『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.11.20

      1まとめらいぶ2017/11/04(土) 19:01:39.42ID:CAP_USER.net
      東北大学は11月1日、内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究
      開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジの一環として開発した
      「犬の情動をリアルタイム推定するサイバースーツ」(以下、サイバースーツ)を公開した。



      タフ・ロボティクス・チャレンジは、「タフでへこたれないロボット」の開発を目的と
      したプロジェクト。技術的に高度であっても限られた条件下でしか作業できない
      "ひよわ"なロボットではなく、災害現場などの緊急性が高く、悪条件な環境での
      活用が行えるロボットを開発している。

      「サイバースーツ」は、災害救助犬向けに開発されたもの。心電計測装置、慣性センサ、
      カメラ、マイク、GPSなどのセンサ、そしてセンサデータを記録/解析するオンボード
      コンピュータ(Raspberry Pi)と、インターネットに情報を送信する通信装置を搭載した。
      重さは約1.5kgで、救助犬に多い中型~大型犬が長時間装着できるように作られている。

      救助犬は感知した異変を吠えて知らせるが、「何を見つけたか」はすぐに確かめられない
      こと、また遠方から吠えて知らせた際、検知した正確な地点が分からないことなどが問題
      となっていた。こうした問題を解消するため、位置情報やカメラの映像をリアルタイム
      共有可能な機能を搭載した「サイバースーツ」を開発した。

      このたび発表された新機能は、心電計測装置と慣性センサの搭載によって、
      「サイバースーツ」を用いた救助犬の活性度、平たく言えば探査行動に対する"やる気"を
      測定するというものだ。これまでは飼い主の感覚に依っていた犬のコンディションの判断
      を客観的に行えるようになることで、救助犬の効果的な運用が見込まれる。

      犬の「やる気」測定の実現はハード・ソフト面双方から開発
      犬の活性度の推定に用いるデータは、心電計から得た心拍変動指標(HRV)と、慣性センサ
      の情報を融合したものとなっている。人工知能アルゴリズムで運動中の快/不快の情動と
      その信頼性を判定し、タブレット端末などにリアルタイムに表示する。

      計測データはネットワーク経由でクラウドサーバに登録。PCでクラウドサーバに
      アクセスし、機械学習で犬の情動変化を判定する。快/不快のどちらに情動が触れて
      いるかをグラフでリアルタイムに示すもので、快=やる気がある状態、不快=やる気
      を失っている状態と判断する。

      これまで、犬の心電をとるにあたり、正確な位置に電極をとりつけるには専門技術が
      必要で、また活動中は電極がずれてしまい計測は困難だった。今回、技術者でなく
      ても、インナーウェアの装着のみで皮膚に密着して電極を非侵襲で設置する方法、
      および活動中に電極が浮かないように固定する方法を開発した。

      会見では、開発に携わった麻布大 菊水教授の愛犬によるデモンストレーションが
      行われた。報道陣など知らない人が大勢いる状況で緊張していたためか、散歩
      しながらエサをもらう段になると急激に「快」の方向へ触れたものの、そうで
      ない時は常時グラフは「不快」方向へ触れていた。犬の様子とグラフの上下が
      リンクしているように感じられた。今後、救助犬などでの検証を行い、
      約2年後の実用化を目標としている。

      今回は救助犬の活用目的での技術開発だったが、「犬の気持ちを知りたい」という
      ニーズは大きく、玩具メーカーなどからそうした目的の製品も発売されている。
      ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ プログラム・マネージャーの田所諭
      教授は、「一般においても、ニーズがあれば展開していきたい」とコメントした。

      【マイナビニュース】
       http://news.mynavi.jp/articles/2017/11/02/impact_dog/
      【【技術】東北大、犬の"やる気"を測るサイバースーツ開発 】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/10/13(金) 20:21:27.88ID:CAP_USER9.net
      盲導犬を足で蹴っている動画がSNS上で拡散されている問題について、
      全国盲導犬施設連合会が加盟する8団体と連名で声明文を発表した。

      盲導犬を蹴った人物は判明しており、
      盲導犬育成団体から厳重に対処される予定だという。

      該当動画の撮影日などは不明。埼玉県和光駅のホームで撮影したとされる動画で、
      リードを持った男性が盲導犬の頭部付近を蹴り、
      その後歩きはじめる様子が写されていた。

      複数のSNSに転載されているとみられ、10月10日にTwitterに投稿された動画は
      2万5000RTを超えた他、500以上のリプライを集め注目を集めていた。
      リプライには「許せない」「早く助けないと」といった声の他、
      盲導犬関連団体へ連絡する動きもみられたという。

      全国には11の盲導犬育成団体があり、同連合会に加盟する8団体には当該盲導犬
      使用者はいなかったものの、加盟外の団体にも調査を依頼した。結果、加盟外の
      1団体から「お問い合わせいただいた件、該当者が当会卒業生であることが
      10月11日に判明いたしました。緊急に該当者と面談をおこない、状況を
      本人の言葉で確かめたうえで注意はもちろんのこと厳重に対処することになります」
      との報告を受けたという。

      盲導犬育成団体はそれぞれが独立して運営、訓練を行っているが、同連合会は
      「この件は関連する法律や、盲導犬訓練基準に照らしても、看過できない重要
      事項と受け止めている」としている。

      【Yahoo! ニュース】
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00000034-it_nlab-life

      追記:盲導犬は保護されました。

      当初より撮影者の動画をもとに事実確認を行っていた動物保護団体
      「RJAV被災動物ネットワーク」は、盲導犬の輩出団体から
      「盲導犬は虐待していたユーザーから引き揚げた。

      今後も当施設では提供しない」と連絡を受けたことを
      同団体のFacebookページ上で報告しました。

      Rescue Japanese Animal Victims
       https://www.facebook.com/RJAV.Net/posts/1895961217084659

      動画

      @zakuzaku4448
       https://twitter.com/zakuzaku4448/status/917704870391513088

      盲導犬

      【イメージ画像】
      【【社会】駅のホームで盲導犬を足蹴りする利用者が撮影される…人物特定、犬は保護。関連団体『看過できない』『厳重に対処する』 】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/01/15(日) 19:24:10.92 BE:902871952-PLT(12000)
      新素材の犬用スーツ 

      見た目は面白いけど、着心地は抜群

      【sunny days】
       http://blog.ssu.co.jp/topnews/2016/12/21/7568/

      【【画像】犬に全身タイツを着せてみたwwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/12/20(火)18:11:42lPO
      1 遊 ツヨイーヌ



      2 右 じいちゃんが連れてきたイヌ



      3 中 虚弱イヌ



      4 一 ガイジーヌ



      5 三 サソリーヌ



      6 左 アザラシーヌ



      7 二 豪雨散歩イヌ



      8 捕 カリカリーヌ



      9 指 ケーキーヌ



      P  ケイタイーヌ



      なお故・ヤマアラシーヌ外野手の通夜は明日行われる模様
      【【話題】よく見るイヌの画像で打線組んだwwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/03/17(木) 17:58:07.17ID:1/L+I8AL0 BE:342992884-PLT(13931)
      すべての足を失ったわんこ、黒いゴミ袋に詰められて捨てられる。

      “チチ”という名のゴールデンレトリバーの血が入ったわんこは、
      韓国の犬肉市場で生まれ育った。

      お客に買ってもらうため、足を縛られて吊り下げられる日々。

      結果、足が4本とも腐ってしまい、黒いゴミ袋に詰められて
      捨てられるところを、米国の動物保護団体ARMEが救出した。



      米放送局CBSなどによると、わんこはほとんど瀕死の状態だったが、
      獣医の外科的手術によって一命を取り留めることに。

      足を4本とも失ってしまったが、
      米アリゾナ州フェニックス在住のハウエルさんの家族が里親になろうと申し出た。



      保護団体ARMEのトップであるキースさんは、次のように語っている。

      「韓国では肉の味が良くなると言って、肉として売る直前に、
      生きている犬をひどく虐待することで値をつり上げたりするのです。

      チチもまた同じようにひどい目に遭ったはずですが、彼女は生き残った。

      そしてしっぽを振って笑ってくれるんです。

      とても人なつっこくて、手術をして足を失ったにもかかわらず、
      すぐに歩き始めていました」







      手術から2か月後、チチはアメリカのハウエルさんの家にやって来た。

      階段は上れないが、裏庭の芝生を楽しそうに駆け回るなど、
      穏やかな生活を始めたという。ハウエルさんは「チチは特別な犬です。

      恐ろしい目に遭ったというのに人間のことをとても愛してくれる。

      いつか、身体を切断しなければならなくなった軍人や子どもを力づけてくれる、
      セラピードッグとして働くことができると考えています」とコメントしている。



      ナリナリ ドットコム
      【【悲劇】『すべての足を失ったわんこ』黒いゴミ袋に詰められて捨てられる】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/02/08(月) 08:25:24.27ID:DQ5R6fpO0.net BE:837857943-PLT(12931)
      寒い時期になると見かける機会が増える「犬の服」。

      寒さを防げて快適!に思えるのは人間だけで、
      犬にとって効果はビミョウなのはご存じでしょうか?

      犬の体温は平熱でも38℃ほどと高いのに加え、からだには体温調節のための
      汗腺・エクリン腺がほとんどない暑がり体質、夏に服を着せると熱中症になる
      可能性が大幅にアップしキケンです。冬に着せても「耳」の温度が高くなるだけで、
      「おなか」はほとんど変化なし… 

      厳寒の地でない限り、服を着せても意味はなさそうです。

      ■ オーバーヒートしやすい「犬」

      「犬には汗腺(かんせん)がない」

      「犬は汗をかかない」

      と言われていますが、これは半分マチガエで、

      ・ 体温調整の汗 … エクリン腺(せん) … 足の裏や鼻の頭などに限定

      ・ においの汗 … アポクリン腺 … 全身

      から生まれた誤解。走り回ったあとにハァハァするのは舌や口からの気化熱に
      よって体温を下げるためで、全身汗まみれになることはありません。

      汗っかきをコンプレックスに感じているひとにとってはうらやましい話でしょうが、
      同時に体温調整が苦手の意味でもあります。

      加えて犬の体温は37.5~39℃と高く、犬種によって
      差があるものの、全般的に「暑がり」な動物なのです。

      【ねたリカ】
       http://netallica.yahoo.co.jp/news/20151218-07587770-mynavis

      【【動物】犬に『服』無駄と判明】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/01/15(金) 18:27:25.20ID:CAP_USER.net
      茨城県警の嘱託警察犬にトイプードルの「アンズ」(雌、3歳)が選ばれ
      15日の嘱託式で、警察犬章のメダルを授与された。

      飼育放棄されて殺処分になるところを引き取られ、審査会で合格した。
      嘱託期間の1年間、行方不明者の捜索や犯人捜査で活躍する予定だ。

      アンズは生後間もない2013年春、県動物愛護推進員で警察犬の指導もしている
      茨城県東海村の鈴木博房さん(65)に保護された。

      当初は最低限のしつけを受けるだけだったが、鈴木さんが一緒に飼っていた
      シェパードの訓練に興味を示し、ともに訓練を受け始めた。

      写真:茨城県警の嘱託警察犬に選ばれたトイプードルの「アンズ」



      共同通信
      【【イッヌ】『トイプードの警察犬』殺処分免除、審査に合格。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/12/26(土) 13:27:48.69ID:kf8q9qyQ0 BE:284465795-PLT(13000)
      イギリス北ノーフォーク地方で、
      散歩中の男性が100メートルの高さの崖から
      落ちそうになっていたコリー犬を命がけで救出しました。

      no title

      その日、デレック・ショウさん(54)は奥さんのアンさんと散歩していました。
      すると、崖の下の方から人々が叫ぶ声が聞こえます。デレックさんがのぞいてみると、
      崖っぷちから約2メートル弱のところにコリー犬がいるのが見えました。
      崖は約100メートルの高さ。落ちたら確実に命はありません。

      コリー犬はわずかなでっぱりにかろうじて立っている状態でした。

      デレックさんは、崖に腹ばいになり、腕を伸ばして救出にかかりました。

      これを見た通りがかりの旅行者たちも、デレックさんの足をつかんで、
      デレックさんの安全を確保します。デレックさんが犬の首輪に手をかけると、
      みんなでデレックさんの体を支えて犬を引き上げ、救出成功。

      これらの写真は、救出作業に協力した男性の奥さんが撮影したものです。

      このコリー犬、名前はミリーといい、この救出劇前日に他の犬に驚いて
      飼い主のもとを逃げ出してしまっていました。デレックさんたちは警察に連絡し、
      ミリーは無事に飼い主のもとに戻ることができました。





      hellfire
      【【画像】崖から落ちそうになっていたイッヌを、散歩中の男性が救出。】の続きを読む

        このページのトップヘ