現実 : まとめらいぶ

タグ:現実

1:まとめらいぶ 2021/03/17(水) 21:52:31.26 ID:qWrmh5oI0● BE:144189134-2BP(2000)
実際の地球

画像

no title

人間の目で見た地球

画像

no title

その理由は、この写真には人間の目を通していない
“無修正” の地球の色が写っているからなのだとか。
私たちの目には “水の惑星” として青く鮮やかに映る地球だが、
実際はこのように灰色の姿をしているというのだ。

【ロケットニュース24】

引用元: 日本の人工衛星ひまわりが撮影した現実の地球(画像あり)

(C)2015 - 2021 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2020/12/18(金) 13:43:34.82 ID:yJgZ5Ezf0● BE:723460949-PLT(14000)
晩婚化も「女性の結婚ピークは26歳」という現実

一口に結婚といっても、再婚と初婚があります。2018年でみると、成婚女性のうち、初婚女性は
38万2823人、再婚女性は7万3325人で、初婚女性が84%(約6人に5人)を占めます。

この38万人の初婚女性の平均初婚年齢は(夫が初婚・再婚のすべてを合わせて)29.4歳
となっています。女性の平均初婚年齢は2011年に29.0歳に達し、その後も上昇を続け、
2014年から29.4歳で固定的に推移しています。

さて、この平均初婚年齢の数字を目にした男女の非常に多くが「今の女性は30歳ぎりぎり
の駆け込み結婚をするんだな、晩婚化したもんだなあ」「最近は女性でも結婚するのは
普通29歳を過ぎるんだから。25歳なんてまだまだ早い」といった会話を平気でしている
のを筆者は耳にします。

上記のような会話で思い描いている29歳という年齢は「結婚する人が一番多い年齢」と
いうイメージではないでしょうか。そうであるとすれば、イメージは実態からは大きく
ずれているのです。

2018年の全婚姻届の集計値をみると、初婚女性38万人の結婚相手は初婚男性が88.8%、
再婚男性が11.2%となっています。つまり初婚女性のお相手は約9割が初婚男性です。
そこで、初婚女性と初婚男性との結婚について、女性の結婚年齢別に件数を可視化した
のが次のグラフです。

【画像】

no title

平均初婚年齢からイメージしがちな、一番多くの女性が結婚していそうな「婚姻件数が
最も多い年齢=結婚のピーク」を、統計上は最頻値(さいひんち)といいます。

このグラフからは、この最頻値は26歳であることがはっきり見てとれます。しかも、
26歳をピークに左右急角度な傾斜がついているため、26歳以降は1歳ごとに急激に
成婚しにくくなる様子も示されているのです。

もう1つの数字の図表を見てください。27歳までの初婚女性で、2018年に出された婚姻届
の48.5%に到達します。婚姻届を若い年齢順に積み上げカウントして、過半数に到達する
年齢を「結婚適齢期」と定義する場合、28歳では57.0%と約6割に到達してしまうため、
「初婚女性の結婚適齢期は27歳過ぎあたりである」と統計的には示されています。

30歳で71.1%と7割に、32歳で80.3%と8割に到達するため

「32歳までが勝負」

というところになります。

【東洋経済】
 https://toyokeizai.net/articles/-/396167

引用元: 【画像】晩婚化も「女性の結婚ピークは26歳」という現実

(C)2015 - 2020 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2020/02/01(土) 19:37:04.60 ID:Xl3muQ950
no title

おバカさんなんだ・・・

引用元: 【画像】加護(30)ちゃん「知的な女性になりたい」→ 現実www

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2018/07/23(月) 18:25:01.67 ID:CAP_USER9
予期された自然災害であっても、多くの人が取り残され、
危険を犯して救助しなければならない原因の一つは
すぐに逃げない老害たちの存在だ。

「うちは大丈夫」
「今までも大丈夫だった」
「できるだけ家から離れたくない」
「家が大事」
「土地が大事」
「めんどくさい」

避難勧告が何度繰り返されても、報道で危険と繰り返されても、
自分は大丈夫だと家に居座り続ける老害たち。

結果そうした老害たちが多く取り残され、やばい危険な状況で、
救助する側にも命の危険が伴う状況で、そんな
老害たちを救出しなければならない現実。

それが人災を拡大させ、救助を困難にさせ、被害を増やす元凶だ。

若い人はまだこの先の人生もあるし、何より命を大事にしたい。
家や土地にこだわりはない。

ネットやSNSで情報を逐一とりいれている人が多いので
危険察知はわりと早く避難にためらいがない。

でも老害たちは違う。

変に年齢を重ねているせいで「今まで大丈夫だったから大丈夫」みたいな論理で、
時代の移り変わりや、甚大な自然災害でも居座り続けてしまう。

逃げるか逃げないか判断は難しいし、結果論でしかないし、年齢に関係なく、
若い人でも危機意識のない人もいれば 高齢者でも危機意識のある人もいる。

でも老害が居座り逃げ遅れて結果救助が大変でそのせいで救助する側にも
危険が伴うといった人災は結構多いのではないだろうか。

歳を重ねたせいで今まで自分が経験したことでしか判断できなくなった老害たち。

今まで大丈夫だったからといってこれから大丈夫だとは限らない。

自分だけが死ぬならいいけど、避難をしないせいで
他の人にも迷惑をかけるような行動はやめてほしい。

台風や豪雨なのに川の様子や田んぼの様子みにいったりするのも
地震や津波の際に海の様子をみにいったりするのもたいがいは老害たちではないか。

危機意識をもって、何事はなかったとしても、早めに避難していれば、
いらぬ救助活動が減り人災を減らせるのではないか。

昔は年齢を重ねた方が経験値も豊かだったはずが最近はネットでの情報を
いち早くキャッチできるかみたいな能力で判断能力の差が出ている気がする。

自然災害という意味では、熱中症問題なんかもまさにそうで、俺たちの時代は
大丈夫だったから、おまえらクーラーなしでも我慢しろ、屋外の活動で
へこたれるなみたいな老害が多いのも人災のひとつ。

自然災害は他人事ではない。次の被災者はあなたです。

頑固で言うこときかない老害のせいで人災を拡大しないよう 早めの避難を心がけたい。

かさこ
2018年07月23日 06:57

【blogos】
 http://blogos.com/article/312704/

避難勧告

【イメージ画像】

引用元: 【西日本豪雨】自然災害でもすぐに逃げない老害たちのせいで人災が拡大する大迷惑な現実

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/05/06(金) 23:25:50.68ID:CAP_USER.net
【R25】
 http://r25.jp/money/00050328/?vos=nr25mn0000001

「ルックスで生涯年収に差が出る」。

デイリー新潮で、橘 玲氏の新著
『言ってはいけない 残酷すぎる真実』
のこのような内容が紹介され、ネット上で話題になっている。

それによると、経済学者のダニエル・S・ハマーメッシュが行った
「男女の見た目を5段階評価し、それぞれの収入を調べる」
という研究では、見た目の平均を3点とした場合、4~5点の
女性は平均女性よりも8%収入が多く、1~2点の女性は
4%少ない、との結果が出たという。

これを大卒の会社員の生涯賃金約3億円にあてはめると、平均より
美人な女性は約2400万円収入が多く、平均未満の女性は
1200万円少なくなる計算になる。

つまり美人と不美人の「生涯賃金格差」は、
3600万円にのぼるというわけだ。

これに対し、Twitterには、

「クソが」
「日本ならブスは美人より年収100万位は低い感じか.....
ブスは就活に向けてインターン行くより整形すべき」

など、希望を失う声がみられる一方で、

「もっと差があるんじゃないかと思ってたけど...(;・∀・) 」

と、現実はもっと厳しいのではという意見や、

「かわいいは今時作れるし、
そういう努力ができるのかできないのかの差じゃないのかな?」

という手厳しい声も…。

なお同書では、男性のルックスに関する研究も紹介。

シュー・ハーテンステイン『卒アル写真で将来はわかる』(文藝春秋)によると、
儲かっている会社のCEOの顔写真を見ているときのほうが、人間は感情が
動かされやすいことが明らかになっており、ルックスと経済的成功には
何らかの相関があるという。

ルックスに自信のない人にとっては、信じたくない研究結果…。

あなたはどう受け止める?

(花賀 太)

読書美女

【イメージ画像】
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ