タグ:東京モーターショー

1まとめらいぶ2017/10/13(金) 23:02:08.72ID:CAP_USER9.net
◆東京モーターショー/ヤマハ発、電動2輪を知能化

ヤマハ発動機は12日、27日に開幕する東京モーターショーの出展概要を
発表した。高度な知能化技術を搭載した電動2輪車「モトロイド=写真」や、
19年の事業化を目指す4輪車のデザインコンセプトモデルなど6モデルを
世界初公開する。

モトロイドは知能化技術を使った概念検証実験機で「オーナーの存在を認識し、
まるで生きているような相互作用機能を持つ」(ヤマハ発動機)という。
機能の詳細は明らかにしておらず、会場で実演を行う予定。

4輪車は前々回の東京モーターショーで公開した2人乗りコミューター、
前回のスポーツタイプに続く第3弾を出展予定。
また、2輪車を運転する人型自律ライディングロボットはトップライダーの
バレンティーノ・ロッシ選手との対決の様子を映像で公開する。
このほか、前後2輪がリーン(傾斜)して旋回するLMW技術の4輪車や
最新のパワーユニットを搭載した電動アシスト自転車などを出展する。

画像:



【日刊工業新聞】
 https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00446480?twinews=20171013
続きを読む

1まとめらいぶ2017/02/14(火) 15:41:43.74ID:CAP_USER.net
【response】
 http://response.jp/article/2017/02/14/290615.html





ホンダが2015年に発売した、軽自動車規格の「S660」の上位に位置する、
新型スポーツ「S1000」のコンセプトモデルが、東京モーターショー17で
公開される可能性があるようだ。

Spyder7では、情報を元にCGを作成した。

「NSX」譲りのフロントエンドに、エアーバルジを備えるボンネット、最大限に
エアロダイナミクスを活かすボディキットを装備し、前後オーバーハングや
ホイールベースを切り詰め、コンパクトかつ、アグレッシブな
エクステリアに仕上げた。

ミッドシップにマウントされるパワートレインは、新開発のリットル
直噴3気筒VTECターボで、最高馬力は130ps程度と、「S660」の64ps
から大幅アップし、本格的高性能スポーツになりそうだ。

発売予定は未確認ながら、2017年の東京モーターショーでは
なんらかのヒントとなるコンセプトカーが登場を期待したい。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/08/03(水) 12:36:51.41ID:CAP_USER.net
clicccar



一時は存続も危ぶまれた、日産のピュアスポーツ『フェアレディZ』
次世代「Z35型」に関するリポートが、レンダリングスケッチと
共に欧州から届きました。

昨年までの情報では、コンポーネンツからパワーユニットまで、
メルセデスベンツと共有するという情報もありましたが、やはり
日産独自のスポーツモデルとしてデビューが濃厚となっています。

パワーユニットは、最高馬力400psが見込まれる日産の新世代3リットル
「VR30DETT型」V6DOHCツインターボエンジンの可能性高いようです。

フロントマスクはメッキVモーショングリルに現行モデルのブーメラン
ヘッドライトとは異なる、鋭く釣り上がるヘッドライトや迫力を増す
パワーバルジも描かれています。ワールドプレミアは2017年
東京モーターショーが有力で、2018年からの発売が
予想されています。

続きを読む

1まとめらいぶ2015/10/24(土) 18:07:51.48ID:qJRJBn9B0 BE:488538759-PLT(13500)
自動車メディアがスクープ合戦を繰り広げてきたトヨタ自動車のFR
ライトウェイトスポーツカーが、「第44回東京モーターショー2015」
(一般公開2015年10月30日~11月8日、東京ビッグサイト)に
参考出品されることになった。

 「トヨタS-FR」と名づけられたこのコンセプトモデルは、トヨタがスバル
(富士重工業)と共同開発した「86(ハチロク)」(スバル名は「BRZ」)の弟分で、
東京が世界でのデビューとなる。ホンダが同じく出品する本格スポーツカー、
新型NSXと並び、人気を二分するのは間違いない。限定された市場でトヨタが
巻き返しを図れるのか、他社のスポーツカーとの食い合いも含めて久々に
スポーツカーをめぐる動きが過熱しそうだ。

■トヨタ「ハチロク」の弟分、ホンダの新NSXに対抗

 今回の東京モーターショーには、トヨタが2015年末に市販する
次期プリウスのほか、ホンダが2015年度内の市販を目指す燃料電池
自動車(FCV)を展示するなど、話題には事欠かないが、自動車
雑誌などの注目度は圧倒的にトヨタS-FRに集中している。

 S-FRは往年のスポーツカー、トヨタS800を彷彿とさせるスタイリングで、
全長3990ミリ、全幅1695ミリ、全高1320ミリと、86/BRZよりも一回り以上
コンパクトになっている。エンジンをフロントミッドシップに搭載し、6速
マニュアルミッションで後輪を駆動する。トヨタは「自分の意のままにクルマが
反応し、日常生活の中でもクルマと対話ができる楽しさを追い求めた」
とコメントしている。

 エンジンや車両重量は未公表だが、
「エンジンは1.2リッターターボか1.5リッターで、車両重量は1トンを切る。
車両価格は150万~170万円で、2017年に発売する」との一部報道もある。

Yahoo! ニュース

愛嬌のあるデザインのトヨタ・コンパクトFRクーペ「S-FR」

続きを読む

↑このページのトップヘ