タグ:格安SIM

1まとめらいぶ2017/12/24(日) 07:43:12.28ID:CAP_USER.net
総務省は、2017年9月末時点の携帯電話などの契約数やシェアを公表しました。「格安
SIM」の契約数が前年同期比で33.6%と大きく伸び、調査開始後初めて1,000万件を
突破しています。携帯電話の契約数は1億6,534万件

総務省が12月22日に公表したデータによると、携帯電話の契約数は1億6,534万件で、
前年同期比3.4%のプラスでした。

そのうち、LTEの契約数は1億1,065万件で前年同期比17.1%のプラス、PHSは298
万件で前年同期比19.8%のマイナスとなっています。



徐々に存在感高まるMVNO

携帯電話の契約数における事業者別シェアでは、NTTドコモが40.5%、NTTドコモ系
MVNOが5.1%、KDDI(au)が27.3%、KDDI系MVNOが2.7%、ソフトバンクが22.3%、
ソフトバンク系MVNOが2.1%でした。



グラフに記載された2014年以降の傾向として、NTTドコモのシェアがじわじわと
低下し、その分NTTドコモ系のMVNOが徐々にシェアを上げています。

「格安SIM」契約件数、初の1,000万件超え

いわゆる「格安SIM」の契約数は、前年同期比33.6%と大きく伸びて1,012万件と、
初めて1,000万件の大台を超えました。



「格安SIM」の契約数における事業者別シェアは、インターネットイニシアティ ブ
(IIJ)が14.1%でトップ、以下NTTコミュニケーションズが12.3%、楽天が11.6%、
ケイ・オプティコムが8.7% 、ソニーネットワークコミュニケーションズが5.0%と
続いています。

なお、楽天は11月1日付けでFREETELを買収していますが、このデータは9月末
時点の集計のため、買収前の契約数です。

楽天は、第4の通信キャリアになるべく周波数帯の獲得に名乗りを上げる、
と報じられています。

【iPhone Mania】
 https://iphone-mania.jp/news-198042/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/09/05(火) 08:30:38.91ID:CAP_USER.net


MMD研究所は、9月4日に「格安SIM検討者の意識調査」の結果を発表した。
調査対象はスマートフォンを所有し、格安SIMを検討している男女1072人
(iPhone:551人、Android:521人)で、調査期間は8月24日~8月25日まで。

 現在検討している格安SIMの購入時期について聞いたところ、iPhoneユーザーの
18.9%、Androidユーザーの46.6%が2017年中を検討中。今まで格安SIMにしなかった
理由は、iPhoneユーザーは「今契約している通信会社の2年縛りがあったから」が
53.7%と最も多く、次いで「iPhoneでも利用できるかわからなかったから/購入できない」
が34.8%、「格安SIMが何なのかよく分からなかったから」が32.1%となった。

一方、Androidユーザーは「今契約している通信会社の2年縛りがあったから」が44.9%、
次いで「格安SIMが何なのかよく分からなかったから」が31.7%、「通信速度がどのくらい
かわからなかったから」が30.5%となり、iPhoneユーザーはiPhoneで利用できるかどうか
を重要視するユーザーが多い。

 「格安SIMを挿す端末を新たに購入する予定」と回答したユーザーを対象に端末について
聞いたところ、iPhoneユーザーの44.1%が「iPhoneシリーズの最新機種ではなく、ある
程度新しい機種なら安い方がいい」、32.9%が「iPhoneシリーズの高くても最新の端末
を使いたい」と答え、Androidユーザーの24.2%が「Androidシリーズの最新機種では
なく、ある程度新しい機種なら安い方がいい」、22.8%が「Androidシリーズの高く
ても最新の端末を使いたい」と回答した。

【IT media Mobile】
 http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1709/04/news095.html
続きを読む

↑このページのトップヘ