『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      燃費

      1まとめらいぶ2017/07/12(水) 19:21:39.56ID:CAP_USER9.net
      スズキは2017年7月12日、コンパクトカー「スイフト」に電動走行も可能なフル
      ハイブリッドシステムを搭載したモデルを追加し、販売を開始した。

      ■ スズキ独自の軽量・小型・高効率なハイブリッド機構

      今回スイフトに採用されたハイブリッドシステムは、「オートギヤシフト(AGS)」と
      呼ばれるシングルクラッチ式ATに、発電も可能な駆動用モーターを組み合わせたスズキ
      独自のもので、2016年11月に登場した「ソリオ」のフルハイブリッドモデルから導入が
      進められている。これまでにも、スイフトにはマイルドハイブリッド機構が搭載される
      グレードは設定されていたが、フルハイブリッドシステムの採用については今回が初と
      なる。

      組み合わされるエンジンは1.2リッターのガソリン自然吸気で、状況に応じて駆動用モー
      ターが走行をアシスト。クリープ状態や約60km/h以下での一定速走行時には、エンジン
      を止めての電動走行も可能となっており、1tを切る車重とも相まって、JC08モード計測
      で32.0km/リッターという燃費を実現している。また、100Vの高電圧リチウムイオンバ
      ッテリーについては荷室床下に搭載。スイフトのボディーサイズや室内空間はそのまま
      にフルハイブリッド化をかなえているという。

      また、搭載に際してはスイフトの持つスポーティーなキャラクターに合わせ、クラッチの
      切り離し時間を短縮するようAGSの変速制御をチューニング。シフトパドル操作時にはさ
      らに切り離し時間を短くし、スピーディーな変速とスポーティーなシフトフィールを実現
      している。

      走行モードは「標準モード」と「エコモード」の2種類で、後者では停車からの発進時な
      どでより頻繁にEV走行を行い、燃料消費を抑制するという。

      内外装の違いによる差別化も図っており、クロームメッキの加飾付きフロントグリルや、
      ブルーの加飾を施したシフトノブ、ブルーイルミネーションのメーターを採用。エンジン
      回転計の内側には、モーターの作動状態を表示するモーターパワーメーターが搭載される。

      グレードは「ハイブリッドSL」と「ハイブリッドSG」の2種類。前者には自動緊急ブレー
      キや誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、
      ヘッドランプのハイビーム/ロービームを自動で切り替えるハイビームアシスト機能、
      シフトパドルなどが搭載される。

      価格は以下の通り。

      ・ハイブリッドSL:194万9400円
      ・ハイブリッドSG:166万8600円

      【web CG】
       http://www.webcg.net/articles/-/36735

      画像













      【【自動車】『スズキ・スイフト』に燃費32.0km/リッターのハイブリッドモデルが登場】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/01/31(火) 22:13:04.30ID:CAP_USER.net
      【日本経済新聞】
       http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD31H6F_R30C17A1TJC000/

      三菱自動車は31日、2017年3月期の連結営業損益が10億円の黒字になりそうだと発表した。
      1383億円の黒字だった前期は下回るものの、従来予想(276億円の赤字)からは盛り返す。
      円安進行で輸出採算が改善するうえ、資本提携する日産自動車の損益管理の手法を
      用いたコスト削減なども利益を押し上げる。

       売上高は17%減の1兆8900億円と従来予想を500億円上回る。
      最終損益は2020億円の赤字(前期は725億円の黒字)と
      従来予想の2396億円の赤字から縮小する。

       増益要因で大きいのはコスト削減など169億円に達する経営効率の改善効果だ。日産を
      ベンチマークにして購買費を減らしたり、為替変動に合わせて販売地域を変えたりした。
      同日記者会見した池谷光司副社長は「日産流で経営情報を月次で素早くつかみ、
      採算を重視して機動的に動けた結果だ」と強調した。

       円安も117億円の増益要因となった。16年10月~17年3月の想定為替レートは
      1ドル=109円と従来より9円円安方向に見直した。

       世界販売台数は12%減の92万1000台と従来より1万2000台下方修正する。
      日本は従来より増えるが、北米や欧州など海外販売の減少が大きい。

       2月以降に「RVR」や、プラグインハイブリッド車(PHV)の「アウトランダー」の新車を
      発売し、反転攻勢に出る。池谷副社長は「回復基調を18年3月期につなげ、
      業績のV字回復を確実にしたい」とする。

      薄暮時期

      【イメージ画像】
      【【自動車】三菱自、今期の営業益10億円の黒字に!日産流のコスト削減で利益押し上げ。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/12/08(木) 18:30:29.37ID:CAP_USER.net
      【Yahoo! ニュース】
       http://bylines.news.yahoo.co.jp/kunisawamitsuhiro/20161208-00065275/



      アメリカで燃費の認定を行うEPA(環境保護庁)は、現代自動車の新型ハイブリッド車
      『アイオニック』の燃費を発表した。驚くべきことに歴代モデルの中で最も優れた数値の
      新型プリウスを凌いでおり、トヨタに衝撃を与えている。御存知の通りプリウスはトヨタを
      代表するECOカーであり、4世代20年間にわたり燃費を追求してきた。


      ちなみにアメリカ仕様の新型プリウスの燃費は23,9km/L。日本のJC08モードでは
      37,2km/Lながら米国は実燃費に近い数字でないと訴えられる。プリウスのユーザー
      なら23,9km/Lが実際の燃費に近い数字だと理解していただけることだろう。
      EPAが認定したアイオニックの燃費は、プリウスと同じ計り方で24,7km/Lに達した。

      わずか0,8km/Lと思うだろうけれど、今までプリウスに匹敵するEPA燃費のクルマは皆無。
      ホンダを始め、フォードや現代自動車、VWなどもハイブリッド車を開発しプリウスに追い
      つこうとしたのだけれど、勝負にならなかった。しかも新型プリウスは先代プリウスから
      一段と燃費を改善してきただけに衝撃は大きい。

      燃費だけで無く加速性能でも勝る。ヨーロッパの雑誌の計測によれば停止状態から
      100km/hに達するまでのタイムはプリウスの10.8秒に対しアイオニック10.4秒。
      プリウスの大きな不満点の一つが「動力性能の低さ」ということもあり、
      これまたリードされてしまった。プリウスの優位性が薄れたことは間違いない。

      トヨタはハイブリッドを基幹技術として扱ってきた。1997年から20年間も燃費技術を
      磨き込んできたのに、後から出てきたアイオニックに抜き去られている。次世代モデルは
      大きく引き離される可能性が出てきた。ただでさえアメリカ市場に於けるプリウスの売れ
      行きは急激に落ち込んできた。アイオニックの登場で決定的になりそうだ。
      【【クルマ】『プリウス』新型の韓国車に燃費でも性能でも負けたwwwww】の続きを読む

        このページのトップヘ