タグ:正露丸

1まとめらいぶ2017/06/04(日) 18:59:58.61ID:CAP_USER.net
【NEWS ポストセブン】
 https://www.news-postseven.com/archives/20170604_560426.html

 https://www.news-postseven.com/archives/20170604_560426.html?PAGE=2

 https://www.news-postseven.com/archives/20170604_560426.html?PAGE=3 



【研究部部長の三浦孝典氏とマーケティング部の岡本智充氏】

現在発売中の正露丸全商品
 中年世代以上なら、その匂いを嗅げばすぐにああ、と名前が浮かぶはず。木クレオ
ソートの放つ独特な刺激的香り。ラッパのマークで知られる大幸薬品の胃腸薬「正露
丸」だ。日本に入ってきて百年を超える歴史があり、市場で約5割のシェアを持つ。
認知度は9割を超える、まさしく正統的ガリバー。

 盤石に見えるその定番ブランドから、満を持して新製品が発表されたことをご存じだ
ろうか? 4月3日、「正露丸」シリーズの新製品として発表された「正露丸クイックC」
。振り返れば「正露丸」が発売されたのは115年も前。糖衣で飲みやすくした「セイロガ
ン糖衣」が登場したのは何と51年前のこと。それ以来の新製品というのだから驚く。

 では今、わざわざ新しい製品を出す狙いとは何なのだろうか? 従来の「正露丸」との
違いはどこにあるのか? そのターゲットとは、いったい誰なのだろうか? 常に身近に
ありよく知っている常備薬だと思い込んできた「正露丸」。しかし、そのルーツについて
聞くと、目からウロコが落ちた。何も知らなかったことを知った。そもそもの名前は「忠
勇征露丸」。「正」ではなく「征」。“露を征する”つまり日露戦争と深い関係があるとい
うのだ。
 
「外地での戦争では衛生管理が重要な課題となっていました。戦闘よりも病気で死亡する
人の数が多かったからです。そのため軍人全員に忠勇征露丸の服用を命じた、という記録
(明治三十七八年戦役陸軍衛生史)も残っているんです」と大幸薬品広報部がまずはトリ
ビア的な歴史について教えてくれた。
 
 戦後、その薬の製造販売権を継承した柴田音治郎が1946年大幸薬品を創業し、「製品名
も『征』から『正』へと変わりました」。  

では今、51年ぶりに新製品を出した理由とは何なのでしょう?

「クイックCという製品名が示すように一番のポイントはすばやく溶けるという新しい機
能にあります」と研究部部長の三浦孝典氏(51)は言う。

「カプセルの中には液体が入っています。カプセルの皮膜はゼラチンですので約6分で全
て溶けて胃からすばやく吸収されるというメカニズムです」

 しかし形状は変わっても、主成分は変わりません、と三浦氏は続ける。

「正露丸の有効成分は100年間、一部の生薬を除いてほとんど変更しておりません。ブナ
やマツの原木を火であぶり乾留した淡黄色透明の『木クレオソート』には、腸の水分をコ
ントロールしたり腸の蠕動(ぜんどう)運動を正常に戻す効能があります。一方で、腸内
の善玉菌を殺すことはなく、腸の働きを整えます」

 主成分は変わらないが溶ける時間は大幅に短縮された。糖衣で15分、正露丸はそれ以上
かかるというのだから、新製品の「6分」はたしかに素早い。やはり速度が求められる時
代のせいでしょうか?

「たしかに、電車の中などで急にお腹が痛くなった時、すぐに効いてほしいというニーズ
は高まってきていますよね」

 このストレス社会、10代20代は他の世代に比べ「下痢になりやすい」と自覚している比
率が高いことが1万2千人を対象にした同社の調査でわかったという。ところが、止瀉薬を
飲んだかどうかを聞くと、なんと「10代の約半数が未経験」(2013年)だったのだ。

「ぜひとも10代、20代の方々に伝えたい、というのが弊社の切実な願いです。核家族化な
どで親子の間で伝承される生活習慣も減ってきています。今後を考えると、我々としても
安住しているわけにはいかないのです」

 歴史ある伝統薬・正露丸は、変化していく時代のニーズにいかに対応できるのかそれが
懸案であり課題だったのだ。初めて採用したカプセルの形状についても「若い世代への消
費者調査から方向性を固めていきました」とマーケティング部岡本智充氏(45)。

「健康食品やサプリメントが浸透し、若い人たちにとってカプセルは親しみ深い形状であ
る、という調査結果が得られました」

「クイックC」という新製品は生活の形と社会の急激な変化の中から必然的に生み出され
てきたと言えるだろう。
続きを読む

1まとめらいぶ2015/11/10(火) 17:02:49.38ID:*.net
 正露丸、実は危険な薬です 
一家にひとつはあるといわれる正露丸は、安全な薬でしょうか?
実は危険な薬です。

 正露丸の成分は、クレオソートと言い、木酢液もくさくえきとほぼ同様です。
成分はフェノール・クレゾールなどですが、これらはいずれも消毒薬として
用いられるものです。年配の人は昔よくトイレにクレゾールという茶色の
とても臭い消毒薬をまいたことを覚えていることでしょう。

 そもそも、正露丸は昔の日露戦争時に、兵隊が下痢をしないように用いられた
ことから、ロシア(露)を征するという意味で、征露丸と名づけられたのです。
作用は『神経毒』であり、腸の神経を麻痺させて腸の動きを止め下痢を
させないことで、寒さからの下痢対策をして戦わせるためでした。

 下痢を止めてはいけないのです 下痢について言えば、細菌性腸炎(食中毒)や
ウイルス性腸炎(嘔吐下痢症)での下痢は、原因となる細菌やウイルスを排泄する
ための下痢ですから、下痢を止めてはいけないのです。
どんどん下痢をさせて排泄するための下痢です。

 ですから、腸の動きを止めて下痢をさせないようにすることは、
病気を長引かせることとなります。

 そもそも、クレオソートは、薬学的には「歯に詰め神経を麻痺まひさせて、痛みを
とるためにのみ用い、粘膜ねんまくに付着した場合腐食ふしょくすることがあるので
直ちに洗い流すこと」となっています。これが内服薬になっている訳ですから、
一体どうなっているのでしょうか?

 クレオソートの成分  
フェノール14.5% クレゾール16.8% グアヤコール23.8% 
メチルグアヤコール(クレオソール)19.1% エチルグアヤコール6.4%
総称してphenols, phenolic compoundsという 

■正露丸を服用し腹痛がひどくなった

 おそらく、ずっと以前から大衆薬として用いられているために、
"何をいまさら”ということなのでしょう。今でも正露丸の内服により、
「腸壊死ちょうえし」・「麻痺性腸閉塞まひせいちょうへいそく」などが
引き起こされていますが、販売は続いています。

 特に最近コマーシャルが多くなっていると思いませんか。いつ販売が
禁止されるか分かりませんから、それまでに「国民的支持・・・・・」を
取り付けようということなのでしょうか?

 こんなことを書くことになったのは、正露丸を服用してから腹痛がひどくなった
というこどもが数人見られたからです。腹痛は腸の過剰な動きから起こりますから、
それを一時的に正露丸で麻痺させてもその後に反動でもっと過剰な動きが
起こりますからかえってひどい痛みになるわけです。

 こどもに正露丸は内服させないようにお願いしたいものです。
さらに、急性の下痢は体のために下痢状態になっているわけですから
無理に止る必要がないことも知っておいてください。

【かどの三条こども診療所長 奥原賢二】 
 http://www.kyoto-hokenkai.or.jp/child-data/seirogan.htm


続きを読む

↑このページのトップヘ