『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.5.1

      発表

      1まとめらいぶ2017/05/08(月) 14:18:22.38ID:CAP_USER.net
      ソニーは5月8日、テレビ「ブラビア」に有機ELパネルを採用した「A1」シリーズを
      発表した。4K高画質プロセッサ「X1 Extreme」を搭載し、画面を振動させることで
      音を出す独自の音響システム「アコースティック サーフェス」を採用する。発売は6
      月10日。想定税別価格は65V型の「KJ-65A1」が80万円前後、55V型の「KJ-55A1」
      が50万円前後になる。77V型の発売も計画しており、時期は2017年秋以降の予定だ。



      ソニーでは、2007年に11型の民生用有機ELテレビ「XEL-1」を発売。その後業務向け
      モニタなどは販売していたが、民生用の有機ELテレビの発売は約10年ぶりになる。A
      1シリーズは、液晶テレビ「Z9D」シリーズと並ぶフラッグシップ機に位置づけ展開し
      ていく。

       3840×2160ピクセルの4K有機ELパネルを搭載し、従来の「X1」に比べ、約1.4倍の
      処理速度を持つX1 Extremeにより、各高画質機能に最適な信号処理をすることで、高
      画質再生を実現。SDR映像をHDR映像相当にアップコンバートする「HDRリマスター」
      も備える。

       スピーカ部はなく、有機ELパネル背面の左右にアクチュエータを配し、画面を振動す
      ることで音を出すアコースティック サーフェスを搭載。画面から音が出るため、画面と
      音が一体となった映像再生体験ができる。

      【cnet】
       https://japan.cnet.com/article/35100795/
      【【製品】ソニー、有機ELテレビ『ブラビア A1』シリーズ発表!65V型で約80万円。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/04/26(水) 21:57:38.90ID:CAP_USER.net
      アウディ・ジャパンは26日、同社最小の新型スポーツタイプ多目的車(SUV)
      「Q2」の受注を開始し、6月中旬に発売すると発表した。全長4.2メートル、
      全高1.53メートル、全幅1.795メートルで国内の多くの立体駐車場に入り
      、最小回転半径も5.1メートルと日本の道路事情に合わせた。

      Q2のエンジンは116馬力の1リットルエンジンと、150馬力の1.4リット
      ルエンジンの2種類ある。1.4リットルエンジン搭載モデルの燃費は1リットル
      あたり17.9キロとなっている。また、多角形を多用した新たな外観デザインを
      導入することで、同社のAシリーズなどとの差別化も図られている。

      価格は「Q2 1.0TFSI」が299万円▽「Q2 1.0 TFSI sp
      ort」が364万円▽「Q2 1.4TFSI cylinder on de
      mand sport」が405万円。前輪駆動モデルのみで、同社は初めてアウ
      ディに乗る人や若年層のほか、国産車からの乗り換え需要も見込んでいる。

      【米田堅持】

      【毎日新聞】
      https://mainichi.jp/articles/20170427/k00/00m/020/022000c#csidx70665de65b7cf769f46acc5a12a82c0



      ※画像一覧
       https://mainichi.jp/graphs/20170426/hpj/00m/020/001000g/1
      【【自動車】『アウディ』新型SUVのQ2発表!日本の道路事情に合致】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/04/21(金) 17:06:13.55ID:CAP_USER.net
      分散型SNSマストドン(Mastodon)世界最大のインスタンスであるmstdn.jpの管理者
      であるnullkalさんは4月21日、自身がドワンゴに入社し、mstdn.jpの運用を続けていく
      ことをトゥートで明らかにした。nullkalさんは夕方に大事なお知らせがあることを予告
      していた。



      ドワンゴは19日に自社のインスタンスfriends.nicoを立ち上げたばかりだが、nullkalさ
      んによれば2つの統合予定はなく、mstdn.jpは引き続きさくらインターネットで運用し
      ていくという。

      私,nullkalはこの度ドワンゴに入社し,引き続きmstdn.jpを運用していくことになり
      ました.friends.nicoさんとはいい協力関係を築いてゆけたらなーって思っています.
      今のところ二つの統合予定はありません

      インスタンスのユーザー数で世界1位の管理人が世界6位のインスタンスの運営企業に
      入社することになる。mstdn.jpのユーザー数は後発のfriends.nicoの約10倍。

      【IT media NEWS】
       http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1704/21/news112.html
      【【IT】世界最大のMastodonインスタンス管理人、ドワンゴ入社を発表。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/30(木) 07:28:08.62ID:CAP_USER.net
      【engadget】
       http://japanese.engadget.com/2017/03/29/galaxy-s8/






      ニューヨークで開催中のイベント Galaxy Unpacked 2017 より。サムスンがフラッグ
      シップ スマートフォンの新製品 Galaxy S8 を正式に発表しました。事前のうわさどお
      り、ほぼ全部画面の「インフィニティ・ディスプレイ」が強烈な印象を与える製品です。
      ラインナップは5.8インチ画面の Galaxy S8 と、6.2インチ画面の Galaxy S8+。上下左
      右のベゼルを細く、縦横比を18.5:9の縦長に変更したことで、インチ数から受ける印象
      よりもずっとスリムな筐体で大画面を実現します。

      ・左右が曲面で上下の余白も細い、Galaxy 史上最大の「Infinity Display」。Galaxy S8
      は対角5.8インチ、Galaxy S8+ は6.2インチ(角の丸みを無視した数字)。画素数はどちらも
      2960 x 1440の Quad HD+。ピクセルの細かさはS8が570ppi、S8+は529ppi。

      (従来機種の Galaxy S7 edge は 2560 x 1440 の 16:9。横をそのまま縦を伸ばして、
      2:1よりもさらに縦長)

      ・10nmプロセスのSnapdragon 835 (2.3GHz 4コア + 1.7GHz 4コアのクアッドコア)、
      または地域によりExynosプロセッサ。
      ・4GB RAM、64GB内蔵ストレージ(UFS 2.1)。microSDXC対応(256GBまで)。
      ・LTE Cat. 16対応。下り最大1Gbps。
      ・背面カメラはデュアルピクセル 12MP F1.7。S7から大きな変更なし。前面カメラは8MP、
      AF対応、F1.7。広角撮影にも対応。最近の自撮り強化に追従。
      ・本体サイズと重量は、
      Galaxy S8: 148.9 x 68.1 x 8mm、155g
      Galaxy S8+: 159.5 x 73.4 8.1mm、173g
      ・上下のベゼルも左右のエッジもシンメトリな曲面デザイン。2.5Dガラスと金属フレームの
      滑らかな融合。
      ・OSはAndroid 7.0 + サムスンTouchWizカスタマイズ。
      ・マルチ画面。アプリの特定部分を切り取って別アプリの使用中にも常時表示できる
      ・Note7 譲りの虹彩認証対応。背面のカメラレンズ横のセンサで指紋認証にも対応。
      ・IP68防水防塵
      ・3.5mmヘッドホンジャックも搭載。AKGチューニングのカナル型デュアルドライバ
      イヤホンを同梱。(同ランクのAKG製品は100ドル程度)。
      ・サムスンの新しいデジタルアシスタント Bixby 対応。側面に専用ボタン。対応アプ
      リならばほとんどの操作が音声だけでできるほか、複数アプリをまたいだ操作、会話
      とタッチ操作のシームレスな組合せ、IoT家電との連携、ユーザーの生活習慣やこれま
      での操作といった状況
      ・文脈の理解、カメラでランドマークや商品、ワインのラベル、外国語、バーコード
      などを認識する視覚、などが売り。
      ・バッテリーはS8が3000mAh、S8+ は3500mAh。Note7炎上後の報告によれば、発
      火の原因はすでに特定し対処済み。
      ・モニタやマウス・キーボードに接続してデスクトップPCのように使うドック DeXを
      別売りで用意。フルサイズHDMIやUSB、有線LAN端子を拡張できる小型のドック製品。

      Galaxy Sシリーズはもともと画面が大きく占有率が高い(余白が細い)スマホでしたが、
      インフィニティ・ディスプレイでさらに進化しました。先代の Galaxy S7 edge が縦
      横比16:9の5.5インチ画面で幅72.6mmだったのに対して、Galaxy S8 は4mm細く持ち
      やすい幅68.1mmで5.8インチ画面を採用します。

      上下の余白が細くなった分、縦横比は超縦長の18.5:9。従来の16:9画面とは縦横の比率
      が違い、対角のインチ数をそのまま比較はできないものの、Galaxy S7 edgeと比較して、
      S8は本体が細く小さくなったのに画面は約9%広くなっています。S8+ では+18%広く。
      【【サムスン】新型スマホ『Galaxy S8』を発表!ホームボタン廃止、外部モニター接続でデスクトップPCとしても利用可能。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/21(火) 22:55:24.84ID:CAP_USER.net
      【iPhone Mania】
       http://iphone-mania.jp/news-162184/



      Appleが3月21日夜、9.7インチの新型iPadを発表しました。最大の特徴は
      最安値モデルが4万円を下回るという、その価格の安さです。

      容量は32GBと128GB、カラーは3色
      9.7インチiPadは、カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色展開、
      ストレージ容量は32GBと128GBの2種類です。

      搭載しているのは2,048 × 1,536ピクセル解像度の9.7インチRetinaディスプレイで、
      9.7インチiPad Proと同じです。ただし安価版だけあって、フルラミネーション
      ディスプレイではなく、反射防止コーティングは施されていません。

      プロセッサはA9、コプロセッサはM9を搭載しています。カメラはiPad mini4と同じ
      8メガピクセル、スピーカーも2スピーカーオーディオとなっています。各iPadの
      スペックの比較については、Appleの「iPadのモデルを比較する」ページを
      参照してください。

      最大の魅力は価格
      最大の魅力は何といっても37,800円からという手頃な価格設定です。
      32GB版のWi-Fiモデルは37,800円、
      Wi-Fi + Cellularモデルは52,800円。
      128GB版のWi-Fiモデルは48,800円、
      Wi-Fi + Cellularモデルは63,800円となっています。

      なお注文の受付は3月25日午前0時01(日本時間)からとなっています。
      結局10.5インチ版と12.9インチ版はリリースされず3月には例年Appleの
      スプリングイベントが開催されており、今年はベゼルレスの10.5インチ
      iPad Pro、12.9インチiPad Pro、そして9.7インチiPadが発表される
      のではないかと噂されていました。

      しかし実際にはDigiTimesなどが報じていたように、10.5インチ版と12.9インチ版は
      リリースされないという結果になりました。イベントが開催されず、Webサイトで
      の発表のみになったのも、目玉商品のリリースがなかったためと見てよさそうです。
      【【モバイル】アップル、4万円を切る9.7インチの新型iPadを発表。】の続きを読む

        このページのトップヘ