タグ:発見

1:まとめらいぶ 2018/10/01(月) 19:46:15.96
アクターズスクール広島(ASH)所属(Perfumeやベビメタの出身スクール)

愛踊祭2018 中国・四国地方代表

革命少女 清水紗良

【About-ASH】 

no title

no title

no title

引用元: 【画像】 46億年に一人の美少女が広島で発見されるwwwwwwwwww

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/10/22(日) 15:20:52.55ID:CAP_USER9.net
体育館に併設された教員室の床下で見つかったタイムカプセル



謎のタイムカプセルを発見 本別勇足中の校長が体育館床下で

本別町立勇足中学校の阿部立校長が今年の夏、ある発見をした。学校金庫にあった
工作器具(はんだごて)に違和感を覚え、よく見ると袋のビニールに「タイム
カプセル開封用 20年後に使用」の文字。調べるうちに体育館床下に
埋められていることが分かり、22日、日の目をみることになった。

「書類が多い金庫の中になぜか工作器具があり-」と阿部校長。
そして「20年後」とはいつを指すのか、資料を探すうち、
1996年度発行の勇足中開校50周年記念誌にぶつかった。

だが、タイムカプセルに関する記述はあるものの、埋設場所が書かれていない。
50周年記念の期成会は既に解散していたが、阿部校長は関係者に聞いて回り、
ついに当時の公務補の男性から「体育館の床下」の証言を得た。

“お宝”は直径70センチ程度の球状で、樹脂でできている。
同校体育館に併設された教員室の床下に眠っていた。

タイムカプセルについて、96年度の卒業生は記憶が定かではなく、一方で埋めた
思い出のある下級生もいるという。阿部校長は「どの年代の卒業生が何を埋めた
のか、開けてみてのお楽しみ」と話す。

97年3月に埋めたのであれば今年の3月で丸20年。偶然、阿部校長が工作器具に
気を留めなければ、まだ埋もれていた可能性がある。22日はかつての卒業生らが
集まる予定で、いくつかの謎が解ける日になりそうだ。(木村仁根)

【十勝毎日新聞】 
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00010001-kachimai-hok
続きを読む

1まとめらいぶ2017/10/08(日) 19:51:10.75ID:XFGwqeBO0.net






スケルトンはいいぞ。

 任天堂が販売している最新ゲーム機「Nintendo Switch」をスケルトン仕様に
できる外装交換キットが海外で発売され注目を集めています。

 キットには本体の裏側、コントローラのクリア外装が用意されており、
液晶を除くすべてがスケルトン化できるという仕様。

 ゲームカードやmicroSDカードのスロットから、コントローラに内蔵された
バッテリー、各所の基盤といった「Nintendo Switch」の構造が
丸裸となっています。

 海外のYouTubeチャンネル「JerryRigEverything」には実際にキットを
取り付けて「Nintendo Switch」をスケルトン仕様にする作業を解説
しながら紹介する動画が公開されています。

Nintendo Switch CLEAR EDITION! - DIY Transparent Switch - YouTube



任天堂ハードといえばやっぱりスケルトンだよね! 
「ニンテンドースイッチ」をスケスケにする改造キット

【ねとらぼ】 
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1710/07/news030.html
続きを読む

1まとめらいぶ2017/09/02(土) 20:22:56.06ID:CAP_USER9.net
(CNN)

イタリアの高級スポーツ車メーカー、フェラーリの「365GTB/4」
シリーズのうち、世界に1台しかない公道走行用のアルミニウム製車両が約40年
ぶりに日本の納屋で見つかり、今月9日に競売にかけられることがわかった。

フェラーリは1969~73年の間、1200台以上の365GTB/4を生産した。
365GTB/4は2人乗りのグランドツーリングカーで、最高時速は約280キロ。
「デイトナ」という非公式の愛称が付けられている。

フェラーリは、米フロリダ州デイトナで開かれるデイトナ24時間耐久レース出場に
向けて軽量合金バージョンを5台生産。このうち公道走行用の車は今回発見された
1台だけ。

同車の車体番号は12653で、車体全体にアルミを使用している。1950年代から
自前の工場でフェラーリの車体組み立てを担当してきた著名デザイナー、
セルジオ・スカリエッティ氏が手掛けたものだ。

同車が完成したのは69年。71年に日本の販売店に輸出され、日本の車雑誌
「カーグラフィック」の72年1月号で取り上げられた。何人か持ち主が
変わった後、80年ごろに最後の所有者の納屋に収まった。

イタリア北部マラネロにあるフェラーリの工場で今月9日、同社史上最大規模の
オークションが行われ、発見された状態のまま修復を施さずに出品される。
競売元のRMサザビーズによれば、170万ユーロ(約2億2千万円)の
落札額を見込んでいるという。

【CNN】
 https://www.cnn.co.jp/showbiz/35106685.html

1969年製の極めて希少なフェラーリ・デイトナ

続きを読む

↑このページのトップヘ