『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      発売

      1まとめらいぶ2017/07/29(土) 04:17:25.91ID:CAP_USER.net
      デルの8K液晶がついに本日発売

      【PC Watch】 
       http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1073066.html







       デル株式会社は、31.5型8K解像度の液晶ディスプレイ「デジタルハイエンドシリーズ UP
      3218K 31.5インチ 8Kモニタ」を発売した。税別価格は498,800円。米国では3月に4,999.99
      ドルで発売され、日本でも今夏投入が予定されていた。

       主な仕様は、解像度が7,680×4,320ドット(8K)、表示色数が10億7千万色、
      輝度が400cd/平方m、中間色応答速度が6ms(中間色)、コントラスト比が
      1,300:1、視野角は上下/左右とも178度。駆動方式はIPS、色域カバー率は
      Adobe RGB 100%、sRGB 100%、Rec709 100%、DCI-P3 98%。また、
      X-Rite測色計によるキャリブレーションに対応する。

       インターフェイスは、DisplayPort 1.4×2で、8K60pの表示にはビデオカードからDisplay
      Port 1.4×2に同時に接続する必要がある。このほか、USB 3.0×4のHubも搭載する。

       本体サイズは720.5×222×498.4~618mm(幅×奥行き×高さ)、重量は6.52kg。

       PC Watchでは6月にレビュー(第12話。8K修行僧見参!)を掲載しているので、
      そちらも参照されたい。
      【【PC】デルの8K液晶がついに発売!税別価格は498,800円】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/27(木) 15:52:45.51ID:CAP_USER9.net
      オートックワン

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00010003-autoconen-ind

      画像



      ホンダは、2017年7月27日、シビックハッチバック/シビックセダン/シビックタイプRを
      発表した。なお、発売は9月29日(金)となる。

      今回で10代目となるホンダ 新型シビックシリーズだが、ハッチバックとセダンは2010年に
      生産を終了した8代目以来、日本国内では9代目が販売されなかったので、実に7年ぶりの復
      活となる。

      また、高性能モデルのシビックタイプRは、2015年に750台限定の抽選販売で9代目が販売
      されたが、10倍を超える倍率となり、購入できなかった人が続出した。

      今回発売される新型シビックタイプRは台数に制限なく購入できるようになり、予約の段階
      ですでに1500台ほど受注しているという情報も。ホンダのスポーツモデルを待ち望んでいた
      コアなファンが多いことがうかがえる。

      新型シビックタイプRは、ベース車からのチューンアップではなく、開発当初よりタイプR
      として目指す理想の姿をゼロから思い描いて追求したことで、大幅なスポーツ性能の向上
      を実現。さらに街中での乗りやすさや居住性、快適性なども一層向上した。

      価格(消費税込)は、450万360円となる。

      目指したのは究極のFFスポーツ
      新型シビックシリーズの開発当初より、タイプRを見据えてプラットフォームが新たに開発
      された。先代シビックタイプRに対し、ねじり剛性が約38%向上し、ボディは約16kgの軽量
      化を実現。低重心化やホイールベースとトレッドの拡大などにより、さらに優れた走行安定
      性を追求した。

      シャシーは、圧倒的なスタビリティを実現するマルチリンク式リアサスペンションを新採用
      したほか、先代モデルからさらに進化したデュアルアクシス・ストラット式フロントサスペ
      ンションやアダプティブ・ダンパー・システムなど制御技術の進化により、運動性能を大幅
      に向上させている。

      その結果、2017年4月に行われたドイツ・ニュルブルクリンク 北コースでの走行テストでは、
      FFモデルとして最速となる7分43秒80のラップタイムを記録。先代モデルのタイムを7秒近く
      更新するなど、運動性能の高さが証明されている。
      【【自動車】『ホンダ』320馬力の究極のFFスポーツ!新型シビックタイプRを発売…価格は450万円】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/06(木) 16:07:48.27ID:CAP_USER.net
      ながらりょうこの単行本「ヨーロッパたびごはん」が
      7月7日にイースト・プレスから刊行される。

      「ヨーロッパたびごはん」はベルリン在住の作者が夫と2人で気軽にヨーロッパ各地へと
      出かけ、美味しいものを堪能するグルメ旅行記。「フランス、パリ編」「オランダ、アム
      ステルダム編」「北欧編」「イギリス、ロンドン編」「ドイツ、ベルリン編」と地域ごと
      に章立てされており、ドイツの焼きソーセージ「ブラートヴルスト」、茹でたジャガイモ
      に溶けチーズをかけたイギリスの「ラクレット」、パリのパン屋で買う本場のフランスパ
      ン(バゲット)など都市ごとの定番メニューや、たまたま出会った見知らぬ料理に舌鼓を
      打つ様子が描かれている。持ち物の選び方や、挨拶とお礼の言葉を覚えていくだけで買い
      物が楽になるといった、旅行で役立つ情報も盛りだくさんなので、ガイド本としても役立
      つ1冊だ。











      【ナタリー】
       http://natalie.mu/comic/news/239605
      【【漫画】ドイツでソーセージ、パリでパン。都市と食事めぐる『ヨーロッパたびごはん』発売!】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/04(火) 13:01:54.66ID:CAP_USER.net
      トヨタ自動車は7月3日、ミニバン「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」を
      マイナーチェンジし、発売した。それぞれの個性を際立たせたデザインの改良、
      室内装備の充実などを図った。







       2014年発売のヴォクシー、ノアの3代目とエスクァイアを一部改良。押し出し
      の強いヴォクシー、モダンなノア、両車をベースにプレミアム感を高めたエス
      クァイアの個性を強調している。

      ヴォクシーとノアは、エクステリアではバイビームLEDヘッドランプと面発光の
      LEDクリアランスランプを採用。ヴォクシーでは2段ヘッドランプをよりシャープ
      な印象にし、「カッコよさを強調」(同社)。ノアはモダンで精悍な(せいかん)
      な印象にしている。エアロ仕様のヴォクシー「ZS」とノア「Si」では、「ハ」の
      字をテーマにしたスタイルとし、スポーティーでアグレッシブなイメージを
      強化している。

       インテリアでは、天井までブラックで統一し、ピアノブラック塗装をあしらう
      などして質感を向上。オプティトロンメーターは丸型リングを採用し、リング幅
      を細くすることでシャープな印象にしている。

      エスクァイアもバイビームLEDヘッドランプと面発光のLEDクリアランスランプ
      の採用で先進さと精悍さを強調し、フロントグリルのデザイン改良で高級感や「
      堂々感」を強化。上質な室内空間を備える最上級パッケージ「Gi“Premium
      Package”」を新設定する。

       各車共通で、助手席シートバックには格納式テーブル(カップホルダー2個付き)
      とインパネのセンターロア部に充電用USB端子×2個を標準装備。クルーズコントロ
      ール、紫外線と赤外線をカットするウインドシールドガラスも全車標準装備とした。

       価格は、ヴォクシー、ノアが246万6720円~326万9160円、エスクァイアが267万
      5160円~335万8800円。

       ヴォクシーはネッツ店、ノア店はカローラ店、エスクァイアはトヨタ店とトヨペッ
      ト店で販売。月販目標はヴォクシーが5000台、ノアが2700台、エスクァイアが
      2300台。

      【IT media ビジネス】
       http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1707/03/news099.html
      【【自動車】トヨタ、新『ヴォクシー』『ノア』『エスクァイア』発売。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/30(火) 21:19:48.70ID:CAP_USER9.net
      セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズは5月30日、全自動で洗濯物を畳むロボット
      「ランドロイド」の予約受け付けを始めた。専用スマートフォンアプリと連携し、
      畳んだ衣類を確認したり、あまり着ていない服を教えてくれたりする機能も備える。
      出荷は2017年度内を目指す(9月上旬に詳細を発表予定)。価格は185万円(税別)。



      【IT media NEWS】
       http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1705/30/news121.html
      【【社会】全自動洗濯物たたみ機『ランドロイド』発売!画像解析で衣類を仕分け】の続きを読む

        このページのトップヘ