『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      発表

      1まとめらいぶ2017/07/20(木) 11:51:33.93ID:CAP_USER.net


      Appleが8月末に開催するイベントで新型iPhone SEを発表し、iPhone8の発表イベントは
      10月になる、と仏メディアiGenerationが報じています。ただし、過去の発表パターンや
      iPhone SEの位置づけを考慮すると疑問も残ります。

      iGenerationは、8月のイベントで発表される新型iPhone SEの価格が、現在の32GBで489
      ユーロ(日本では44,800円)から、90ユーロ(約11,500円)安い399ユーロに引き下げら
      れる、と報じています。

      しかし、新型iPhone SE が8月発売なら、サプライチェーンからのリーク情報が報じられて
      も良さそうですが、これまで、新型iPhone SEについては情報が流れていません。

      なお、中国のアナリストが「iPhone SEはアップデートされない」との予測を発表したばか
      りです。

      AppleはインドでiPhone SEの製造を5月に開始し、6月に発売したばかりです。

      iPhoneSEがインドなど価格に敏感な市場を攻略する戦略モデルと位置付けられていること
      を考慮すると、今年、iPhone SEについて何らかの発表があるとすれば、モデルチェンジで
      はなく、仕様変更と価格の引き下げにとどまると考えられます。

      また、iPhone SEは、2016年3月に発売され、2017年3月にストレージ容量の変更が行われ
      ています。

      iGenerationは、iPhone8の発表イベントは10月に開催されると報じていますが、この情報
      についても疑問が残ります。

      iPhone8については、生産・発売の遅れが噂されていますが、2012年のiPhone5以降、9月
      前半に発表、後半に発売という日程が踏襲されています。仮に発売が遅れても、イベント
      は今年も9月に開催されると考えて良さそうです。

      iPhoneではありませんが、6月のWWDC 17でAppleは2017年12月に発売予定のHomePod
      を発表しているほか、2016年9月のイベントではAirPodsを10月下旬発売予定と発表してい
      ます。

      【iPhone Mania】
       http://iphone-mania.jp/news-175759/
      【【製品】新型『iPhone SE』8月発表】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/23(金) 12:45:54.15ID:CAP_USER.net


      LG Displayは22日(韓国時間)、世界初を謳う柔軟性と透過性を備えた
      77型有機ELディスプレイを発表した。

       4K(3,840×2,160ドット)の解像度に対応しており、40%の透過率と80mmの曲率半径を
      備える。パネルはディスプレイの表示に影響を与えずに、半径80mmまで丸めることが
      可能という。韓国メディアのThe Korea Heraldによれば、デジタルサイネージやディス
      プレイ一体型デスクなどへの利用が考えられているようだが、製品化の時期は明か
      されていないようだ。

       同社は韓国政府の協力のもと、有機ELディスプレイ技術の開発を行なっており、
      2014年にフレキシブルタイプの18型有機ELパネルを、2016年には透過性の55型
      有機ELパネルを発表していた。今回の柔軟性と透過性を両立させた77型有機EL
      ディスプレイは、同社の製品開発マイルストーンのなかでももっとも
      最新のものであるとしている。

      【PC Watch】
       http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1066931.html
      【【製品】LG、透明で折り曲げ可能な77型4K有機ELディスプレイを発表。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/06(火) 06:32:49.61ID:CAP_USER.net
      米Appleは6月5日(現地時間)、iOS搭載タブレット「iPad Pro」の10.5インチモデルを
      発表した。リフレッシュレート120Hz対応の新ディスプレイや新プロセッサ「A10X」を
      搭載し、従来の9.7インチモデルを置き換える。本日から注文を受け付け、来週以降に
      出荷する。価格は6万9800円(いずれも税別)から。



      9.7インチモデルに比べて約20%大きい10.5インチの「True Toneディスプレイ」を搭載。
      リフレッシュレートは従来の60Hzから120Hzに倍増し、指によるタップやペンデバイス
      「Apple Pencil」の反応速度を改良した。画面の明るさも600カンデラに向上している。

       プロセッサには新しい「A10X」(6コア)を採用し、前モデルに比べて処理性能が30%、
      グラフィックス性能は40%向上。バッテリーは最大10時間駆動するという。ストレージ
      容量は64/256/512GBを用意する。

       サイズは174.1(幅)×250.6(奥行き)×6.1(高さ)ミリ、重さはWi-Fiモデルが469
      グラム、Wi-Fi + Cellularモデルは477グラム。カラーバリエーションはシルバー、
      ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの計4色。

      【IT media NEWS】
       http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/06/news050.html
      【【製品】Apple、10.5インチの新型『iPad Pro』発表。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/06/03(土) 12:03:50.80ID:CAP_USER.net


      韓国の自動車大手である現代自動車(ヒュンダイ)がバッテリーで走るEVバス「Elec City」
      を発表しました。このバスはわずか30分の充電で170kmの距離を走ることが可能となって
      おり、2018年にも発売されて道路を走り始める予定です。

      Elec Cityは2017年5月27日から28日にかけて開催された「Hyundai Truck & Bus Mega
      Fair」で発表されたEVバス。256kWhのバッテリーを搭載して67分の充電でフル充電で
      き、一度の充電で最長290kmの距離を走行することが可能とのこと。

      バッテリーで走るバスとしては、アメリカのProterra社が開発した「Catalyst E2」が一
      度の充電で約560kmの走行が可能な性能を備えています。これに比べると走行距離が短
      くも感じられるElec Cityですが、想定されている「路線バス」としての走行距離から考
      えれば、やみくもに重いバッテリーを搭載するのではなく用途に最適な性能を備えてい
      るといえそう。

      発表時には、実際に充電器を使ってチャージする様子も公開されていた模様。急速充電
      を行えば、30分あまりの充電時間で170km走れるようになるため、街中をひっきりなし
      に走り回る路線バスとしての活用もかなり現実的なものとなってきます。

      ヒュンダイは2018年内にElec Cityを発売して納車をはじめる予定で、すでに10台ほどの
      予約を受け付けているとのことです。

      【gigazine】
       http://gigazine.net/news/20170603-hyundai-elec-city/
      【【自動車】30分の充電で170km走ることができるEVバス『Elec City』を韓国のヒュンダイ自動車が発表】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/27(土) 20:10:05.41ID:CAP_USER.net




      ドイツの高級車メーカー、BMWグループは5月25日、イタリアで開幕した
      「Concorso d'Eleganza Villa d'Este」において、『コンセプト8シリーズ』
      を初公開した。

      同車は、2018年に市販される新型『8シリーズクーペ』を示唆したコンセプトカー。
      1999年に初代が生産を終了した8シリーズが、およそ20年ぶりに復活を果たす。

      コンセプト8シリーズは、BMWブランドの最上級クーペ。ひと目でBMWとわかる
      フォルムを持ちながら、新しいデザインアイデアを随所に導入している。例えば、
      キドニーグリルは、BMWのクラシッククーペからインスピレーションを得て、
      ワイド&ローの新デザイン。ボンネットとルーフラインが、ダイナミックさ
      を演出する。

      インテリアは、ドライバー重視の設計。シートはダークブラウンのメリノレザーで、
      ダッシュボードなどには、カーボンファイバーやアルミのアクセントが配される。
      iDriveコントローラーは、スワロフスキーガラス製とした。

      BMWグループ取締役会のハラルド・クルーガー会長は、「BMWグループは“NUMBER ONE>NEXT”戦略において、売上と収益を大幅に増やすことを目指している。8シリーズ
      クーペはこの戦略の実現に、重要な役割を果たすだろう」と述べている。

      【response】
       https://response.jp/article/2017/05/26/295272.html
      【【車】BMWの最上級クーペ再来…コンセプト『8シリーズ』を発表】の続きを読む

        このページのトップヘ