消える : まとめらいぶ

タグ:消える

1:まとめらいぶ 2021/04/06(火) 13:30:41.93 ID:QDQ/4pOk0● BE:373518844-PLT(15931)
東京都渋谷区の宮下公園は、昨夏に商業施設
「MIYASHITA PARK(ミヤシタパーク)」としてリニューアル・オープン。
様々な飲食店やブランドが立ち並ぶ、都内の新名所となった。

(略)

no title

かつて宮下公園には、多くのホームレスの人々が生活していた。
それが不法占拠であるとのことで対応がとられると、公園から排除された
ホームレスの人々や支援団体の関係者らが抗議を展開してきた。

その後も、施設の直下に当たるJRの上渋谷架道橋下にて、
歩道での路上生活を続ける人々がいた。

(略)

no title

その人々はガード下を去っていき、昨年の取材時には男性一人のみとなっていた。
先週に当サイトに寄せられた情報によると、この男性がいつの間にか姿を消したというのだ。

(略)

男性が寝泊まりしていた場所からは段ボール等が全て撤去され、周辺と同様に鉢植えと
三角コーンが並べられていた。背後の壁面に貼られていた支援団体による貼り紙は
剥がされており、壁面も黒く塗りつぶされた。長年にわたって段ボールが置かれていた
地面にその一部が付着しており、生活の場であったことの唯一の痕跡となっている。

(略)

no title

渋谷区役所の生活福祉課に尋ねたところ、当該の男性に関する詳細は個人情報に関わるゆえ、
伝えることができないという。男性が現地を離れたのは昨年末であり、何らかのトラブルが
あったわけではないとのことだ。その後の消息も把握しており、現在は安全な場所で
生活しているそうだ。高齢だが、健康状態も悪くないという。

(略)

だが、ホームレス支援団体の関係者らは、ミヤシタパークの現状は不当であるとして
抗議活動を続けており、一連の問題は「終わった」とは言えない。

記事全文とそのほかの画像一覧

【探偵ファイル】
 https://tanteifile.com/archives/25341

引用元: ホームレスたちを排除して造った渋谷のミヤシタパークから路上生活者「最後の一人」が消える(画像あり)

(C)2015 - 2021 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/03/11(土) 12:25:55.89ID:CAP_USER.net
【乗りものニュース】
 https://trafficnews.jp/post/65954/



コインパーキングで近年、「ロック板」を廃止した方式が増えています。
どのように不正利用を防止し、そしてなぜそれが広がりつつあるのでしょうか。

不正の言い逃れはできない「ロック板なし」
 近年、ロック板(フラップ)を廃したコインパーキングが少しずつ増えています。
もちろん、出入口のゲートもありません。

 無防備すぎるように思えますが、不正に利用されるおそれはないのでしょうか。
駐車場のシステムを手掛けるアイテック(東京都文京区)に、誕生の背景を聞きました。

コインパーキングのロック板は、そもそもどういうものなのでしょう。
 駐車するとそのロック板が跳ね上がり、料金を精算すると下がって
出庫できるようになるというものです。それまでは駐車場の入口で
駐車券が発券され、出口で精算する「ゲート式」が主流でしたが、
処理に時間がかかりクルマが詰まりやすいことから、1台1台
出入りを管理できる「ロック板式」が広まっていきました。

ロック板をなくして、不正に利用されるおそれはないのでしょうか。
 確かに、料金を払わずに出庫することは容易です。しかし、駐車マスに埋設された
センサーで車両を認識し、マスの奥に立つポールに取り付けられたカメラで
車両のナンバーを記録することで、出入りを管理しています。
また、場内全体を見渡す監視カメラで、全体の出入り状況も随時記録していますので、
不正の証拠を把握して、あとから料金を請求します。言い逃れはできません。

導入の背景に「ロック板式」の問題点

仮に不正するとどうなるのでしょうか。
 不正に出庫したクルマを、すぐ捕まえて料金を請求するわけではありません。
ナンバーや不正の証拠は把握しているので、そのクルマが全国にある同方式の駐車場に
再び入庫した際に、警備員が未払いぶんの支払いを促す紙をクルマに貼ります。
紙を貼られた人は、その場の精算機で支払うこともできますが、請求書の発行を
申し出て後日、支払い手続きを行うことも可能で、実際には後者のケースが多いです。

なぜこうしたシステムを開発したのでしょうか。
 最大の目的は、ロック板による事故やトラブルを避けることです。ロック板は、
精算から一定の時間内に出庫しないと再び跳ね上がりますが、たとえば、料金の精算後に
車内で電話していて、それに気づかず発車し、クルマが破損してトラブルになるケースが
あります。また、乗降の際にロック板でケガをしたという人も多く、当社が実施した
ロック板式駐車場に関するアンケート調査では、20パーセント以上の人が
なんらかのトラブルを経験していました。

「ロック板なし」は増えているのでしょうか。
 当社はこの方式を2009(平成21)年に業界で初めて開発し、現在、全国2300弱の
駐車場に導入されています。お話しした通り、ロック板式はクルマが破損するような
トラブルもあり、時に深刻なクレームが寄せられます。一方でほとんどの利用者は、
料金をちゃんと支払いたいという意思を持っています。利用者の「事故」を
避けたいと考えている駐車場運営者に選ばれているのだと思います。

※ ロック板のない駐車場には、不正利用を防止するよりも、まずトラブルを避ける
  という意図がありました。一面では、利用者との信頼関係で成立している
  方式ともいえそうです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ