タグ:東京モーターショー

1:まとめらいぶ 2019/10/15(火) 13:21:20.00 ID:HcbMdYQq0● BE:318771671-2BP(2000)
【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000007-mynavin-life

奇をてらわず、欲しくなるクルマに

MIRAIは水素で走る燃料電池自動車(FCV:Fuel Cell Vehicle)だ。トヨタは初代MIRAIを2014年12月に
発売し、これまでに世界で累計約1万台を販売してきた。日本では年間1,000台弱くらいを売っている
という。次期型MIRAIは2020年末に発売予定だ。

水素で走るFCVは走行中にCO2を排出しない。その点は電気自動車(EV)も同じだが、水素の充填は
電気の充電よりも圧倒的に早く済む。それに水素は、電気と違って作った後に貯めておいたり、
持ち運んだりすることが容易だ。そんな特徴を持つ水素をトヨタは、「将来の有望なエネルギー」と
位置づけている。

ただ、普通のクルマにとってのガソリンスタンドにあたる水素ステーションの整備はなかなか
進まない。それもあってか、FCVを街で見かける機会も稀だ。
インフラ整備とクルマの普及は「鶏と卵」の関係ではあるものの、鶏か卵のどちらかが増えなければ、
もう一方も増えない。そこで、新型MIRAIの登場となる。

no title

引用元: 【画像】燃料電池自動車のmirai 新型が登場へ 東京モーターショーで披露

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/10/13(金) 23:02:08.72ID:CAP_USER9.net
◆東京モーターショー/ヤマハ発、電動2輪を知能化

ヤマハ発動機は12日、27日に開幕する東京モーターショーの出展概要を
発表した。高度な知能化技術を搭載した電動2輪車「モトロイド=写真」や、
19年の事業化を目指す4輪車のデザインコンセプトモデルなど6モデルを
世界初公開する。

モトロイドは知能化技術を使った概念検証実験機で「オーナーの存在を認識し、
まるで生きているような相互作用機能を持つ」(ヤマハ発動機)という。
機能の詳細は明らかにしておらず、会場で実演を行う予定。

4輪車は前々回の東京モーターショーで公開した2人乗りコミューター、
前回のスポーツタイプに続く第3弾を出展予定。
また、2輪車を運転する人型自律ライディングロボットはトップライダーの
バレンティーノ・ロッシ選手との対決の様子を映像で公開する。
このほか、前後2輪がリーン(傾斜)して旋回するLMW技術の4輪車や
最新のパワーユニットを搭載した電動アシスト自転車などを出展する。

画像:



【日刊工業新聞】
 https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00446480?twinews=20171013
続きを読む

1まとめらいぶ2017/02/14(火) 15:41:43.74ID:CAP_USER.net
【response】
 http://response.jp/article/2017/02/14/290615.html





ホンダが2015年に発売した、軽自動車規格の「S660」の上位に位置する、
新型スポーツ「S1000」のコンセプトモデルが、東京モーターショー17で
公開される可能性があるようだ。

Spyder7では、情報を元にCGを作成した。

「NSX」譲りのフロントエンドに、エアーバルジを備えるボンネット、最大限に
エアロダイナミクスを活かすボディキットを装備し、前後オーバーハングや
ホイールベースを切り詰め、コンパクトかつ、アグレッシブな
エクステリアに仕上げた。

ミッドシップにマウントされるパワートレインは、新開発のリットル
直噴3気筒VTECターボで、最高馬力は130ps程度と、「S660」の64ps
から大幅アップし、本格的高性能スポーツになりそうだ。

発売予定は未確認ながら、2017年の東京モーターショーでは
なんらかのヒントとなるコンセプトカーが登場を期待したい。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/08/03(水) 12:36:51.41ID:CAP_USER.net
clicccar



一時は存続も危ぶまれた、日産のピュアスポーツ『フェアレディZ』
次世代「Z35型」に関するリポートが、レンダリングスケッチと
共に欧州から届きました。

昨年までの情報では、コンポーネンツからパワーユニットまで、
メルセデスベンツと共有するという情報もありましたが、やはり
日産独自のスポーツモデルとしてデビューが濃厚となっています。

パワーユニットは、最高馬力400psが見込まれる日産の新世代3リットル
「VR30DETT型」V6DOHCツインターボエンジンの可能性高いようです。

フロントマスクはメッキVモーショングリルに現行モデルのブーメラン
ヘッドライトとは異なる、鋭く釣り上がるヘッドライトや迫力を増す
パワーバルジも描かれています。ワールドプレミアは2017年
東京モーターショーが有力で、2018年からの発売が
予想されています。

続きを読む

↑このページのトップヘ