タグ:画面


久しぶりに私日誌の更新になります。

たま~に好きなスマホゲームの動画をようつべにアップしているんだけど、
iPhoneXに機種変更をしたらやり方が分からなくなったので、色々と調べて
見つけました(。・ω・)。 

いちいち説明が面倒なので、かなり割愛させて頂きます。

【実装動画】※参考動画なのでデスクトップも表示しております。




※画面サイズも変更可能です。

キャプチャソフト:BANDICAM(シェアウェアですが、無料のもたくさんあります。)

それでは実装方法のご紹介です。


続きを読む

1まとめらいぶ2016/12/08(木) 13:09:26.68ID:CAP_USER.net
【engadget】
 http://japanese.engadget.com/2016/12/04/pc-2-pc-ii-2017-1/



テックウインドがキーボード一体型PCキーボードPC II(WKA-W10HBK)を発表しました。
発売時期は2017年1月下旬以降、オープン価格。テックウィンドは今年2月にキーボード
一体型の「キーボードPC WP004」を発売しており、このときは「まるでMSXだ」と話題に
なりました。今回のモデルはその後継機にあたるとのこと。キーボードPC IIの特徴は、
一見すると一般的なキーボードのくせに内部にPC機能を内蔵しているところ。外部
ディスプレイと接続すればWindows 10 Home(64bit)搭載のデスクトップPCとして
利用可能です。前モデルでは外部電源が必須でしたが、本製品では6000mAhの
バッテリーを内蔵、外部電源なしでも約6時間連続使用できるようになりました。

CPUはIntelのAtom Z3735F(1.33GHz駆動)からx5-Z8300(1.44GHz駆動)へ、
RAMは2GBから4GBに強化。さらにUSBポート2基のうち1つがUSB 3.0になるなど、
スペックも順当に強化されています。なお、内蔵ストレージ容量は32GBで、最大
64GBのmicroSDXCカードに対応したスロットを備えます。キーボードは82キーの
日本語独自配列を採用。先代では非常に小さかったタッチパッドはキーボード
右側に異動して充分すぎるほどの大きさとなりました。ディスプレイ出力では
HDMI(最大2560x1440px)、VGA(最大1920x1080)での表示が可能。
そのほか、ステレオスピーカーを内蔵し、イヤホンジャック、
有線LANポートなどを備えています。

無線規格は、IEEE 802.11b/g/n、およびBluetooth 4.0を搭載。
本体の大きさは約321.46×115×26.6mmで、重量は約560g。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/08/08(月) 20:01:58.76ID:CAP_USER.net
山手線など主要な路線を舞台に,天候の変化や朝の通勤ラッシュ時間など,きめ細かい
シチュエーションでゲームを楽しめるという本作は,それらがスクウェア・エニックスの
ヴィジュアルワークス部監修によるハイクオリティのグラフィックスによって
再現されているとのこと。

 3画面の大型ディスプレイに映し出される車窓風景や,実際の鉄道車両モニタの
デザインをイメージしたタッチパネル,本物の形状を再現したマスコンの採用など
により,電車運転シミュレータである前作よりさらに踏み込んだ,“本物の運転士
になりきれる”電車運転士体験ゲームへと進化しているそうだ。

 あわせて,電車をつなげて消すスマホ向けパズルゲーム「連結!電車でGO!!」
(iOS / Android)が,今冬配信予定であることも明かされている。電車でGO!! 
との連動も予定されているというこのパズルゲームは,世界最小級ブロック
「nanoblock」を販売するカワダとのタイアップが決定しているほか,鉄道
ファンにはおなじみの,運行情報サービス「乗換案内」や,雑誌
「鉄道ファン」とのコラボレーションも予定されているとのこと。
各詳細は続報を待とう。













公式サイト 
 【電車でGO!!

【4Gamer.net】
 http://www.4gamer.net/games/351/G035198/20160808009/
続きを読む

↑このページのトップヘ