57ID:CAP_USER.net
      35歳から54歳の未婚者の約半数が「あえて結婚していない」として、
      結婚を望んでいないことが分かりました。

       明治安田生活福祉研究所が35歳から54歳の男女1万人を対象に行った結婚意識に関する
      調査によりますと、未婚者の49%が「あえて結婚していない」と答え、「結婚したいが
      できていない」の51%とほぼ同数でした。「あえて結婚しない」理由としては「元々、
      結婚を望んでいない」という独身主義が最も多く、「独身は精神的・時間的に自由が
      きく」が続いています。また、男女とも年齢が高くなるほど「今さら、結婚するよう
      な年齢ではない」との回答が多くなっています。逆に「結婚したいが、現在も独身で
      いる」理由としては、男性では「家族を養うほどの収入がない」、女性では「希望の
      条件を満たす異性に巡り会わない」がトップでした。このほか、これまでに経験した
      結婚のチャンスについて聞いたところ、「0回」と答えた人が男性で57%、
      女性で42%となり、「3回以上」と答えたのはともに1割ほどでした。

      【tv asahi】
       http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000113232.html

      花と指環

      【イメージ画像】
      【【社会】35~54歳の未婚者、半数が『あえて結婚していない』。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/10/26(木) 23:41:59.72ID:CAP_USER9.net
      59歳の誕生日までに彼女が欲しい。

      そんな思いで登録した出会い系サイトに約5千万円もの大金をつぎ込んだのに、
      相手の女性はサクラだったとして、関西地方に住む60代の男性がサイト運営
      会社に対し、支払った金額分の賠償などを求める訴訟を裁判所に起こした。

      男性はサイトを通じて「女性」と連絡を取り合ったが、会う約束をしてもドタ
      キャンされるばかり。さらに「悪者から女性を助けるために必要」などとポイ
      ント購入を要求されるなどしていた。「女性はサクラに違いない」という男性
      の訴えに対し、サイト側は「実在の女性だ」などと反論。果たして裁判所はど
      ちらの言い分に軍配を上げたのだろうか。

      約5年前、男性は59歳の誕生日を前に、ある出会い系サイトに登録した。サ
      イトに登録すれば会員のプロフィルを見たり、会員同士でメールをやりとりし
      たりするのが可能になるが、それをするには有料のポイントが必要。1ポイン
      ト10円で、メールの送信は22ポイント、受信は24ポイント。会員のプロ
      フィル写真を見るだけでも30ポイントを消費してしまう。

      男性はやがて、サイトを通じて「あやか」(仮名)と名乗る人物と知り合った。
      メールのやりとりをするうち、次第にあやかに好意を持つように。2回会う約
      束をとりつけたが、いずれも直前でキャンセルされてしまう。うち1回の理由
      は「急用」というありがちなものだったが、2回目の理由は「悪者に追いかけ
      られているため、身動きがとれない」。

      なにやら雲行きがあやしくなっていた。
      あやかは会う約束をキャンセルしただけでなく、男性に「『大丈夫!』『守る
      !』『安心して!』って10回送って」とメールの送信を要求してきた。もち
      ろん、メールを送ればその分、有料ポイントを消費してしまう。ただ、男性は
      これに応じてしまった。振り込み詐欺では、さまざまな人物が代わる代わる登
      場して会話のペースを握り、相手の判断能力を奪う。

      男性の場合、あやかに加え、「佑美」(仮名)と名乗る人物が登場する。同じ
      くサイトで知り合った女性なのだが、佑美は自らを超能力者だとして、「あや
      かを悪者から助けるために必要」と訴え、こんなメールを送ってきた。

      「『ズーロア・ドッテイナユ』これを10回伝えて!」意味不明。文言はグー
      グルで検索しても出てこない。この文言を10回メールせよ、というのだ。だ
      が男性は要求に従いメールを送信した。そしてポイントがなくなると、佑美は
      「ポイントなければどうするの?それくらい自分でわかるでしょ?」とポイン
      ト購入を催促してくることもあった。

      さらにこの2人に加えて第三の人物も登場。悪者に捕らわれたあやかの居場所
      を特定するためや、男性自身にも危険が及んでいるのを回避するためとして、
      『解読』『PASS』などの言葉をメール送信するよう要求した。

      ほかにも「大金をあげるから」と特定の数字や記号をメールで送るよう指示さ
      れたこともあった。気づけば男性は、サイトを利用し始めてから約3年間で計
      約5千万円もの大金をサイトにつぎ込んでいた。男性はサイトの運営会社を相
      手取り、これまでに支払った全額の返還を求める訴訟を起こしたのだった。「
      女性はサクラ」という男性の訴えに対し、サイト側は「あやかと電話で実際に
      話したこともある」などとした上で、「あやかは実在の人物であってサクラで
      はない」と真っ向から反論した。

      あやかは実在するか否か-。裁判所が下した結論はサクラだった。

      裁判所は判決理由の中で、サイトに登録されている女性のプロフィル写真の一
      部が、香港や台湾の女性モデルだったと認定。その上で、サクラと認められる
      要因の1つとしてドタキャンの言い訳を挙げた。あやかは「悪者に追いかけら
      れている」と言い訳メールを送っていたが、裁判所は「明らかに不自然な理由
      で会うのを拒否している。サイトの会員ならこのような無意味なやりとりを行
      う合理的な理由はない」と指摘。あやかについて「実際に会えると誤信させて
      ポイントを消費させるよう指示されていたサクラだった」と判断した。

      さらに「仮に実在の人物でも、サイト側から指示を受けてメールのやりとりを
      していた」と述べ、女性が実在しようがしまいがサクラには代わりがないとし
      て、サイト側に支払い分の賠償などを命じた。

      【産経WEST】
       http://www.sankei.com/west/news/171024/wst1710240001-n1.html

      出会い系

      【イメージ画像】
      【【社会】出会い系サイトに5000万円を支払った60代男性、怒りの提訴・・・59歳の誕生日までに彼女が欲しい、そんな思いで登録wwwww。】の続きを読む

        このページのトップヘ