『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.11.20

      登場

      1まとめらいぶ2017/11/11(土) 18:51:11.54ID:CAP_USER9.net
      マツダは2017年11月10日、「ロードスター」および「ロードスターRF」に一部改良を
      実施するとともに、ロードスターに特別仕様車「RED TOP」を設定し、
      同年12月14日に発売すると発表した。

      ■走りの質感もアップ

      今回の改良では、ボディーカラーの追加設定や、機能装備の拡充などを行った。

      ボディーカラーは、「ソウルレッドクリスタルメタリック」「スノーフレイクホワイト
      パールマイカ」「エターナルブルーマイカ」の3色を新たに採用したほか、これまで
      ロードスターRFのみに設定していた「マシーングレープレミアムメタリック」を、
      ロードスターでも選択可能とした。

      機能装備については、リアコンソールボックスの内部に遮音マットを敷くことで、
      収納物の転がり音の低減を図った。また、ファブリックシートのモデルにもシート
      ヒーターを搭載可能としたほか、サンバイザーに表皮巻きタイプを設定している。

      安全装備も強化しており、状況に応じてハイビームとロービームを自動で切り替える
      アダプティブLEDヘッドライトを新たに採用した。

      また、ロードスターにはリアサスペンションと電動パワーステアリングの制御を調整し、
      走りの質感の向上を図った。さらに、タコメーターの文字色を一部変更することで
      視認性を高めている。

      価格はロードスターが249万4800円~320万7600円、ロードスターRFが
      325万0800円~374万7600円。

      ■ほろとインテリアを特別にコーディネート

      特別仕様車のRED TOPは、名前の通りのダークチェリー色のソフトトップに、
      オーバーン(赤褐色)のインテリアを組み合わせた、標準車とは一風違った
      コーディネートを特徴とするモデル。この2色のコントラストを際立たせる
      ため、通常はブラックのドアミラーがボディーと同色にペイントされる。
      このほか高輝度塗装が施された16インチアルミホイールと、
      ナッパレザーシートも備わる。

      価格は6段MT車が304万5600円、6段AT車が315万3600円。
      2018年3月31日までの期間限定で注文を受け付ける。

      【webCG】 
       http://www.webcg.net/articles/-/37588

      ロードスターRF





      ロードスターRED TOP







      【【自動車】赤いほろが目印の『マツダ・ロードスターRED TOP』登場】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/10/18(水) 12:28:54.28ID:CAP_USER.net
      NTTドコモは、2つの画面を搭載した折りたたみ型のAndroid
      スマートフォン「M Z-01K」を2018年1月に発売する。



       「M Z-01K」は、ドコモが企画を主導する形でZTEと開発した2画面のスマートフォン。
      北米と欧州でも、ZTEのAXONブランドで展開される。

       2つの画面は、縦に持った状態で左右に開閉するタイプ。開くと5.2インチの画面が
      左右に2つ並び、合わせて約6.8インチ相当になる。閉じると表裏どちらにも画面が
      向く形。Androidのマルチウィンドウ機能を活用する形で、2つの画面にそれぞれ
      別のアプリを表示できるほか、1つのアプリを一画面で表示するモード、ミラー表示、
      左のメイン画面のみ使用するという、4つの画面モードが用意されている。

       本体をすこしだけ開いた形にするスタンドスタイルでの利用も可能。
      スタンドスタイルでミラー表示にすれば、卓上などで向かいにいる人にも同じ画面を
      見せられる。高音質スピーカーが搭載され、立体音響技術のDOLBY ATMOSも
      サポートされる。

       ディスプレイは約5.2インチ、1920×1080ドットの液晶ディスプレイが2つ。
      メモリー(RAM)は4GB、ストレージは64GB。カメラは2030万画素。

       通信速度は理論値で下り最大500Mbps、上り最大50Mbpsがサポートされる。
      OSはAndroid 7.1。おサイフケータイには対応しない。外部端子はUSB Type-C。

       大きさは約151×72×12.1mmで、重さは約230g(いずれも予定)。

      【ケータイWatch】
       https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1086634.html
      【【ドコモ】2画面スマホ『M』登場、Androidのマルチウィンドウ機能を活用。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/10/12(木) 20:03:13.92ID:CAP_USER9.net
      ◆「逃げるわけにはいかぬ」カルビーの滋賀県ご当地ポテチは、禁断の「ふなずし味」

      食品大手「カルビー」は11月13日から、独特の発酵臭で知られる滋賀伝統の
      「鮒(ふな)ずし」味のポテトチップスを販売する。近畿2府4県で店頭に並ぶ。
      1袋120円を想定している。

      塩漬けにしたフナを、米と漬け込んでつくる伝統の味。
      粉末状にした琵琶湖産のフナを使い、調味料で独特の発酵臭を表現、
      酸味とコクが楽しめる。

      好みが分かれる食品だけに、試作は通常の倍の60回に達した。
      「滋賀といえばふなずし。逃げるわけにはいかない」と担当者。
      チャレンジ精神が吉と出るか。



      【産経WEST】
       http://www.sankei.com/west/news/171011/wst1710110068-n1.html
      【【お菓子】ポテトチップス、禁断の『ふなずし味』登場!カルビー『逃げるわけにはいかぬ』】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/09/13(水) 09:16:25.24ID:CAP_USER.net
      レベルファイブ企画・原作の『妖怪ウォッチ』の映画第4弾

      『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』(12月16日公開)に、
      妖怪の“先輩”ゲゲゲの鬼太郎が登場することが12日、わかった。

      ジバニャンも
      「えええーーーっ! あの伝説の鬼太郎センパイが、
       妖怪ウォッチの映画に出るニャンか!?
       まじヤバいニャン!」と大興奮。

      声優は1968年に初代鬼太郎役を演じた野沢雅子が担当し、
      目玉おやじ、ねこ娘、子泣きじじい、砂かけばばあ、一反もめん、
      ねずみ男と、おなじみの“鬼太郎ファミリー”も総出演する。



      今度の映画『妖怪ウォッチ』の舞台は、シリーズの主人公・ケータの時代から
      30年後の世界。恐るべき妖怪ウイルス“鬼まろ”によって、穏やかな日常は終わりを
      告げる。人類滅亡の危機を救えるのは、妖怪ウォッチに選ばれし者。
      新たな妖怪ウォッチを手にし、人間と妖怪の絆を取り戻せるのか。

      登場人物はみな一新され、妖怪たちは驚きの姿で登場。

      これまでとは一味違ったシリアスな要素も加わり、新しい世界観になっている。



      『ゲゲゲの鬼太郎』は、今日の妖怪漫画・妖怪アニメの生みの親ともいえる、
      水木しげるさんの代表作。

      1965年に漫画連載がスタート(※連載当初の『墓場の鬼太郎』が後に改題)、
      68年にアニメ化。その後も5度アニメシリーズ化され、子どもから大人まで
      親しまれてきた。

      映画『妖怪ウォッチ』では、ある危機を迎えたジバニャンたち一行が、
      伝説の存在である鬼太郎に助けを求めてゲゲゲの森にたどり着き、
      大人たちをかつて夢中にさせた妖怪たちと、今子どもたちを夢中に
      させている妖怪たちの対面が実現する。

      鬼太郎でアニメ初主演を飾った野沢は
      「初めてのシリーズ主人公、鬼太郎は私の中でしっかり生きています」と思い
      入れの強さを明かし、「今から完成がとっても楽しみでワクワクしています。
      妖怪は不滅です」とコメントを寄せた。

      製作総指揮/原案・脚本の日野晃博氏は
      「今回、妖怪ウォッチの世界観はシリアスに変わっているのですが、
       ここで大人が見るに堪えるものにするというコンセプトが生まれました。
       現代の大人において『妖怪』と言えば、やはり鬼太郎ではないでしょうか。
       というわけで、鬼太郎とコラボしたいという発想に至りました」と意図を説明。
      「これが実現できたことは、スタッフ一同感無量です」と感慨深げだ。

      また、鬼太郎のようなジバニャンの姿、通称「鬼太ニャン」の姿もお披露目された。
      鬼太郎の妖気の影響を受けて変化した姿のようで、
      劇中のどこかで「鬼太ニャン」も登場する。



      【ORICON NEWS】 
       http://www.oricon.co.jp/news/2097151/full/
      【【アニメ】映画『妖怪ウォッチ』に鬼太郎が登場 声優・野沢雅子『ワクワクしています』】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/08/26(土) 02:13:50.417ID:Q1oddp040.net
      こんな感じのキャラ



      妄想が捗る
      【【画像】こういう『名前だけ登場するキャラ』ってなんかロマン感じるよな】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/30(日) 20:26:48.77ID:CAP_USER9.net
      「不老不死」という言葉がある。文字通り「老いることもなく、死ぬこともない」という、
      非現実的な「夢」の言葉のはずだったが、それが着々と実現に向かっていることはトカナ
      読者であればご存知の通り。そう、人体を“若返らせる”作用が期待されている夢の物質、
      「NMN」の研究に進展が見られたようなので、詳細をお伝えしよう。

      ■マウスの体の各器官がガチで若返った!

      科学誌「Science」に掲載された論文によると、ハーバード大学医学部のシンクレア教授
      は、生物を若返らせる有効分子ことNMNをマウスに投与する実験を行ったが、「マウス
      は1週間もしないうちに体の各器官が若返り、エネルギー量も増加し、より速く走れる
      ようになった」という。この結果は、過去にトカナが報じた数々の実験結果とほぼ同じ。
      やはり、NMNには確実に生物を若返らせる効果があるのだ。

      体は、細胞、筋肉、酵素などから構成されている。

      ところが、さまざまな原因から細胞のDNAにエラーが生じ、
      DNAの損傷を引き起こしてしまう。

      損傷を上回る修復を即座にできているうちは「若い」。
      しかし、DNAが損傷されたままの状態で放置され、体中に浸潤していくと、各器官が
      以前とは同じ状態ではいられなくなる。

      そして、この修復ができない状態を積み重ねた結果を「老化」と呼ぶ。
      つまり、「損傷したDNAの修復を促進させることができれば、結果として若返る」こと
      になるわけだ。

      DNAの修復に関わり、寿命を延ばす働きがあると報告されているタンパク質は「SIRT1」
      と呼ばれ、NADという物質によってその活動が活発化する。今回の実験では、NMNの
      摂取によってマウス体内のNAD量が増加するプロセスが実際に確認された。

      若返りのメカニズムが見えたことが画期的なのだ。
      おまけに、NMNは飲み水に加える形でマウスに投与されたという。

      ということは、人間も単純にNMNを“飲む”という実にお手軽な方法で若返ることができる
      かもしれないではないか。博士は自らの研究成果について「実にエキサイティング!」と
      興奮を抑えきれないご様子だ。

      【トカナ】
       http://tocana.jp/2017/07/post_13926_entry.html

      魅惑の薬(小麦粉)

      【イメージ画像】
      【【NMN】飲む“若返り分子”登場!ハーバード大学『老化を止めるのではなく、逆転させる。実に超エキサイティング』】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/18(火) 09:02:00.10ID:CAP_USER.net


      いつも我々を驚かせるダイソンから、また素晴らしい製品が昨年から発売されている。
      CSYS(シーシス)と名付けられた、このタスクライトのシリーズは、デザインに優れ
      るだけではなくLEDを新しいステージへと昇華させたと言っても良いだろう。

      これまでのLEDライトの類は、その発する僅かな熱からLEDのリンメッキが少しずつ
      劣化、明るさも徐々に落ちてくる可能性が高かったという。そこでメーカー各社はL
      EDの冷却をいろいろと試みてきたのだが、どこも十分な成果が得られなかったのだ。

      これを可能にしたのがヒートパイプテクノロジーという、ダイソンの創設者である
      ジェームズ・ダイソンの長男ジェイクとそのティームの開発した新しい技術。

      ライトのアーム内に真空の銅管を置き、中の1滴の水の蒸気化を利用して熱を逃がす
      というもの。

      LEDの照明に画期的な新時代をもたらしたこのテクノロジーは、実に最大144,000時間
      も明るさを維持する。しかもこのLEDは円錐形リフレクター内にオフセットして収容
      されているために、直接光源が視界に入らず、眩しさを抑えるように設計されている。

      シンプルなデザインのライト本体にも多くのダイソンらしい技術が満載だ。アームの
      水平、垂直方向の移動、ベースの回転も、指先だけで好きな位置で固定。調光もタッ
      チセンサーで細かな機能を持ち、その設定した明るさが内蔵メモリーに記憶される。

      LEDの色温度は2種が用意され、電球色のCSYSが2700K、白色のCSYS 4Kは4000K。
      8mmおきに8つ配置されたLEDの明るさは、前者が1㎡(1平米)当たり648ルクス、
      後者は何と同808ルクスという高い照度を持ち、趣味の作業などに威力を発揮するに
      違いない。

      CSYSには、卓上型とクランプ型のデスク・タイプ2種とフロア型があり、CSYS 4K
      はデスク・タイプ2種となる。

      価格は¥64,000~。

      この優れたライトはダイソンの他の製品同様、あらゆる面でスマートに生活を演出
      することは言うまでもないだろう。



      【DIAMOND online】
       http://diamond.jp/articles/-/135093
      【【製品】『ダイソン』斬新な照明器具登場】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/12(水) 19:21:39.56ID:CAP_USER9.net
      スズキは2017年7月12日、コンパクトカー「スイフト」に電動走行も可能なフル
      ハイブリッドシステムを搭載したモデルを追加し、販売を開始した。

      ■ スズキ独自の軽量・小型・高効率なハイブリッド機構

      今回スイフトに採用されたハイブリッドシステムは、「オートギヤシフト(AGS)」と
      呼ばれるシングルクラッチ式ATに、発電も可能な駆動用モーターを組み合わせたスズキ
      独自のもので、2016年11月に登場した「ソリオ」のフルハイブリッドモデルから導入が
      進められている。これまでにも、スイフトにはマイルドハイブリッド機構が搭載される
      グレードは設定されていたが、フルハイブリッドシステムの採用については今回が初と
      なる。

      組み合わされるエンジンは1.2リッターのガソリン自然吸気で、状況に応じて駆動用モー
      ターが走行をアシスト。クリープ状態や約60km/h以下での一定速走行時には、エンジン
      を止めての電動走行も可能となっており、1tを切る車重とも相まって、JC08モード計測
      で32.0km/リッターという燃費を実現している。また、100Vの高電圧リチウムイオンバ
      ッテリーについては荷室床下に搭載。スイフトのボディーサイズや室内空間はそのまま
      にフルハイブリッド化をかなえているという。

      また、搭載に際してはスイフトの持つスポーティーなキャラクターに合わせ、クラッチの
      切り離し時間を短縮するようAGSの変速制御をチューニング。シフトパドル操作時にはさ
      らに切り離し時間を短くし、スピーディーな変速とスポーティーなシフトフィールを実現
      している。

      走行モードは「標準モード」と「エコモード」の2種類で、後者では停車からの発進時な
      どでより頻繁にEV走行を行い、燃料消費を抑制するという。

      内外装の違いによる差別化も図っており、クロームメッキの加飾付きフロントグリルや、
      ブルーの加飾を施したシフトノブ、ブルーイルミネーションのメーターを採用。エンジン
      回転計の内側には、モーターの作動状態を表示するモーターパワーメーターが搭載される。

      グレードは「ハイブリッドSL」と「ハイブリッドSG」の2種類。前者には自動緊急ブレー
      キや誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、
      ヘッドランプのハイビーム/ロービームを自動で切り替えるハイビームアシスト機能、
      シフトパドルなどが搭載される。

      価格は以下の通り。

      ・ハイブリッドSL:194万9400円
      ・ハイブリッドSG:166万8600円

      【web CG】
       http://www.webcg.net/articles/-/36735

      画像













      【【自動車】『スズキ・スイフト』に燃費32.0km/リッターのハイブリッドモデルが登場】の続きを読む

        このページのトップヘ