タグ:求める

1まとめらいぶ2017/11/29(水) 16:25:10.88ID:CAP_USER9.net
ワイファイを目当てに毎日のようにかすみ丸の事務所に
現れる高校生たち=兵庫県香美町香住区境

「三姉妹船長」で親しまれ昨年11月に営業を終了した兵庫県香美町の遊覧船
かすみ丸の事務所に、毎日のように高校生らが集まっている。暗がりで段差に
腰掛け、スマートフォン(スマホ)を操る姿は、都会のコンビニ前でたむろす
る若者のようだが、実は、地方の若者にとって切実な通信事情が背景にあった。
(黒川裕生)

 今月下旬の午後7時ごろ、人通りのない漁港の一角に数人の若者が座り込ん
でいた。恐る恐る声を掛けると、「こんばんは」と意外と礼儀正しい。何をし
ているのか尋ねると「スマホにここのWi-Fi(ワイファイ)を使わせても
らってるんですよ」という。地元の香住高校の寮生たちで、寮にワイファイが
ないのだそう。

 通常の通信だとデータを使いすぎてしまうため、無料で使えるワイファイは
スマホ利用者には必須の設備。都市部には飲食店やコンビニなどあちこちに設
けられているが、地方では利用場所を確保するのはなかなか難しい。

 かすみ丸の事務所では数年前、乗船客向けに無料ワイファイを整備。事務所
内に入らなくても建物の近くに行けば使えることから、同校の寮生たちが利用
するようになった。それを知った初代「三姉妹」の長女で、かすみ丸社長の山
口都子さん(67)が、営業終了後もワイファイを残したのだ。「お金はかか
るけど、よその土地に来てやりたいこともできないなんてかわいそうだから」
と山口さん。

 学校帰りや夕食後に訪れ、動画などを楽しむ。多い時は10人ほどが集まり、
休日には朝から訪れる寮生もいる。「ここがないと生きていかれへん。本当に
助かってます」と同校3年の栗林佑宇さん(18)。

 近くの公共施設には無料ワイファイが使える場所があり、当初は利用を試み
たが、周囲の厳しい視線を受けて“退散”。そんな中、快く受け入れてくれたか
すみ丸の事務所は、寮生らにとって唯一の希望だ。

 山口さんは今も換気などで事務所に通う。「冬の寒い日に、ガタガタ震えな
がらスマホをいじっているのが気の毒で」と暖房をつけて中に入れたことも。
「ごみも散らかさんし、なんちゃ問題ない。事務所がある限りはワイファイも
続ける。どんどん使ったらいい」

【遊覧船かすみ丸】1949年、山口武雄さん(故人)が創業。その後、山口
さんの娘3人が跡を継ぎ「三姉妹船長」として全国的に有名になった。近年は
孫娘も船長となって営業を続けたが、昨年11月30日、67年の歴史に幕を
閉じた。

【神戸新聞NEXT】 
 https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201711/0010770055.shtml
続きを読む

1まとめらいぶ2017/08/08(火) 20:13:02.21ID:CAP_USER.net
「ゼリア新薬」新入社員が研修帰宅中に自殺

【日テレNEWS24】
 http://www.news24.jp/articles/2017/08/08/07369336.html

 大手製薬会社「ゼリア新薬」の新入社員の男性が、新入社員研修中のパワハラなどが
原因で自殺したとして、遺族が、ゼリア新薬などを相手取り、損害賠償を求める裁判を
起こした。

 自殺したのは、当時22歳だったゼリア新薬の新入社員の男性で、2013年5月、
新入社員研修中に精神疾患になり、帰宅途中に自殺し、労災認定を受けた。

 研修で男性は、講師から同期の前で過去のいじめについて告白するよう強要されたり、
「吃音(きつおん)」を指摘されたりしたことが心理的負担となり自殺したということ
で、遺族は8日、「ゼリア新薬」と、研修を実施した「ビジネスグランドワークス」や
講師を相手取り、約1億510万円の損害賠償を求める裁判を東京地裁に起こした。

 研修を実施した「ビジネスグランドワークス」は、「全く弊社に落ち度はない」と
コメントしている。

帰宅

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2015/11/18(水) 21:52:11.65ID:???*.net
<学生アルバイト>

7カ月間無給で働かされる…

仙台のバー

毎日新聞

無給で7カ月間働かされ、赤字の穴埋めも求められたとして、
仙台市のバーでアルバイトをしていた20代の男子大学生が18日、
未払い賃金など計約210万円の支払いを男性経営者に求める
労働審判を仙台地裁に申し立てた。

代理人の太田伸二弁護士は
「労働法の知識の乏しさにつけ込んだ『ブラックバイト』
の典型」と指摘した。ブラックバイトに関する労働審判申し立ては異例という。

申立書によると、学生は昨年4月から同市青葉区国分町のダイニングバーで、
時給750円の契約で1日9時間、週3回勤務していた。
スタッフは経営者と学生の2人だった。

経営者から同9月、「賃金は歩合給にする」と通告され、8月分から
賃金が支払われず、赤字の穴埋めも要求されるようになった。
今年2月に退職したが、穴埋め名目の要求額は196万円に上り、
うち10万円を支払ったという。

学生側は「穴埋め分を『親戚にも支払ってもらう』などと言われ退職できず、
長時間労働で学業にも支障が出た」と訴えている。

Yahoo! ニュース

ブラックバイト

【イメージ画像】
続きを読む

↑このページのトップヘ