1まとめらいぶ2017/01/24(火) 17:46:48.83
17歳女性との淫行疑惑報道を受け、活動自粛を表明したお笑い芸人・狩野英孝を起用した
宮城県復興推進課が発行する広報紙「NOW IS.」の表紙画像が、宮城県の復興情報
ポータルサイトHPなどから削除されたことが24日、わかった。

 同紙は、被災地以外の地域に伝わりにくい宮城県内の復興状況や復興に取り組む
人々の「今」を紹介する広報紙。狩野は最新号となる9号(1月11日発行)に登場。
海をバックに足を組んで座り、微笑みを浮かべている写真で表紙を飾った

 また狩野は利府、塩竃地区の漁港やカキ小屋などを巡り「宮城にはおいしいものが
たくさんありますね。県外の人も食べに来て欲しいなぁ」とコメントしたり、震災の記憶が
薄れつつあることに「宮城県出身のタレントとしてできることを地道にやっていきたい」
とインタビューに答えている。

 宮城県が運営する「みやぎ復興情報ポータルサイト」HPでは、トップページバナー
部分に本来あるはずの表紙写真を差し替え「NOW IS. in塩竃・利府」という
文字だけの表紙とした。

 震災復興本部関係者はデイリースポーツの取材に対し「先日の会見を受け、
メディア出演を自粛されるということで、一番目立つ入り口部分は、表紙写真から
(文字だけのものに)変えました」と説明。

 ただ復興の現状を伝える情報紙という性質から、HPで記事を削除したり、
すでに配布済みの1万部を回収することはしないという。

【デイリースポーツオンライン】
 https://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/24/0009857065.shtml

【【芸能】『淫行疑惑報道』狩野英孝画像が宮城県HPから削除!】の続きを読む