タグ:最新版

1まとめらいぶ2016/11/16(水) 20:17:30.06ID:CAP_USER.net
【gigazine】
 http://gigazine.net/news/20161116-backblaze-hdd-stats-q3-2016/



低コストで使えるクラウドストレージ「B2 Cloud Storage」の運用を行っている
Backblazeが、ストレージで利用しているHDDの故障率をメーカー別・モデル別に
出したデータの2016年第3四半期版を公開しました。

Backblazeでは2016年第2四半期から第3四半期にかけて、HGST製・WDC製2TB
HDD合わせて3500台を、Seagate製8TB HDD2400台に交換しました。そのため、
運用しているHDD台数で見ると6万8813台から6万7642台へと1000台以上減少
していますが、データ容量自体は増加したとのこと。

45台以上運用しているHDDのモデルは4メーカー・17種類。故障率でみると「WD60EFRX」
が11.31%(451台中13台)でトップ、次いで「ST4000DX000」が10.20%(192台中5台)。
運用台数が3万4744台と圧倒的に多い「ST4000DM000」の故障は278台で、
故障率は第3位の3.18%でした。

ちなみに「ST4000DX000」は前四半期の故障率が19.81%と高く、それと比べると9.61
ポイント減となり安定稼働したといえるのですが、「ST4000DM000」は0.52ポイント増、
「WF60EFRX」に至っては10.43ポイント増とかなり数字が悪化しました。

なお、Backblazeではゼタバイト級のクラウドストレージを運用するにあたって、低価格で
安全にデータを格納するためにBackblazeストレージポッドを使用しています。 ポッドには
45台か60台のHDDがセットされていて、20基のポッドで1つの「Backblazeヴォールト」
システムを形成します。HDDは8TBのものが使われているので、45台なら1つの
ヴォールトで7.2PB(ペタバイト)、60台なら9.6PBの容量があります。

今後、ストレージポッドはすべて60台1セットに切り替えられる予定で、さらに、
3TB・4TBのHDDについてももっと大容量のものへ切り替える計画だとのことなので、
またこの数字は大きく入れ替わる可能性があります。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/10/17(月) 18:05:51.88ID:CAP_USER.net
gigazine



Windowsを使っている人なら誰でも1度は開いたことがある古参ソフトの代表格
である「ペイント」の最新バージョンの様子がリークされています。Windows 10で
動作する最新版のペイントは従来から大きく様変わりしておりスタイラスペンや
指を使ってグリグリと動かしながら立体的な3Dオブジェクトを取り扱うことも
可能になっているようです。

Microsoft関連の情報を扱うTwitterアカウント「WalkingCat(@h0x0d)」によると、
MicrosoftのWindows Storeで「Newcastle」という新しいアプリケーションを発見
したとのこと。このアプリケーションは過去に「New Paint」と呼ばれていたもので、
新たなバージョンのペイントである可能性が高いとしています。さらに、以下の
ツイートのように新しいペイントらしきアプリケーションが動作している
ムービーが公開されています。

ムービーの内容は以下のYouTubeでも見ることができます。

Microsoft Paint Preview - YouTube



「こんにちは、ペイントへようこそ」と話す女性。
ハッキリと「ペイント」と言ってしまっていますが、
Microsoftのペイントと同一かどうかは現時点では不明。

(略)

3D描画を手に入れて機能がアップした新しいペイントですが、記事作成時点で
明らかになっている情報ではレイヤー機能は未サポートの様子。そのため、
本格的な3D制作を行うというよりも、あくまで手軽に3Dイラストを
作って活用するためのツールという色合いが強い様子が伝わってきます。
なお、イタリア語のサイト「WindowsBlogIta」では、アルファ版のペイントを
ダウンロードしてインストールするための手順が紹介されています。
Windows 10が必要などの条件はありますが、使ってみたい人は
自己責任でチェックしてみても良さそうです。
続きを読む

↑このページのトップヘ