段ボール : まとめらいぶ

タグ:段ボール

1まとめらいぶ2016/05/29(日) 21:21:25.09ID:CAP_USER.net
irorio











【vimeo】
 https://vimeo.com/156852806

天然素材を使った環境に優しい段ボールの家をご紹介します。

段ボールを重ねて基本構造づくりオランダ・アムステルダムの
Fiction Factory社が考案、製作した「Wikkelhouse」です。

まず天然木から段ボールを製作。

もちろん伐採した後は植林して林の維持に努めます。

ぐるぐると回る型で段ボールを重ね、環境に優しいスーパー
グルーで貼り合わせて24枚重ねの家の形ができあがります。


断熱性にも優れているそう。

オランダ語で「包む」
「Wikkelen」はオランダ語で包むという意味。

段ボールを包むように重ねてつくるところから
「Wikkelhouse」の名がついたそうです。

段ボールの形に耐水性と通気性に優れた仕上げ加工を施し、
さらにウッドパネルで保護しますからどんな天候にも耐えられると言います。

メーカーによると、耐久性は最低100年とか。

奥行き1.2mの基本構造を並べることにより、好きな大きさに設定できるのも特徴。

後からその数を増減させることもできます。

キッチンやバスルームなどの水回りも設置可能。

既存の3倍環境に優しい
公式サイトによると、既存の家屋の「3倍環境に優しい」そう。

さらに各基本構造は何度も使えて、100%リサイクル可能だといいます。

工場で形作って、建設地へ運びますが、1日あれば設置できるのも魅力です。

どんな所にも置ける
基本構造はそれぞれ500㎏ですから、通常の家屋のように
基礎工事の必要がなく、森の中、海岸、庭、屋根など、
どんなところにも置くことができます。

景色に飽きたら移動も可能。

インテリアも様々なデザインが考えられます。

値段は25,000ユーロ(約306万円 )、運送・設置費は別。

今は、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ドイツ、フランス、
英国、デンマークの実の展開ですが、それ以外の国から
代理店の申し出などもあり、今後他の国にも広がって
いきそうな兆しです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/04/06(水) 13:03:10.02ID:CAP_USER*.net
郵便局が行う配送サービス「ゆうパック」の代金を2円切手のみで
支払ったところ、段ボールに大量の2円切手が貼りつけられて
届くという珍事がTwitterで報告されました。

4月4日18時現在で5万3000回以上リツイートされています。

・ 消印の推し方も芸術性を感じさせる



・ 貼られているうさぎの切手



 消費税増税の際に改定された郵便代金を2円切手で調整したことがある人は
多いと思いますが、2円切手の方だけが余ってしまうことがありませんか。

そんな折に「『ゆうパック』の代金が切手でも支払える」と聞いて、
大量の2円切手を持ち込んだのは投稿者のみんく(@moemoekohu)さん。

 みんくさんによると、「切手のみ払い」に快く応じてくれた郵便局員に
切手と荷物を任せたところ、後日荷物の受取人だった長女さんから
「郵便局にご迷惑をおかけするな!」とお叱りのメールが届いてビックリ。

なんと、段ボールの表面にびっしりと2円切手が張り付けられていたのです……!

 みんくさんは郵便局側が切手を同じ金額分の何かに換算
するだろうと思っていたのですが、まさかの切手がびっしり。

Twitterでは郵便局員がわざわざ切手を貼ったことに対し、切手を
貼り付けない方法で決済するには書類を1枚作成しなくてはならないので、
「お客様に手間を取らせないため」に貼ったのではとの意見から、
「局員の茶目っ気では」などさまざまな考察がされています。

一方でそのきれいな貼り付け方には多くの称賛の声も。

 なお「ゆうパック」自体は昨年送ったものだそうですが、
「なんかお蔵入りするの惜しくてw」と、今回の公開に
至った経緯を語っています。

もらうとうれしい「切手無双ゆうパック」ですが、
郵便局員さんにご迷惑をお掛けしない範囲でお願いしたいですね。

(Kikka)

Yahoo! ニュース
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2015/10/06(火) 22:00:44.01ID:4ljrMyOy0 BE:284465795-PLT(13000)
レクサスが初めて、

すべて段ボールでできた新車を発表しました。



この車は内装、ドア、ヘッドライトからタイヤに至るまで、
すべて段ボールの折り紙で作られており、なんと運転が可能だそうです。

“匠”

と呼ばれるレクサスの生産ラインで働く男女が本物のレクサスのを作るように
精密な技術を駆使して完成させたものだそうです。エンジンだけはスチールと
アルミニウム枠で出来ています。完成には3か月費やしたそうです。

SCIENPOST
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ