タグ:激怒

1:まとめらいぶ 2019/05/18(土) 20:16:11.972 ID:g9SOBnQo0
ラーメン屋じゃよく見る光景

no title

引用元: 【画像】ラーメン屋が激怒!うちの店は「集英社の許可」を貰ってやっているんだと主張しあの人気キャラを…

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2016/11/26(土) 15:00:59.83ID:CAP_USER9.net
【Yahoo! ニュース】
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161126-00000012-nkgendai-life

世界最大の米日用品メーカー「P&G」が、自社の消臭・芳香剤
「ファブリーズ」と伊豆諸島の特産品「くさや」を“対決”させるCMを
制作し、地元民から怒りを買っている。

問題となっているのは、昨年からウェブ上で公開されている
「究極対決 ファブリーズVSくさや」。「くさや」のみのボックスと「くさや」と
「ファブリーズ」が入ったボックスが用意され、“出演者”がにおいを
嗅ぎ分けるというもの。「くさや」を嗅ぐシーンでは、被験者たちが顔を
背けてムセながら「えっ、スゴイ臭い」「何コレ」「くっさいですね」と不快感を
あらわにすると、「あまりの臭さに阿鼻叫喚の地獄と化すラボ内」という
オーバーなナレーションが流れる。

一方、ファブリーズが置かれたボックスに場面が変わると、
「全然におわない」「こんなに消えるんだ、スゴイ」と先ほどとは打って変わり、
次々と称賛の声が上がる。

「かくしてファブリーズはくさやのにおいに打ち勝つことができた。検証成功。
ファブリーズの勝利」と締めくくられている。

まるで「どーだ」と言わんばかりの演出で、あまりにも悪ノリが過ぎるのだが、
このウェブCMが「わかりやすい」と評判になったため、10日ほど前から
テレビでも違うバージョンのCMを開始したという。ところが、このCMに
「くさや」の産地がカンカンになっているのだ。

八丈島の八丈町議会議員の岩崎由美氏が地元民の気持ちを代弁する。

「漁師や生産者はもちろん、くさやを好きな人が見たらどう感じるか、
ショックで悲しむのが分からないのか、それを考えずに作っているようにしか
思えません。くさやは生産者や島の住民にとっては欠かせないソウルフードです。
300年以上にわたって守り継いできた伝統食を、こんなくだらない演出で
侮辱するのは許せないと言っています。地元の貴重な産業にどれだけの
影響力を及ぼすか、想像できないのでしょうか。意図はなくても結果として
おとしめています。お客様相談室にメールを送ったら、『今後CMを制作する際の
参考にさせていただく所存です』という返答でした。同じようにブルーチーズを
箱に入れて検証したら、世界中からクレームがくるはずです」

P&Gの広報担当によると「CMを打ち切るかどうかは分かりません。
社内でもこの表現についてどのように対応していくべきか、検討が始まったところ」
というが、さっさと打ち切った方がいい。

“究極対決”と銘打った「ファブリーズ」のテレビCM


続きを読む

1まとめらいぶ2016/05/14(土) 21:51:23.31ID:p3wzQ7CO0
画像








上海ディズニーがプレオープンしていますが、ハンバーガーセット80元(1300円)、
ミートパイ1コ25元(400円)などあまりにも高過ぎると話題に。 

@kerotto
 https://mobile.twitter.com/kerotto/status/731338114388529152
続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/01(火) 21:05:45.88ID:fIOt3Vdw0 BE:472367308-PLT(16000)
人気雑誌が大々的に
「カレーハウスCoCo壱番屋」(以下 ココイチ)の特集を掲載し、
物議をかもしている。

その特集の内容が、ココイチを猛烈に批判する内容だからである。

誌面にはハッキリと
「高くてまずい」「コスパ最悪」「どうして潰れないのか意味不明」
と書かれている。

・ 8ページの特集として掲載
そんなココイチの批判記事を掲載しているのは、
人気雑誌「実話BUNKAタブー」(コアマガジン)。

8ページも紙面を割いてココイチを批判する特集を掲載。

そこには、以下のような文が掲載されている。

・ 記者のコメント

「保存食臭」
「高いしまずい」
「高くてまずくて、どうして潰れないのか意味不明すぎる」
「油焼けした貧乏人ソーセージ」
「安くても食べたくない味なのにすごく高い」
「うま味はないのに臭みはあります」
「カラオケ屋で食べたことある感」
「100円ショップの練り物っぽい」

・ 食感も最悪キモキモ

特にフライなどの具に不快感を感じているようで
「体積の半分以上がコロモ」や「まるで駄菓子のビッグカツ」とも
コメントしている記者。

いちばんまずかったというキノコカレーに対しては
「劣悪きのこ」「食感も最悪キモキモでした」と痛烈に批判している。

・ 興味がある人は読んでみよう

内容は厳しい批判となっているが、
記者がしっかりすべてのココイチメニューを食べて
感想を書いたものであり、そのあたりは評価。

この特集は、現在発売中の
「実話BUNKAタブー」(2016年4月号)
に掲載されている。

Buzz Plus News














続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/28(月) 23:31:40.74ID:*.net
女子小学生がお年玉の開封動画をYouTubeに掲載し、炎上状態となっている。
彼女はいろんな人たちからもらったお年玉をひとつの封筒に入れ、総額を発表。
どうやら、その行為が視聴者の怒りに触れたらしい。

・視聴者の嫉妬心に火をつけた
動画の内容は非常にシンプル。女子が封筒に入ったお金をカメラに向かって
見せるというもので、視聴者を煽ったり、ネガティブな要素があるわけでもない。
しかし、その金額が高額だったことから、多くの視聴者の嫉妬心に火をつけて
しまったようだ。また、お金を自慢しているかのような行為が
下品に見えている人もいるようだ。

・怒りの声が投稿され続けている
このお年玉の開封動画は、2014年1月のものであり、すでに1年以上前の
出来事なのだが、いまだにポツポツと怒りの声が投稿されている。
たとえば、以下のような声が出ているようだ。

・視聴者たちの声
「は? 自慢すんな」
「紹介する意味なくない?」
「俺は3000円しか貰えなかったんだからな」
「どう見ても自慢としか思えませんよ」
「いまの歳なら友達とかとあそべ‼︎」
「子供が五万近く貰って何に使うん」
「どう見ても自慢です」
「こんな小さい子に あんな大金」
「動画にだすのはすこし理解に苦しみます」

・女子は視聴者に反論
視聴者の怒りに対して女子は「ただの嫉妬だと思えばいいのですね」
「自慢ではないです。自慢といちいち言うなら、見なければいい話です」
と反論している。皆さんは、この動画に関してどのように考えるだろうか?

画像



動画

 

Buzz Plus News
続きを読む

↑このページのトップヘ