『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      理由

      1まとめらいぶ2017/06/13(火) 20:21:40.83ID:PGNN3ope0 BE:878898748-PLT(16000)
      アメリカの受刑者が実は犯人ではなく、激似は真犯人が見つかったという衝撃の事件が
      報告された。ミズーリ州カンザスシティに住むリチャード・ジョーンズ(41)は、1999
      年にカンザスロールランドパークのウォルマートの駐車場で女性を暴行しバッグ強奪
      した容疑で起訴され懲役19年を言い渡された。

      ジョーンズは事件が起きた時、ガールフレンドの家にいたとアリバイを主張したが裁判
      でその主張は受け入れらなかった。

      大まかに事件当時を記憶していた被害者とウォルマート警備員がジョーンズを犯人に間
      違い無いと目星をつけ、多くの目撃証言から犯人となってしまった。ただ事件現場には
      指紋やDNAは一切出てこず、目撃者の証言だけが頼りだった。

      そんなある日、カンザスランシング矯正センターで15年以上収監していたジョーンズに
      別の受刑者が情報提供してきた。「あなたに似たような受刑者がほかの刑務所にいる」
      と伝えたのだ。

      ジョーンズはその人の写真を見て驚愕した。顔立ちはもちろん、肌色やヘアスタイル
      までそっくりそのままだったのだ。二重やヒゲの生え方まで同じで、区別するのが難
      しいほどだった。

      ジョーンズはカンザス大学のロースクールの無罪証明探査グループである「ミッドウ
      エストイノセンス」所属の弁護士アリスクレイグと接見。

      クレイグ弁護士は、ジョーンズのアリバイは確かで、更に無罪を証明するために証拠
      集めに走り回ってくれたという。調査の結果、ジョーンズとそっくりの人のリッキー
      アモス(40)という歳が1歳だけ異なる身長183センチ、体重91キロの男性が特定
      された。

      (つづく)

      【ゴゴ通信】
       http://gogotsu.com/archives/30192



      【【衝撃】犯人に激似という理由で17年間も獄中生活していた男性、警察『ほんまに激似やな、めんごw』。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/16(火) 18:23:15.44ID:CAP_USER.net
      現役サラリーマンが読む!仕事漫画

      いま「サラリーマン漫画」に地殻変動が起きている。『課長 島耕作』のような出世
      物語が廃れ、『社畜!修羅コーサク』のような「社畜漫画」が増えているのだ。現
      役サラリーマンで、『サラリーマン漫画の戦後史』(洋泉社新書y)の著者が、その
      背景を読み解く。漫画に社畜が増えている!「ノマド」が消えて「社畜」が残った。
      日本人の働き方を巡る過去5年間の議論を圧縮すると、つまりそういうことになる。

      新しい自由な働き方/生き方として提唱されたノマド・ワーキングは、会社にしがみ
      つく不自由なサラリーマン=社畜への強烈なカウンターとして一世を風靡した。しか
      しノマドが従来のフリーランサーと大差ないという現実が明らかになるにつれて幻想
      は剥がれ、ブームは沈静化。ノマドによって掘り起こされてしまったサラリーマンの
      社畜意識だけが、むき出しになって晒され、ブラックな労働環境の是正が課題として
      浮かび上がっている、というわけだ。

      顕在化した社畜意識は、漫画の世界にひとつのトレンドを生み出した。社畜を主人公
      とした漫画が目立ち始めているのだ。

      サラリーマンを描く漫画は、もう長いこと「島耕作」という圧倒的存在をベンチマー
      クとして、働く喜び、労働のポジティブな側面にフォーカスするものが主流だった。
      しかし、島耕作のような安定した老舗大企業での出世物語は、今や共感を得られない。

      長時間労働が社会問題化する中で、会社に縛られた非人間的な働き方の是非を問う視
      点が生み出した、サラリーマン漫画の新しい潮流「社畜漫画」。その守備範囲はギャ
      グから実録まで幅広い。

      島耕作パロディ、『カイジ』スピンオフ……社畜系ギャグ漫画
      社蓄漫画として最もスタンスが明快なのが、弘兼憲史も黙認する究極の島耕作パロディ
      として話題の『社畜!修羅コーサク』(江戸パイン/講談社/2016~)だ。若い頃の島
      耕作に似た主人公が、修羅の国・墓多(はかた)に左遷され、社畜ならではの壮絶な自
      虐技を駆使してサバイブするという展開は、さながら島耕作ミーツ北斗の拳。劇画調の
      シリアスな絵柄が、ギャグの強度に拍車をかけている。

      もともと本家の島耕作も「嫌な仕事で偉くなるより、好きな仕事で犬のように働きたい
      さ」と“畜生志向”を公言する、潜在的な社畜。しかも部署異動しようが左遷されようが、
      与えられた仕事は全てクリアして結果的に偉くなるという、究極のファンタジーとして
      アイコン化している。そんな象徴的な存在を茶化し、会社を阿鼻叫喚のディストピアに
      反転させた修羅コーサクは、島耕作の社畜性をアイロニカルに暴き出している。

      既存漫画の登場人物を社畜に見立てたパロディとして、『中間管理録トネガワ』(萩原
      天晴・他/講談社/2015~)も挙げておきたい。福本伸行の代表作『賭博黙示録カイジ』
      に登場する悪徳企業幹部の利根川を主人公にしたスピンオフで、「このマンガがすごい!
      2017」のオトコ編1位を受賞するなど、世間的評価も高い。

      利根川は、たとえ休暇中であっても横暴な会長の無理難題に応えなければならず、一方で
      気まぐれな部下たちからの信頼を得るために四苦八苦する。本編では憎々しく君臨した大
      幹部も、裏側から見ればブラック企業の歯車、過重労働の中間管理職だったという悲喜劇
      が、悪魔的なギャグに昇華されている。『カイジ』本編では、利根川はパワハラどころで
      はない悲惨な体罰を受けて失脚してしまうので、そうなる前になんとか転職してほしくな
      る。

      社畜ギャグ漫画には『社畜と幽霊』(日日ねるこ/集英社/2016~)のような変わり種も
      ある。オフィスで深夜まで残業する主人公に対し、女の幽霊が身の毛もよだつ嫌がらせを
      執拗に繰り返す。仕事に集中したい主人公は幽霊を無視したり逆切れしたりして、やがて
      二人の間に奇妙な連帯感が生まれ始める。幽霊はまるで仕事中にかまってほしがるペット
      のようで、孤独な深夜オフィスに癒しを提供する存在に見えてくる。



      『社畜!修羅コーサク』(江戸パイン/講談社)

      【PRESIDENT Online】
       http://president.jp/articles/-/22024
      【【働き方】『社畜』が主人公の漫画が増えている理由】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/05/07(日) 15:57:52.18ID:CAP_USER.net


      1867年に米国で生まれたタイプライターは、今や生産台数もメーカーも限られている。
      しかし、活躍中の機器が存在する限り、修理の需要はある。東京・神田の低層雑居ビル
      が並ぶ一角にある「ひかり事務機」は、タイプライターの修理と中古品を扱う数少ない
      会社の一つだ。

      「このあたり、昔は事務機器屋や文具屋でにぎわっていたんですよね。丸の内の会社は
      もちろん、連合国軍総司令部(GHQ)やアメリカ大使館にも出入りしていました」

       代表の福永健さん(86)は言う。タイプライター一筋の老舗で、創業52年。全盛期は
      横浜に支店もあったというが、今は社員5人。蛍光灯の下、事務机が並び、キーを叩く
      音、ローラーの戻る音などがリズミカルに響いていた。

       今や文書作成機能は、ワープロを経て、パソコンに取って代わられた。ここで修理さ
      れるタイプライターは、どこでどのように使われているのだろうか。

      「宅配便の送り状のようなカーボンを使った用紙への印字に適しています。最新のイン
      クジェットプリンターでは複写紙には印字できません。宝石店の値札のような小さな紙
      にピンポイントで印字するのもタイプライターでないとできないでしょう」(福永さん)

       紙に文字を「打つ」という機能によって、まだビジネスの場でも役割はあるのだという。

       また、こんなケースもあった。高度経済成長期に丸の内でタイピストをしていた女性
      が「昔使っていたタイプライターを直してもらえないか」と同社に頼んできた。メーカ
      ーに問い合わせても修理はできないと言われたそうだ。

       時代とともに競合他社は消え、修理に関して同社は都内でほぼ独占の状態。修理用の
      交換部品をストックしてあるのも同社の強みだ。たまった埃(ほこり)をとり、丁寧に
      錆(さび)をふきとりながら、キーの戻りが悪い、ローラーが動かないなどの原因を探る。

      「長年やっていると、故障のポイントはわかるものです」(社員の磯貝隆さん)

       修理を依頼した女性は、病気のリハビリにタイプライターを使うという。

      「修理できたときはすごく喜んでもらえた。こちらもうれしいですよね」(福永さん)

       倉庫にはクラシックなタイプライターがそろう。120年以上前に生産された米国オリ
      バー社製の、鳥が羽を広げたように左右対称に、印字のハンマーが並んだ珍しい機種も
      あった。

      「毎月数台ですが、文章を書くのにタイプライターが欲しいと個人で購入されていく人
      もいます」(同)

      【dot  asahi】
       https://dot.asahi.com/wa/2017050100074.html
      【【修理】『タイプライター修理会社』がいまだに存在する“意外な理由”】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/04/11(火) 06:13:43.51ID:CAP_USER.net
      ジェイアールバス関東と西日本ジェイアールバスが3月31日、新型夜行高速バス「ドリー
      ム ルリエ」の運行をスタートした。東京-大阪間で48年の歴史を持つドリーム号の中で
      「最上のくつろぎ」をうたい、1台の定員はわずか18人。従来の「グランドリーム号」の
      定員28人よりも少なく、そのぶんゆったりとした座席配置となっている。

      老舗のJRバスに対し、ここ10年で向こうを張る規模まで急成長を遂げたウィラー エクス
      プレス ジャパンも、2月に同じ18人乗りの新型車両「リボーン」を投入。同社の平山幸司
      社長は「これからは快適なだけでなく、休息できるかどうかが重要」と強調する。

      中略

      座席は前方の4席が通路を挟んで左右1列だけの「プレシャスクラス」。後方の14席が3列
      独立シートの「アドバンスクラス」。プレシャスクラスの料金は1万4000~1万8000円と
      新幹線並みの一方、アドバンスクラスは1万400~1万2500円で新幹線より安価に設定され
      ている。席数は限られるが、アドバンスクラスは乗車日前日まで9800円で買える「早売1」
      もある。

      ただ、どちらの座席も実は新開発のものではない。
      プレシャスクラスのシートは「プレミアムドリーム号」に設置されている「プレミアムシ
      ート」(1万1500~1万3300円)にレッグレストのヒーターを追加したもの。アドバンス
      クラスのシートは「グランドリーム号」の「新型クレイドルシート」(8000~1万円)の
      リクライニング機能を向上させたものだ。

      ポイントはシート以外にある。「従来はシートで差異化を図ってきたが、よりプライベー
      ト空間が必要だと考え、個室感を加えた」(西日本ジェイアールバスの宇都宮道夫社長)。
      プレシャスクラスでは、通路と後ろの座席との間にそれぞれパーテーションを設置。アド
      バンスクラスでも、座席の左右にパーテーションを設置し、座席前後はカーテンで仕切る
      ようにした。加えて、シートピッチも1m以上に広げている。











      【日経トレンディネット】
       http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/040500003/040500013/
      【【バス】“個室仕様”夜行バスに乗ってみた、定員18人の理由。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/01/14(土) 17:38:24.12ID:oXzf/L620.net BE:993788992-PLT(13001)
      コメダ珈琲店

      @KomedaOfficial
       https://twitter.com/KomedaOfficial

      \Ms.コメダの魔法「チョコ色に染まれ!」/

      お待ちかね1月30日(月)より、コメダのチョコ祭りが開催されます!

      年に一度この時期にしか食べられない『クロノワール』もご用意!より
      パワーアップしたMs.コメダの魔法の全貌は近日公開お楽しみに 





      ・上場企業になり、全国チェーン展開してから、いつも大行列、入れない
      ・長居しても一切文句言われない
      ・おしぼりが分厚い、半端な分厚さではない、銀座の高級店並の分厚いおしぼり
      ・価格はメチャメチャリーズナブル
      ・店員の視線を一切感じさせない、居心地が良い、時間を忘れる
      ・喫煙者にも優しい、長時間いても排除しない
      ・名古屋喫茶店らしく、ピーナツ(豆菓子)が必ずついてくる、しかも美味い
      ・椅子に余裕がある、椅子が柔らかい、本当に心地よい
      ・スターバックスはとんでもない店
      ・お客様本位の基本が出来ている
      ・とにかく安い
      【【大流行】コメダ珈琲がスタバよりも圧倒的に優れてる理由10選wwwww】の続きを読む

        このページのトップヘ