タグ:猫

1:まとめらいぶ 2019/03/12(火) 17:11:26.96 ID:s7tmCzjO9
【朝日新聞デジタル】
 https://www.asahi.com/articles/ASM3B3CY0M3BTNAB001.html

 宮崎県内で最初にできた鉄道の駅、真幸(まさき)駅(JR肥薩線、えびの市)に現れる
野良猫たちを、地域の人たちがねぐらを用意したり、えさをやったりして世話をしている。
えさを食べ終えると、どこかに行ってしまう。駅名の通り「真に幸せ」な猫たちに見える。

 土曜日の朝。JR九州から「名誉駅長」を委嘱されている上熊須康(かみくますやす)さん
(78)が、山あいの小さな駅にやって来ると、どこからともなく現れた2匹の猫が
「ニャーニャー」と声高に鳴きながら近付いてきた。「ご飯ちょうだい!」と言っているようだ。

 肥薩線(熊本県・八代―鹿児島県・隼人)の全線開通の2年後、1911(明治44)年に
開設された真幸駅には、当時の面影を伝える木造の駅舎がある。現在は1日に上下線3本ずつ
しか停車しない無人駅だが、駅舎の雰囲気や折り返し式の線路「スイッチバック」などで鉄道
ファンには人気がある。えびの市内の住民らがボランティア団体「真幸駅友の会」をつくって、
駅舎の掃除をしたり、土日祝日に駅で地元産品の売店を開いたりしている。

 その会長の上熊須さんが、猫用の食器にカリカリのえさとカツオ節を盛ると、
2匹はガツガツと食べた。満腹になると、いすの下でうとうとし始めた。

 いずれもオスで、「クロ」「ミー」と名付けられている。
2年ほど前から現れ、上熊須さんが火曜と木曜にえさやりに来るほか、土日祝日には友の会の
メンバーがえさを食べさせる。もう1匹、「チャチャ」という名の猫も時折、姿を見せる。
えさ代は観光客らの寄付で賄っている。

 駅舎の軒下には、ねぐら用の段ボールや毛布が置いてある。猫が自由に出入りできるよう
駅舎の入り口は常に少しだけ開けてある。  

no title

no title

no title

引用元: 【動物】満腹でうとうと…無人の「真幸駅」に自由すぎる猫たち(画像あり)

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む


1
まとめらいぶ2017/03/08(水) 17:23:07.31ID:CAP_USER9.net
猫のパーシーさんは、トレーラードライバーのポール・ロバートソンさんの相棒だ。
いつも仕事中のポールさんとトレーラーで旅をしている。

 仕事中、ポールさんがオハイオ州で休憩したとき、パーシーさんの姿が見えなくなった。
ポールさんは大切な相棒失ったと思い、悲しい思いでトレーラーを走らせた。その後、
400マイル(約640キロメートル)程走行し、インディアナ州でトレーラーを
停車すると、パーシーさんが這い出してきた。なんと、400マイル走行する間、
トレーラーの下部構造にしがみついていたらしい。何はともあれ、
相棒が見つかってめでたしめでたし!

猫のパーシーさん



猫のパーシーさんと飼い主のトレーラドライバーのポール・ロバートソンさん



【産経フォト】
 http://www.sankei.com/photo/story/news/170308/sty1703080006-n1.html
続きを読む

1まとめらいぶ2016/04/15(金) 20:54:15.25ID:CAP_USER*.net
イギリスの外務および英連邦省に、猫が就職しました。

肩書きは「ネズミ捕獲長」です。





 ネズミ捕獲長になったのは、2歳の「Palmerston(パーマストン)」。

野良猫だったのを動物保護団体の
Battersea Dogs & Cats Homeに保護され、大抜てきとなりました。

同団体からは以前にも、首相官邸のネズミ
捕獲長として猫のLarryが引き取られています。

Palmerstonの仕事はネズミを捕まえることのほか、各国からの
来客へのあいさつや、近所の首相官邸に住むLarryとの交流も。

パトロールしているとき以外は事務次官のオフィスにいる予定です。

ちなみにPalmerstonという名前は、1850年代に
首相を務めた第3代パーマストン子爵にちなんでいるそう。

PalmerstonのTwitterアカウントも開設されており、
これからその働きぶりを見ることができそうです。

@DiploMog
 http://twitter.com/DiploMog









ねこらぼ
続きを読む

1まとめらいぶ2016/01/31(日) 20:17:21.26ID:CAP_USER*.net




画像を見て、誰もが一瞬「生きている猫の画像」だと思うだろう。
実はすべて羊毛フェルトで作られたものだ。

これらの作品を作っているのは、沖縄在住の羊毛フェルト作家ヒナリさん。
作品はツイッター、フェイスブック、インスタグラムに投稿している。

元々ハンドメイドが趣味で、
羊毛フェルトに取り組むようになったのは5年前からだそう。
最初は羊毛フェルトの本に掲載されていた
作品を作りながらスキルをあげていった。

やがて、ヒナリさんはブログ友達の猫をモデルに制作するように。
その制作過程をブログに投稿していたところ、
ブログを見た人から「うちの子を作って欲しい」
という依頼が舞い込むようになったのだという。

「見たままの可愛さを表現したい」
制作を依頼してくる人たちの背景には、
愛情を持って過ごしてきた猫たちへの思いが込められている。
今一緒に暮らしている猫にそっくりなものが欲しいと思う人、
そして愛猫を亡くしてしまったので、
もう一度会いたいという気持ちを抱えている人……。

ヒナリさんはそんな依頼者の人達の気持ちに応えるかのように制作している。
しかしリアリティを追求しているつもりはないという。

「ただ見たままの可愛さを再現したい一心で作っています。
自分の目で見て可愛いなと思う猫の姿を、私なりの表現で形にしているので、
中にはリアルには見えないと仰る方もおられます」(ヒナリさん)。

こちらは“本人”と羊毛フェルトの猫との2ショット。

自分の姿を不思議そうに見ている。



似せるために時間をかけて作る
一作品を作るのにかかる時間は、
モデルがない場合で全身を作るのに4、5週間。
モデルがいる場合は、本人に似せるという作業に
かなり時間を要するため、数ヶ月かかることもあるという。
「作る時は、猫を上下左右、斜めから観察して
立体の形をイメージしながら作っています」(ヒナリさん)。
ヒナリさんはこう話すが、ひとつひとつの「作品」を見ていると、
猫の瞳には命が灯っているようにも思える。

依頼者の愛猫への思いを受け止めて
思いを込めている様子がうかがえるだけに、
制作をお願いしたくなる気持ちもわかる気がする。

現在、個別のオーダーはお休みしている。
2016年の5月、9月に参加する2つの展示会に向けて制作中とのことだ。

IRORIO
続きを読む

1まとめらいぶ2016/01/27(水) 19:32:22.83ID:CAP_USER*.net
◆ ヒトラー似の猫『キトラー』

ネット上では猫が人気ですが、白と黒の模様で、かつてのドイツの
独裁者ヒトラーのチョビ髭のような模様を持つ猫が注目を集めています。

英語で子猫を表すキトン(kitten)とヒトラー(Hitler)をかけて、
キトラー(Kitler)と呼ばれています。

2010年にドイツで行われた研究では、白と黒の模様の猫は、
他の猫よりも強い放浪癖があり、家出するリスクが
高いという結果が出ています。

また、科学的裏付けはされていませんが、白黒猫は他の猫よりも
知能が高いという説や、他の種類の猫が白黒猫と一緒に暮らすと、
白黒猫の影響を受けて賢くなるという説があるそうです。

画像:





no title



世界核通信

nuclearpost
続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/18(金) 12:55:03.33ID:Uuveek0l0 BE:284465795-PLT(13000)


身体の半分の毛が無いネコの画像が海外のSNSで話題を呼んでいます。

先日、Redditでアメリカ人の男性がペットのネコの画像を公開したところ、
200万回以上の閲覧回数を記録するなど、驚くべき反響が返ってきたそうです。

男性は「俺のネコは手術をしたばかりで、パンツを履いていないんだよ」

という書き込みと共に画像を公開。

身体の半分を剃毛されたネコの可笑しな姿に、他のユーザーからは

「焼く前の七面鳥みたいな足をしてやがる」

「七面鳥とネコが合体した生き物のようだ」

「腹のあたりは俺にそっくりだな」

といったコメントが寄せられているそうです。

このネコがどのような手術をされたかは公表されていないそうです。

greatnews
続きを読む

1まとめらいぶ2015/11/20(金) 11:10:17.17ID:???*.net
さて前回、流動液体疑惑のある猫姿をお届けしたが(関連記事)、
液化現象はどうにも止まらないようで、新たなる事例が確認された。

このまま気化しちゃうんないの?
ってレベルで液化した個体もいるので、
ちょっくらちょいと見てみよう。







以下省略…

ガラパイア

(関連記事)
 猫、汁になる。
 あらゆる容器に流れ込む猫技「液体流動の術」発動

ガラパイア
続きを読む

↑このページのトップヘ