タグ:目指す

1まとめらいぶ2017/07/13(木) 19:03:29.13ID:0Nebw3Mq0 BE:886559449-PLT(22000)
11歳女子レーサーが「F1優勝」目指す…父の影響「怖いと言っていたらなれない」

 元F1ドライバーの野田英樹さんの次女、Juju(本名樹潤)が大舞台を目指して、
着実に歩みを進めている。「夢は日本人初の女性F1レーサーになって、優勝すること」
と愛くるしい笑顔を見せた。

 岡山国際サーキットがある岡山県美作市在住で、小学6年生の11歳。父の影響で、
3歳でレーシングカートを始めた。「抜いたり、抜かれたりが楽しかった」。昨年、
F4にデビューした。小学生がF4を走らせるのは、世界で初めてだったという。
ことし4月には同サーキットのコースレコードをマークした。

 速度200キロを優に超えるF4。重力加速度(G)による負荷もかかる。事故で
入院したこともあるそうで、周囲からは危険との声もあるが、「怖いと言っていたら
F1レーサーになれない」。

 タイムを縮めるためにコーナリングなどを磨き「苦手なところを直そうと頑張って
いる」と、1日に4時間もマシンを走らせることも。父の英樹さんは「とんでもない
レーサーになる可能性を秘めている。自分と比べても、よっぽど才能がある」と目を
細める。

 NODAレーシングジャパンに所属し、ミキハウスとも契約しているプロドライバー。
F1までの道は、長く険しい。だが、厳しいコーチでもある父と、「負けても、負けても
諦めない」と約束した。小さな体で大きな夢へ疾走する。

【産経 WEST】
 http://www.sankei.com/west/news/170713/wst1707130028-n1.html



続きを読む

1まとめらいぶ2016/09/21(水) 16:10:48.95ID:CAP_USER.net
【Car Watch】
 http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1021169.html






三菱自動車工業は9月21日、フランス パリで開催される「2016年パリモーターショー」
(プレスデー:9月29日~30日、一般公開:10月1日~16日)で、独自のトリプルモーター
方式のPHEVシステムを搭載した次世代クロスオーバーSUVのコンセプトカー
「MITSUBISHI GT-PHEV Concept(ミツビシ・ジーティー・ピーエイチイーブイ・コンセプト)」
を世界初公開すると発表した。

「大地を疾走するグラウンドツアラー」というコンセプトから命名されたGT-PHEV Conceptは、
次世代クロスオーバーSUVの最上級モデルという位置づけのコンセプトカー。
 デザインは「Functional Beauty(機能に基づく美しさ)」「Augmented Possibility
(可能性を拡張するデザイン)」
「Sculptured Dynamism(ダイナミズムを刻むデザイン)」「Japanese Craftsmanship
(日本の匠の美しさ)」を追求したもので、フロントマスクには現在同社が推し進めている
フロントデザインのコンセプト「ダイナミックシールド」を採用し、
存在感のある押し出しの強いデザインとした。

 また、サイドビューでは最上級クロスオーバーSUVにふさわしい上質感と走りの安定感を
表現するとともに、金属の塊から削り出したような重厚感のあるボディにより凝縮された
力強さを表現しながら、細部を精巧に造り込むことによって
上質なスタイリングに仕上げたという。

 インテリアはインストルメントパネルを水平基調のデザインとすることで広々とした空間
としたほか、インストルメントパネルおよびこれに繋がる高いコンソールにより包まれ感の
ある形状とした。また、エクステリアのルーフとカラーコーディネートを図ったバーガンディ
色(ワインのような深く濃い赤紫色)の本革を張り込むことで、上質で居心地のよい室内
空間を目指した。

 一方、独自のトリプルモーター方式のPHEVシステムは次世代の大容量駆動用
バッテリー、高出力・高効率のトリプルモーター、発電・動力性能を向上させた
PHEV専用エンジンなどで構成され、力強い走りを実現するとともにEV航続
距離を120km、総航続距離を1200km以上としてロングドライブを
可能にしていることが特長になっている。

 また、フロントに1基、リアに2基で構成するトリプルモーター方式のフルタイム
4WDと車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」に
よって高次元の操縦安定性を提供するほか、通信と車載カメラやセンサーで
事前に得たルート・天候・路面などの情報をもとに、きめ細かい電費・燃費
といった消費エネルギーマネージメントやさまざまな状況に適した4輪統合
制御を行なうことが可能という。

 なお、会場では2015年の東京モーターショーで世界初公開したコンパクトSUV
「MITSUBISHI eX Concept(ミツビシ・イーエックス・コンセプト)」を展示するとともに、
「アウトランダー」「アウトランダーPHEV」の2017年モデル(欧州仕様)も初披露。

 アウトランダーでは、フロアコンソールのデザインを一新して内装の質感を高めた
ほか、歩行者検知機能を加えた衝突被害軽減ブレーキシステムやドライバーの
死角をサポートする後側方車両検知警告システムなどの先進安全技術を新採用。
アウトランダーPHEVでは、EV走行を優先させるEVプライオリティモードを採用した
ほか、アウトランダーと同様の先進安全技術を採用したとしている。
続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/15(火) 12:50:36.11ID:CAP_USER.net
価格.com 新製品 ニュース







4代目となった新型トヨタ『プリウス』は、デザインが好きだから買ったといって
もらえることを目標にデザインされた。「3代目プリウスで拡販が図れたことから、
4代目プリウスを世に出すときに何をもってユーザーにアピールできるのかを
最初に考えた」と話すのは、トヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部第3
デザイン室長の児玉修作さん。

そこで、「クルマの土台となる環境性能、エコ性能といった技術の進化は絶対
にないがしろにせずにデザインに取り込み、その上で、デザインで購入して
もらえるような、エモーショナルなデザインしたかった」と話す。

そうすることで、「環境車といえども、デザインが好きだから買ったという
ユーザーを少しでも増やしたいと考えたのだ」と述べる。新型プリウスのデザイン
コンセプトは、“アイコニックヒューマンテック”だ。

児玉さんは、「技術の進化を前面に押し出した、例えば多機能パソコンや、
多機能電化製品などが全盛だった時代から、多機能の技術を内に秘めて、
ユーザーが使いたいときにその機能を、直感で操作できるものが世に
出てきている」と今の時代を語る。

そこで4代目プリウスでもこの基本思想である、
「人の感覚、直感を起点としたデザインを作り出そうと、アイコニック
ヒューマンテックというコンセプトを作り出したのだ」と説明した。
続きを読む

1まとめらいぶ2015/06/22(月) 13:44:48.91ID:7i70W2kq.net
2015年6月22日。
私は宅建士資格を目指す事にしました。
試験日は10月第3日曜日。
勉強可能時間わずか4ヵ月。

不動産経験なし。
高校中退。
無職。
無宿。
30代。
学力-読み書きも困難なレベル。

頑張ります。

宅建塾

【イメージ画像】 
続きを読む

↑このページのトップヘ