タグ:狙う

1まとめらいぶ2016/01/19(火) 10:34:37.02ID:CAP_USER.net
TBSが、4月から全国ネットのアニメ番組を13年ぶりに復活、子供向け
30分アニメ「カミワザ・ワンダ」(土曜・前7時)を放送することが決まった。

他メディアとの連携したプロジェクトで「子供が大好きなTBS」を推し進める。

 「カミワザ―」は、世の中の出来事はすべてがプロミンと呼ばれるモンスターの
おかげでプログラミング化されて動いており、身の回りで起こる不具合(バグ)は、
プロミンがバグ化した「バグミン」の仕業という世界観で進行。

主人公のユートが突然現れた宇宙犬ワンダと出会うことで様々なアイテムを
手にし、カミワザと呼ばれるプロミンの特殊な能力を駆使して
バグミンの捕獲に乗り出す。

 放送開始に先立ち、2月から「月間コロコロコミック」などでも連載開始、
玩具展開もはじまる。同局は、朝アニメならではのキッズ向け工夫で
子供たちの心をつかみ、かつ家族で楽しめる
アットホームな作品を目指すという。



Yahoo! ニュース
続きを読む

1まとめらいぶ2015/07/20(月) 21:43:13.10ID:wGfksLmn0.net BE:357092553-PLT(12000)
7月6日、Hondaで新社長に八郷隆弘氏が就任し、
記者会見を行った。同会見で八郷氏は
「英国製の新型シビックタイプRを、日本の顧客に向けて導入する」
と発表。

まだ日本での販売詳細が発表されていないものの、
先立って英国で発表された販売価格は、通常モデルが
29,995ポンド(570万円)、
GTバージョンが32,295ポンド(615万円)とかなり高額だ。

 Hondaの世界旗艦車とはいえ、シビック タイプRは従来、
とくにエントリーモデルに関しては気軽に入手できるスポーツカー
だったので、今回の新型Rはこれまでとは全く
違う形に生まれ変わったと言ってもいい。

工場内に開発・生産・購買の一体フロアを作り、
議論を重ねて生まれたという「シビック タイプR」には、
新社長スタートをして最初の真価が問われる重要な一台という
思いが込められているはずだ。

 そして、「シビック タイプR」のブランド力なら、
日本国内でも600万円前後という価格帯でも
十分行けると踏んだのであろう。

ZUU online
続きを読む

1まとめらいぶ2015/07/17(金) 23:12:17.23ID:*.net
7月2日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、
「キモいオッサン」をねらった盗撮が急増しているという新聞記事が
取り上げられた。若い女性が電車内などで、ネタになりそうな
中高年男性をスマホでこっそり撮影してSNSに投稿するのだという。

ターゲットは「薄毛」「デブ」といった見た目がネタになるオッサンや、
「ずっと見てくる」「車内でエロ画像を見ている」などのエロいオッサンが
代表的だが、それ以外にも罪のないオッサンらが多数
被害に遭っているようだ。

(文:みゆくらけん)

変な体勢で爆睡する姿を「ウケるー!」

たとえばバスの中でハンバーガーを食べているだけのオッサンや、
インナーを間違って着ているオッサン。日々の激務でヘトヘトになり、
帰宅途中の電車で変な体勢で爆睡しているオッサンの盗撮もある。

若い女性らはそれらの画像をSNSで不特定多数にさらし、
「ウケるー!」と笑いものにしている。この記事を受け、
コメンテーターの中瀬ゆかりは不快感を露わにした。

「遊びの延長でやってるけど、これだって名誉棄損。
勝手に人の写真を撮って、ボロクソ書いて全世界に撒き散らすわけだから。
『SNSのネタのためだったら』って、ネタありきでやってる」

普段は下ネタ炸裂で真面目コメントが少ない岩井志麻子も、
「私もネタのためなら体張るほうだけど、人様を巻き込むことはしない」
と珍しく真剣に怒りを見せた。

「道徳の基本の基本。
『自分がされて嫌なことは人にしてはいけません』
って、小学校で習うはずなのに」

中瀬はまた、
自分たちも「『キモいオバハン』というカテゴリーで
盗撮されてるかもしれない」と危機感を表し、
「ひとごとじゃない」と息巻いた。

「これが自分の父親だったら」と考えていただきたい

たとえば女性のスカートの中を盗撮するというのはわかりやすい犯罪だが、
「キモいオッサン」を盗撮することはイタズラ感覚で
犯罪意識が低くなるのだろう。
軽い気持ちで盗撮され、知らぬ間に笑いものにされている
中高年男性のことを考えたら心が痛む。

それでなくても日々頑張って働いているのだから、
あんまり苛めないであげてほしい。もしオッサンを盗撮したくなったら、
「この人が自分の父親だったら…」
と考えていただきたい。可哀想になって撮れなくなるはずだ。

キャリコネニュース

続きを読む

↑このページのトップヘ