殺到 : まとめらいぶ

タグ:殺到

1まとめらいぶ2016/01/31(日) 20:17:21.26ID:CAP_USER*.net




画像を見て、誰もが一瞬「生きている猫の画像」だと思うだろう。
実はすべて羊毛フェルトで作られたものだ。

これらの作品を作っているのは、沖縄在住の羊毛フェルト作家ヒナリさん。
作品はツイッター、フェイスブック、インスタグラムに投稿している。

元々ハンドメイドが趣味で、
羊毛フェルトに取り組むようになったのは5年前からだそう。
最初は羊毛フェルトの本に掲載されていた
作品を作りながらスキルをあげていった。

やがて、ヒナリさんはブログ友達の猫をモデルに制作するように。
その制作過程をブログに投稿していたところ、
ブログを見た人から「うちの子を作って欲しい」
という依頼が舞い込むようになったのだという。

「見たままの可愛さを表現したい」
制作を依頼してくる人たちの背景には、
愛情を持って過ごしてきた猫たちへの思いが込められている。
今一緒に暮らしている猫にそっくりなものが欲しいと思う人、
そして愛猫を亡くしてしまったので、
もう一度会いたいという気持ちを抱えている人……。

ヒナリさんはそんな依頼者の人達の気持ちに応えるかのように制作している。
しかしリアリティを追求しているつもりはないという。

「ただ見たままの可愛さを再現したい一心で作っています。
自分の目で見て可愛いなと思う猫の姿を、私なりの表現で形にしているので、
中にはリアルには見えないと仰る方もおられます」(ヒナリさん)。

こちらは“本人”と羊毛フェルトの猫との2ショット。

自分の姿を不思議そうに見ている。



似せるために時間をかけて作る
一作品を作るのにかかる時間は、
モデルがない場合で全身を作るのに4、5週間。
モデルがいる場合は、本人に似せるという作業に
かなり時間を要するため、数ヶ月かかることもあるという。
「作る時は、猫を上下左右、斜めから観察して
立体の形をイメージしながら作っています」(ヒナリさん)。
ヒナリさんはこう話すが、ひとつひとつの「作品」を見ていると、
猫の瞳には命が灯っているようにも思える。

依頼者の愛猫への思いを受け止めて
思いを込めている様子がうかがえるだけに、
制作をお願いしたくなる気持ちもわかる気がする。

現在、個別のオーダーはお休みしている。
2016年の5月、9月に参加する2つの展示会に向けて制作中とのことだ。

IRORIO
続きを読む

1まとめらいぶ2016/01/10(日) 19:27:30.36ID:CAP_USER*.net
「色が白いと勝ち組になる」 

タイの美容会社CMが人種差別だと批判殺到
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

1月7日にYouTubeにアップされたタイの美容会社、
Seoul Secret のCMが「人種差別」だと話題になっています。

世間からはこの会社に批判が殺到。

元々この会社のFacebookに投稿されたのがきっかけということですが、
この映像を見てあなたはどう感じますか?

・ 色白の女性と色黒の女性が並ぶシーン



画面では色の白い女性の方が微笑んでいます。

・ 色が黒い女性が色白の女性を妬むように見つめる



「色が白くて羨ましい」と言わんばかりに、
色の黒い女性が色の白い女性を見つめる姿。

更には「色が白いと勝ち組」というセリフが
人種差別のイメージを世間に与えてしまいます。

これは明らかに問題です。

会社側は、ある美白サプリメントのCMのために「色白になる美白効果」を
強調したかったのでしょうが、これは明らかにやり過ぎ。

肌の色が黒い人と比べるなんて人種差別もいいところです。

・ 「差別意識はなかった」と釈明するものの…



SNSではこのCMに対して批判が相次いでいます。

アジアでは確かに美白に関心がある女性も多く、
また薬局などでも「美白効果」のある商品が並んでいます。

でも、元々肌の黒い人が肌の色が白い人を妬んでいるかというと
全くそうではないのは、ほとんどの人が知っていること。

更に「色が白いと勝ち組」というセリフを言うことで肌の色によって
人を判断しているのは明らか。

「そんなつもりはなかった」というのは苦しい言い訳にしかなりません。

Seoul Secret社はこの批判を受けて謝罪したそうです。

筆者の意見としては、アジア諸国の全ての人達が自分の肌の色を
恥ずかしく思うかというと、決してそうではないのではないでしょうか。

日本でも美白が流行していますが、
自分の肌の色を蔑んでいる人はいないと思います。

それは自分の人種を受け入れているからです。

それならばなぜ、他の人種は自分の肌の色を受け入れない、
色の白い人を妬むべきだと思ってしまうのでしょうか。

肌の色が濃くても薄くても、どちらかが勝ち組でどちらかが
負け組に分かれるという社会は存在してはならないのです。

商品を売りたいばかりに社会問題の一つである人種差別をこのように
出してしまった会社側は自分たちを恥じるべきではないでしょうか。

SNSの批判は会社の評判にも影響することは間違いないでしょう。

高い授業料と払ったと思うしかなさそうですね。

動画:



【SpotLight】
 http://spotlight-media.jp/article/235052090297008074
続きを読む

1まとめらいぶ2016/01/01(金) 14:46:41.79ID:WqcutE+8*.net
 初売り商戦が早くもスタートしました。
東京都内の百貨店は朝早くから福袋を買い求める人などでにぎわっています。

 東京・池袋の西武百貨店では、開店時間を予定より30分早めました。
毎年、元日が1年間で最高の売り上げを記録していることから、福袋は
今年も去年と同じ数の1500種類、約15万個を用意しました。

 福袋の購入客:「(買ったのは)4つです。愛する奥さんいるので、そのために
今年の福をもたらす意味で買っている」「(福袋)買えたからテンション上がってます」
「(Q.どんなのものが入ってるとうれしい?)使えれば何でも。使えないのは売るので」

 今年は暖冬だった影響もあってか、主力のファッション関連の福袋には
コートなどが入っているものが多いということです。

そごう西武では元日から営業を始めて今年で4年目になりますが、多くの百貨店が
2日から初売りを予定しています。一方で、三越伊勢丹ホールディングスの一部の
店舗が初売りの開始日を3日にずらすなど、従業員に配慮する動きも出ています。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)

【テレビ朝日】
 http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000065416.html
続きを読む

↑このページのトップヘ