相手 : まとめらいぶ

タグ:相手

1:まとめらいぶ 2019/10/29(火) 18:43:07.159 ID:YxFyCT3q0NIKU
@mcXmcXremi

こんなこと滅多に言わないんだけど、今日普通の飲食店だと思って怖い店に入ってしまった…

注意喚起と思って聞いて欲しい…

恵比寿の「すずらん」っていう中華そば屋。
男の店員さん2人に恫喝された…本当に怖かった…。
店の外まで聞こえそうな怒鳴り声で…
これで食べログ3.5以上の有名店なんだって…

一応会話の流れ載せとくね。

普通に接していたんだけど、流石に態度が不快すぎて帰ろうとしたら地鳴りのように喚き恫喝される…

有名人もおすすめのお店という触れ込みらしいので、特に都内でグルメ楽しもうと
遠征してくる人は、ネットの評価だけを鵜呑みにしたりしないように気をつけてね…

no title

no title

引用元: 【画像】陰、飲食店店員相手にイキった結果

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2016/09/25(日) 17:57:16.97ID:CAP_USER.net
【engadget】
 http://japanese.engadget.com/2016/09/25/google-google/


 
Googleがテスト中の自動運転車が、信号のある交差点で事故を起こしました。
自動運転車が青信号で交差点に新入したとき、そのレクサス RC 450hの右側面に、
信号無視のバンが突っ込んだ模様で、写真からはレクサスのドアが大きく破損した
状況が確認できます。幸いにも双方の搭乗者には怪我はなかったとのこと。

この事故は、過去にGoogleの自動運転車が経験した事故の中では、もっとも大きな
事例のひとつと言えそうです。これまではだいたい赤信号で停車したところに追突
される例が多く、破損もほとんどが軽微なものでした。

Googleによると、自動運転車"自動運転モード"になっており、信号が青に変わって
から6秒後に交差点に進入したとのこと。つまり、過失の大半は信号を無視
(または見落と)したバンの側にあることは明白と言えそうです。

Googleは「都心における交差点での交通事故は94%がヒューマンエラーによるものだ。
我々が自動運転車を開発するのはそのような道路をより安全にするためだ」と、
お決まりのコメントを発表しました。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/09/03(土) 21:44:34.53ID:CAP_USER.net
◆ 耳に差し込むだけで相手の外国語を聞き取り通訳してくれる凄いガジェットが登場!

外国に行った時に一番の問題は言葉である。
日本人は英語が最も出来ない国として知られており、外国の方が
日本に来た際に話しかけられても同じく戸惑ってしまう人も多いだろう。

そんなときに素晴らしいガジェットが登場した。
それは小さなイヤホン型ガジェットで、耳に差し込むだけで相手の言葉を聞き取り
それを翻訳して自分の耳に伝えてくれるというもの。

これは米国のベンチャー企業waverlylabsが開発した『パイロット』という製品で、
耳に差し込むだけで外国語を自動通訳してくれるもの。来年5月の販売を目指して
おり、初期段階では英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語が
サポートされる予定。

お互い別の言葉で双方に会話がしたい場合は2人がこの『パイロット』を
耳に差し込めば問題なく使う事が可能。実際に製品の紹介動画では、
英語を話す男性の言葉をフランス語に翻訳され女性がそれを聞き
取っているほか、コーヒーのシーンではお互いが『パイロット』を
装着し違う言語で会話している様子が確認出来る。

また海外ではネット環境の無い場所も多いため、オフラインでも使える物も
開発中だという。特に飛行機の中や秘境、電波の届かない集落などで重宝しそうだ。

プレオーダーは既に始まっており、199ドルで2つのイヤホン付きとなっている。

<対応言語>
ドイツ語、デンマーク語、スウェーデン語、ロシア語、ウクライナ語、チェコ語、ポーランド語
ヘブライ語、アラビア語、中国語、日本語、韓国語、ベトナム語、ヒンディー語、ウルドゥー語
アフリカーンス語

画像:



動画:



ゴゴ通信
続きを読む

1まとめらいぶ2016/05/06(金) 19:30:49.84ID:ll238EzU0 BE:725951203-PLT(26252)
日刊サイゾー

結婚発表! 

相武紗季の“お相手”は大丈夫?

「少し前までヤミ金で一儲けしていた人物」

 5月3日に結婚を発表した相武紗季だが、夫となった30代の会社
経営の男性の“危なすぎる背景”に、この男性を知る人物からは
相武の今後を心配する声が挙がっている。

「彼とは友人を介して出会い、恋人として寄り添うようになりました。

昨年末にプロポーズをして頂いてから、こうして皆様にご報告できる事を
とても嬉しく、とっても幸せに思います」と、結婚の喜びを書面で報告した相武。

お相手は一般人男性とされているが、その正体は都内で化粧品の販売やPR
などを手掛ける企業の経営者K氏で、ネット上では実名や36歳という年齢、
会社の年商まで特定されている。

 これを受け、「すわ相武も青年実業家と結婚して玉の輿か?」という
声も散見されるが、実際にはその真逆、とんでもない落とし穴が
相武に待っているのではないかと心配する向きがあるのだ。

 K氏を知る会社経営者が語る。

「あまり詳しくは話せないけど、K氏は少し前までヤミ金で一儲けしていた人物。

市川海老蔵暴行事件の舞台にもなった西麻布の飲食店の共同オーナーも
していたので、芸能人と知り合う機会も多いんだろうけど、相武さんがどこまで
彼の素性を理解して結婚したのか心配になる。

K氏は反社会的勢力との付き合いもあるし、そもそも親は九州を拠点にする
暴力団のトップだった人物で、抗争のさなかに不慮の死を遂げている。

息子とは直接関係ないとはいえ、芸能人はイメージ商売。

相武さんの本業に支障を来す可能性はあるんじゃないでしょうか」

 K氏のこうした素性ついては、「文春砲」をはじめ、
複数の週刊誌が取材を進めているという。

結婚発表後には「今までと変わらず、仕事に、プライベートに、
自分らしく、邁進していきます」とツイートした相武。

本当に「変わらず」にやっていけるのか? 

“相武ロス”で嘆いている男性たちも心配なところだろう。

livedoor NEWS
続きを読む

↑このページのトップヘ