『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.3.20

      発表

      1まとめらいぶ2017/03/21(火) 22:55:24.84ID:CAP_USER.net
      【iPhone Mania】
       http://iphone-mania.jp/news-162184/



      Appleが3月21日夜、9.7インチの新型iPadを発表しました。最大の特徴は
      最安値モデルが4万円を下回るという、その価格の安さです。

      容量は32GBと128GB、カラーは3色
      9.7インチiPadは、カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色展開、
      ストレージ容量は32GBと128GBの2種類です。

      搭載しているのは2,048 × 1,536ピクセル解像度の9.7インチRetinaディスプレイで、
      9.7インチiPad Proと同じです。ただし安価版だけあって、フルラミネーション
      ディスプレイではなく、反射防止コーティングは施されていません。

      プロセッサはA9、コプロセッサはM9を搭載しています。カメラはiPad mini4と同じ
      8メガピクセル、スピーカーも2スピーカーオーディオとなっています。各iPadの
      スペックの比較については、Appleの「iPadのモデルを比較する」ページを
      参照してください。

      最大の魅力は価格
      最大の魅力は何といっても37,800円からという手頃な価格設定です。
      32GB版のWi-Fiモデルは37,800円、
      Wi-Fi + Cellularモデルは52,800円。
      128GB版のWi-Fiモデルは48,800円、
      Wi-Fi + Cellularモデルは63,800円となっています。

      なお注文の受付は3月25日午前0時01(日本時間)からとなっています。
      結局10.5インチ版と12.9インチ版はリリースされず3月には例年Appleの
      スプリングイベントが開催されており、今年はベゼルレスの10.5インチ
      iPad Pro、12.9インチiPad Pro、そして9.7インチiPadが発表される
      のではないかと噂されていました。

      しかし実際にはDigiTimesなどが報じていたように、10.5インチ版と12.9インチ版は
      リリースされないという結果になりました。イベントが開催されず、Webサイトで
      の発表のみになったのも、目玉商品のリリースがなかったためと見てよさそうです。
      【【モバイル】アップル、4万円を切る9.7インチの新型iPadを発表。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/08(水) 20:16:20.38ID:CAP_USER9.net
      英高級車マクラーレン・オートモーティブは8日、新型スポーツ車「720S」を
      発表した。新開発の排気量4.0リットルのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、
      最高出力は720馬力。停止状態から100キロまで2.9秒で加速する。車体に軽量で
      剛性が高い炭素繊維を採用し、車重は1283キログラムに抑えた。

       希望小売価格は3338万3千円。国内では7月から納入を始める。アジア太平洋
      地域の責任者を務めるジョージ・ビッグス氏は同日の発表会で、「スーパーカーを
      理解する成熟した日本の顧客に適したモデルだ」と話した。

      【産経ニュース】
       http://www.sankei.com/economy/news/170308/ecn1703080020-n1.html

      【画像】 
       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p1.html

       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p2.html

       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p3.html

       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p4.html

       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p5.html

       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p6.html

       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p7.html

       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p8.html

       http://www.sankei.com/economy/photos/170308/ecn1703080020-p9.html
      【【経済】英マクラーレンが3千万円超のスーパーカー『720S』発表!720馬力の新型エンジン搭載】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/02/25(土) 18:20:43.85ID:MK3J0QIw0.net BE:232392284-PLT(12000)
      地球温暖化対策への関心を高めようと、環境省が
      PRするための「萌えキャラ」を決定しました。

      環境省が発表した「萌えキャラ」。
      その名も「君野イマ」と「君野ミライ」です。
      今の世界と環境対策に取り組んだ未来を対比しているということです。

      クールビズや省エネ家電への買い替えなど、
      環境省が取り組む地球温暖化対策を推進する「COOL CHOICE」
      を知ってもらうため、一般募集した135作品から選ばれました。

      「萌えキャラ」にした理由は環境省の英語名
      「Ministry Of the Environment」の頭文字
      「M.O.E」が、「萌え」と読めることに掛けたということです。

      内閣府の調査で、10代から20代では「地球温暖化への関心が低い」という
      データがあり、今後、「萌えキャラ」を使ったアプリや動画などを通じて
      普及啓発を図っていきたいとしています。



      【TBS News i】
       http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2991749.html
      【【画像】環境省が萌えキャラを発表wwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/02/14(火) 11:13:04.70ID:CAP_USER.net
      【Yahoo! ニュース】
       http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170214-00015205-forbes-sci



      グーグルが2011年にデビューさせたノートPCシリーズ「Chromebook」は、これまで
      サムスンやデル、Acer等、様々なメーカーとコラボを行い、格安ノートPCとしての
      ポジションを確立させてきた。

      Chromebookはこれまで価格の安さが売りだったが、ここに来て性能面でも
      ハイエンドPCやMacbookに近づきつつある。4月後半にリリース予定のサムスン製の
      Chromebook Proは32GBのストレージと4GBのRAM、インテルのcore m3-6y30
      プロセッサを搭載する。

      スペック的にはウェブの閲覧には申し分なく、アンドロイドアプリのChromebook
      対応が進む中で、仕事で使うマシンの候補にものぼりそうだ。

      今回のサムスン製Chromebookに関し、筆者が最も感心したのはディスプレイの
      クオリティの高さと携帯性だ。筆者はこれまで10年以上Macbookを使い続けてきたが、
      その決め手となったのが、アップルが開発したレティナディスプレイと
      インターフェイスの使いやすさだった。

      今回のサムスン製Samsung Chromebook Proは2400 x 1600のクアッドHD
      ディスプレイを搭載し、画質はMacとほぼ同等だ。また厚みも0.55インチ
      というコンパクトさで重量は2.5ポンド(1,134グラム)という軽量さ。

      充電ケーブルはUSB-Cケーブルを採用し、一般的なノートPCよりもかなり軽い。
      平均的な女性がバックパックに入れて持ち歩いても、問題ない重量と言える。

      このマシンの利点をさらにあげると、ディスプレイのヒンジが360度の可動式で、
      タッチ入力に対応している点。ディスプレイを表側にして折りたためば、
      タブレットとして使うこともできる。

      また、動画視聴を行う際にディスプレイ側を表に、キーボードを反対側に出して
      机に置けば、迫力ある画面を視聴可能な点もメリットと言える。一つだけ不満を
      あげるなら、キーボードの右上のデリートキーが小さい点。通常のノートPCの
      半分程度のサイズで、これに慣れるのにはかなり時間がかかりそうだ。

      グーグルのChromebooksは新型モデルが発表される度に、Macbook等の
      ハイエンドマシンとの距離を縮めている。数年前ならばChromebookの
      用途はあくまでもセカンドマシンだったが、筆者は次回のChromebook
      をメインマシンとして購入することを検討中だ。

      今回のサムスンのChromebook Proは549ドル(約6万2,000円)という価格も魅力。
      マックやその他のハイエンドPCが1,000ドル以上もすることを考えると、
      このマシンの購入を選択する人も増えるのではないだろうか。

      Chromebook Proは4月後半に発売予定。

      スペック的に少々劣るPlusは2月12日から販売されている。
      【【PC】サムスンが新型ノートPCを発表!Macbookに迫る性能で価格は6万円】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/02/08(水) 17:05:09.48ID:CAP_USER.net
      【IT pro】
       http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/020700810/?itp_side_ranking



       セイコーエプソンが、大容量インクタンクを搭載してランニングコストを
      従来の1/10程度まで抑えた「エコタンク搭載モデル」の最上位モデルを投入する。
      コストの一部をインクカートリッジで回収していた従来とは異なる
      ビジネスモデルを採用する製品だ。

       同社が2017年2月8日に発表した、コンシューマー向けA4対応インクジェット
      複合機の新機種「EW-M770T」がそれだ。ランニングコストを重視するエコタンク
      搭載モデルでありながら従来のカラリオ並みの機能と性能を持つ、“エコタンク搭載
      カラリオ”とも言うべき製品だ。実売6万9980円(同社直販部門の税別予定価格)で、
      3月2日に販売を開始する。

      エプソンは2016年から、既存の「カラリオ」シリーズに加え、印刷量の多い
      ユーザーに向けて「カラリオ V-edition」と「エコタンク搭載モデル」という
      2つの製品カテゴリーを新たに設定し、順次製品の投入を始めた。

      新カテゴリー製品の特徴は、低ランニングコスト。新製品であるEW-M770Tは文書
      1枚当たりのインクコストが、カラー1.3円/ページ、モノクロ0.5円/ページ。ほぼ同等
      性能の「PX-M650F」と比べて、カラーが約1/10、モノクロでは約1/8という圧倒的
      な低さを実現している。

       1~2年程度はインクを補充せずに使い続けることができ、これまで必要だった
      カートリッジの運搬や廃棄による環境負荷も減らせる。

       半面、新カテゴリーの製品は、本体価格が従来より高くなる。コストの一部を
      インクカートリッジで回収していた従来とは異なるビジネスモデルを採用するためだ。
      本体でしっかり利益を確保して、その分、インクのランニングコストを低く抑える。
      【【複合機】エプソン、エコタンク搭載の新型『カラリオ』を発表『1~2年はインク補充不要』。】の続きを読む

        このページのトップヘ