タグ:登場

1:まとめらいぶ 2019/02/08(金) 00:41:52.68 ID:CAP_USER
LED電球が世の中に登場した初期のころは、パッケージの箱に
「5万時間もの長寿命」「10万時間使用可能」などとうたわれていました。
しかし、記事作成時点では販売されているLEDの多くが7500~2万5000時間程度の寿命と
なっています。「なぜLED電球の寿命は当初よりも減っているのか?」という疑問について、
エンジニアのTed Yapo氏が解説しています。

What Happened to the 100,000-Hour LED Bulbs? | Hackaday

【ハッカデー】
 https://hackaday.com/2019/02/05/what-happened-to-the-100000-hour-led-bulbs/

Yapo氏によると、電球の寿命を語る際にはかつて白熱電球の生産と販売を支配するために結ばれた
国際的カルテル「ポイボス・カルテル」について避けて通れないとのこと。第1次世界大戦後の
1924年に結ばれたポイボス・カルテルは、アメリカ・フランス・ハンガリー・イギリス・ドイツと
いった複数の国の企業によって結ばれ、白熱電球の寿命が1000時間を超えないようにするという
規制を設けました。

ポイボス・カルテルが結ばれる以前は1500時間~2500時間以上の寿命を持つ白熱電球もありました
が、カルテルは「長寿命の白熱電球は効率を下げ、光量にも問題が出る」として、参加企業が1000
時間を超える寿命の電球を売らないように取り決めを結びました。カルテルは白熱電球の寿命を
およそ半分にし、11~16%程度明るさを増やすだけで、以前の倍の売り上げを達成することが
できたそうです。

メンバー企業が販売する電球は常時検査され、寿命が1000時間よりも著しく短かったり、著しく
長かったりすると罰金が科せられるシステムでした。この罰金契約については外部に公表されず、
電球の寿命が一律で1000時間程度であることには、効率性などの面での理論的根拠があると
見せかけられていたとのこと。カルテルは第二次世界大戦時に機能不全となりましたが、
20年近くにわたって白熱電球の発展を妨げ続けたとYapo氏は述べています。

電球のパッケージに「寿命は1000時間」と書かれている場合、この「寿命」とは平均定格寿命のこと
を指します。これは規定の条件下で試験した際の平均寿命値を示したものであり、「電球の初期
サンプルのうち50%が寿命を迎えた時点」が、平均定格寿命となるそうです。つまり、全電球の
うち半数程度しかパッケージに書かれた寿命を達成できず、残りの半数はパッケージの寿命を
超えて光り続けます。

LED電球の寿命について考えるために、実際のLED電球の仕組みについて考える必要があります。
Yapo氏は同じA19型のLED電球でありながら、寿命が「7500時間」「1万5000時間」「2万5000時間」
という3種類の電球を購入し、中身を確認してみたとのこと。

以下の画像にある3種類のLED電球は、左から「7500時間」「1万5000時間」「2万5000時間」の寿命
となっています。LED電球は光を発するLEDチップだけでなく、電源から送られる交流電流を直流
電流に変換するLEDドライバ、電解コンデンサなどの部品から構成されているとのこと。寿命が
7500時間のLED電球はLEDチップとLEDドライバが同じボード上に存在している一方、1万5000
時間や2万5000時間の寿命を持つLED電球はLEDチップとLEDドライバが熱的に切り離されている
ことがわかります。

LED電球がさまざまなが部品を備えている以上、故障する原因はLED電球にとって最も重要といえる
LEDチップだけでなく、他の部品にもあると考えられます。アメリカ合衆国エネルギー省(DOE)は
LED技術の研究開発を支援しており、LEDランプの寿命と故障原因に関するデータも収集している
とのこと。

以下の画像は、DOEが収集した5400個もの屋外に設置されたLEDランプの故障原因を円グラフにした
もの。興味深いことに、LEDチップ自体が原因となって故障した割合は全体の10%に過ぎず、59%は
LEDドライバの故障によってLEDランプが故障していることがわかりました。故障原因の31%を
占める住宅の問題は、屋内使用のLED電球を考える際には必要ありません。このデータは、
LED電球の寿命について重要なのはLEDチップではなく、LEDドライバであることを示しています。

no title


LED電球の寿命は、構成部品のうちどれか一つの寿命以上にはなりません。LED電球を構成する
部品の中で最も寿命を制限しているのが、半導体と電解コンデンサであるとYapo氏は主張して
います。この2つはいずれも高温によって故障する確率が上昇し、周囲の温度がおよそ10度
下がると寿命が2倍になるとのこと。

【ギガジン】
 https://gigazine.net/news/20190207-what-happened-lifetime-led-bulbs/

引用元: 【LED】初期「10万時間使用可能」➡現在「5000時間」なぜLED電球の寿命はだんだん短くなっているのか?

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/11/27(火) 02:43:53.96 ID:f7QphEml0
no title

引用元: 【悲報】2ちゃんねるで話題になった「現場猫」がガチャになる…のまねこ騒動の再来やろこれ…全力か?

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/10/11(木) 20:41:23.94 ID:CAP_USER9
かっこいいけど、iPad Proっぽくない…。

いよいよ正式発表も近いと思われる「新型iPad Pro」ですが、海外ではそのレンダリングと思わしき画像が登場しています。
ホームボタンなしにノッチなし、はたして新型iPad Proはこの姿で登場するのでしょうか…?

リークアカウントのBen Geskinが投稿した、今回の画像。そこには以前9to5Macが報告したように、ベゼルが大幅に
狭くなった新型iPad Proの姿が確認できます。噂が正しければ新型iPad Proでは顔認証機能「Face ID」が利用できるはずですが、
そのための「TrueDepthカメラ」がどこに位置しているのかは、残念ながら確認できません。

no title

本体背面にはシングルカメラを搭載。また本体周辺のエッジが角ばった、
まるで「iPhone SE」のようなデザインであることも確認できます。

no title

本体の厚みは5.86mm。10.5インチiPad Proの6.1mm(12.9インチモデルは6.9mm)から、さらに薄型化していることがわかります。
この薄さ、まるでMacBookの液晶側のようですね。

新型iPad Proは10月末、あるいは11月のイベントでの発表が予測されています。その他にも新型の
「Magnetic Connector」や「新型Apple Pencil」など気になる噂は多いのですが、
キーボードカバーなどの買い替えが必要になるのかどうかはちょっと心配ですね。

【GIZMODO】
 https://www.gizmodo.jp/2018/10/new-ipad-pro-rendering-image.html

新型iPad Pro

no title

引用元: 【IT】これが新型iPad Proの姿? 超薄型なレンダリング画像が登場

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/08/31(金) 17:51:41.71 ID:CAP_USER9
 @morinaga_angel
 https://twitter.com/morinaga_angel

計量カップもボウルもオタマも泡だて器も不要!袋の中でもみもみするだけ。そんな驚愕のホットケーキミックスが登場しました!
その名も「もみもみホットケーキミックス」。ぜひみなさんも、もみもみしてみてくださいね。もみもみ体験のコメントもお待ちしてまーす♪


森永製菓 @morinaga_angel 2018-08-27 15:30:05
これは画期的!と話題の「森永もみもみホットケーキミックス」。もうお試しになりましたか?これならお子さんでも簡単に楽しく
ホットケーキが作れると人気急上昇中。夏休みの思い出作りに親子でもみもみホットケーキいかがですか?

【森永製菓】
 https://pbs.twimg.com/media/Dluzsw2V4AAkE9p.jpg:small
 http://www.morinaga.co.jp/sp/products/detail.php?id=PRD2014-01-0010

no title

引用元: 【商品】計量カップもボウルもオタマも泡だて器も不要!袋の中でもみもみするだけのホットケーキミックスが登場!

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/04/11(水) 00:06:01.71 ID:/L8UHI/F0 BE:416336462-PLT(12000)
日本だけでなく世界中で大ヒットしたゲームボーイ。子供のころによく遊んだ、という読者
もいるだろう。そうした、ゲームボーイにノスタルジーを感じる人に今回紹介したいのが
iPhoneをゲームボーイ化するケース「Wanle Gamers Console For iPhone」。iPhoneの背面
を使っていつでもテトリスやタンクで遊べる。Wanleは通常のケースと同じように、端末の
背面を覆うように装着する。すると、iPhoneの背面がゲームボーイ化する。Wanleにはおな
じみの十字キーやABボタン、そしてモノクロLCDディスプレイがついていて、ゲームがし
たくなったらiPhoneをひっくり返し、電源を入れるとゲーム機になる。サイズ的にも手にき
っちりと収まり、使いやすそうだ。テトリスをはじめ、いくつかのゲームあらかじめインス
トールされていて、開発元によるとトータルで2000種類ものゲームが楽しめるとのこと。
また、WanleはiPhone 6~Xに対応。ボタン電池で作動するので、iPhoneのバッテリーの
減りを心配する必要がないのも嬉しい。あえて外付けデバイスに頼らなくてもiPhoneでは
無数のゲームが楽しめるが、Wanleは「ゲームボーイが原点」という人のためのもの。
Wanleの正規小売価格は79.95ドル(約8600円)だが、現在サイトでは24.95ドル
(約2700円)で、米国アマゾンでは11.55ドル(約1200円)で販売されている。

【TECHABLE】
 https://techable.jp/archives/75130

no title

no title

no title


【サイト】 
 https://wanlecases.com/collections/frontpage/products/eightmaze-gamers-console-for-iphone

【動画】 
 https://player.vimeo.com/video/252978627

引用元: iPhoneを強引にゲームボーイにするスマホケース登場。お前らの想像と違う強引さでGB化

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/01/15(月) 18:57:25.50 ID:CAP_USER
◆コカ・コーラから初の桃フレーバー 「コカ・コーラ ピーチ」登場 

~パッケージのラベルもピンクに~

コカ・コーラシステムは桃のフレーバーの「コカ・コーラ ピーチ」を1月22日から
期間限定で販売します。コカ・コーラ史上初めての物フレーバーで、パッケージ
はラベル全体を鮮やかなピーチカラーに。希望小売価格は280mlペットボトル
(自販機限定)が115円、500mlペットボトルが140円。

no title

no title

【ねとらぼ】
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1801/15/news041.html

引用元: 【飲料】コカ・コーラから初の桃フレーバー 「コカ・コーラ ピーチ」登場(画像あり)

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/11/11(土) 18:51:11.54ID:CAP_USER9.net
マツダは2017年11月10日、「ロードスター」および「ロードスターRF」に一部改良を
実施するとともに、ロードスターに特別仕様車「RED TOP」を設定し、
同年12月14日に発売すると発表した。

■走りの質感もアップ

今回の改良では、ボディーカラーの追加設定や、機能装備の拡充などを行った。

ボディーカラーは、「ソウルレッドクリスタルメタリック」「スノーフレイクホワイト
パールマイカ」「エターナルブルーマイカ」の3色を新たに採用したほか、これまで
ロードスターRFのみに設定していた「マシーングレープレミアムメタリック」を、
ロードスターでも選択可能とした。

機能装備については、リアコンソールボックスの内部に遮音マットを敷くことで、
収納物の転がり音の低減を図った。また、ファブリックシートのモデルにもシート
ヒーターを搭載可能としたほか、サンバイザーに表皮巻きタイプを設定している。

安全装備も強化しており、状況に応じてハイビームとロービームを自動で切り替える
アダプティブLEDヘッドライトを新たに採用した。

また、ロードスターにはリアサスペンションと電動パワーステアリングの制御を調整し、
走りの質感の向上を図った。さらに、タコメーターの文字色を一部変更することで
視認性を高めている。

価格はロードスターが249万4800円~320万7600円、ロードスターRFが
325万0800円~374万7600円。

■ほろとインテリアを特別にコーディネート

特別仕様車のRED TOPは、名前の通りのダークチェリー色のソフトトップに、
オーバーン(赤褐色)のインテリアを組み合わせた、標準車とは一風違った
コーディネートを特徴とするモデル。この2色のコントラストを際立たせる
ため、通常はブラックのドアミラーがボディーと同色にペイントされる。
このほか高輝度塗装が施された16インチアルミホイールと、
ナッパレザーシートも備わる。

価格は6段MT車が304万5600円、6段AT車が315万3600円。
2018年3月31日までの期間限定で注文を受け付ける。

【webCG】 
 http://www.webcg.net/articles/-/37588

ロードスターRF





ロードスターRED TOP







続きを読む

1まとめらいぶ2017/10/18(水) 12:28:54.28ID:CAP_USER.net
NTTドコモは、2つの画面を搭載した折りたたみ型のAndroid
スマートフォン「M Z-01K」を2018年1月に発売する。



 「M Z-01K」は、ドコモが企画を主導する形でZTEと開発した2画面のスマートフォン。
北米と欧州でも、ZTEのAXONブランドで展開される。

 2つの画面は、縦に持った状態で左右に開閉するタイプ。開くと5.2インチの画面が
左右に2つ並び、合わせて約6.8インチ相当になる。閉じると表裏どちらにも画面が
向く形。Androidのマルチウィンドウ機能を活用する形で、2つの画面にそれぞれ
別のアプリを表示できるほか、1つのアプリを一画面で表示するモード、ミラー表示、
左のメイン画面のみ使用するという、4つの画面モードが用意されている。

 本体をすこしだけ開いた形にするスタンドスタイルでの利用も可能。
スタンドスタイルでミラー表示にすれば、卓上などで向かいにいる人にも同じ画面を
見せられる。高音質スピーカーが搭載され、立体音響技術のDOLBY ATMOSも
サポートされる。

 ディスプレイは約5.2インチ、1920×1080ドットの液晶ディスプレイが2つ。
メモリー(RAM)は4GB、ストレージは64GB。カメラは2030万画素。

 通信速度は理論値で下り最大500Mbps、上り最大50Mbpsがサポートされる。
OSはAndroid 7.1。おサイフケータイには対応しない。外部端子はUSB Type-C。

 大きさは約151×72×12.1mmで、重さは約230g(いずれも予定)。

【ケータイWatch】
 https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1086634.html
続きを読む

↑このページのトップヘ