タグ:時計

1まとめらいぶ2017/11/16(木) 12:01:13.37ID:CAP_USER.net
武骨で黒光りするデザインの「G-SHOCK(ショック)」といえば、老若男女に
愛用されるカジュアル腕時計。「タフネス(頑丈)」という腕時計の新たな立ち位置
を切り開き、発売35周年の平成30年を前にした今年、世界出荷個数が累計1億個
を突破した。そんなGショックは今、ブームに沸いた1990年代を上回る売れ行き
だという。もはやブームの再来といっていい。カシオ計算機(東京)の看板商品は一
体どんな軌跡を歩んできたのか…。

Gショックの販売開始は昭和58年。当時の開発担当者が「落としても壊れない腕時
計」を作ろうと一念発起。ウレタンなどでデリケートな時計部分をくるんだ試作機で
試行錯誤繰り返した。実験はいたって原始的で、3階のトイレの窓から地面に投げ落
とし、「割れ」がないか点検する、そしてまた投げる-というものだった。

 開発に2年の歳月を費やし、ゴミ箱に捨てた試作機は200個以上。ようやく完成
した「タフネスウオッチ」はウレタンで全面を覆いながら時計の心臓部を「点」で支
える中空構造を採用した。「宝飾品の一部で、衝撃に弱く壊れやすかった腕時計の常
識を覆した」。開発当初からGショックに携わってきた増田裕一取締役専務執行役員
はそう振り返る。

 もっとも、案外知られていないのは、日本よりも先に米国でヒットしたことだ。
「壊れない腕時計」を売り込もうとアイスホッケー選手がパック代わりにGショック
をぶっ飛ばすテレビCMを米国で放映したところ、「誇大広告ではないのか」といぶ
かしがる声が出るほど話題が沸騰。アウトドア愛好家らを中心に人気が出て一躍人気
ブランドにのし上がった。

 日本でヒットしたのは1990年代に入ってからだ。Gショックがその一部に取り
込まれたストリート・ファッションが米国で流行。それが日本にも紹介されるとGシ
ョックも“逆輸入”の形で入り込み、日本の若者に浸透していったというわけだ。

 「スノーボードやサーフィン、ダンスなど若者文化の最前線に欠かせない象徴に成
長し、90年代に空前のGショック・ブームが到来。平成9年度の世界出荷個数が6
00万個と頂点に達した」(広報)という。丸いデザインやかわいらしさを打ち出し
た女性向けの「ベイビーG」も大ヒットした。

 現在、Gショックはデジタル・アナログ双方を展開するが、もともとは文字盤に数
字が並ぶデジタルが大半だった。「アナログに比べて格が下にみられがちなデジタル
を一躍腕時計の立役者に変えたのがGショック」といわれるほどだ。デジタル一辺倒
からの方針転換のきっかけは販売低迷だ。9年以降、ブームの反動で出荷個数が坂道
を転げ落ちるように減少。しばらくの間、ブーム前の水準に落ち込んだため、「経営
に打撃を与えたほどだった」(増田取締役)。

 そこで、固定ファンがいるアナログ版Gショックに活路を見いだした。加えて電波
ソーラー機能搭載機、大人向けデザインの「MRG」など矢継ぎ早の新機種を投入。
海外需要にも支えられて、「16年以降の高機能アナログ戦略で息を吹き返した」
(広報)。

 初号機以来これまでに約3200モデルが誕生。今春には、標準電波とGPS衛星
電波の受信、さらにスマートフォンを介してインターネット上の時刻配信サーバーに
接続し、全世界で常に正しい時刻を表示する「コネクティッドエンジン3-ウェイ」
搭載機の登場など、ハイテクGショックも出現している。機能の追加やデザインの改
良などを絶えず続けてきた結果、Gショック人気は再燃している。

 28年度は90年代のブームをしのぐ過去最高の850万個を出荷。29年度も引
き続き好調で、出荷個数は900万個を見込む。「ブーム第2波の到来」といわれ、
記録更新に期待がかかる。

 街の時計屋さんはGショックをどう見ているか。腕時計や宝飾品を扱う「オオミヤ
」和歌山本店の出水伸幸店長は「舶来品に加えGショックの取り扱いでラインアップ
に幅が出る。この10年、Gショックの売り上げは右肩上がりだ」と話す。専門家に
も話を聞いた。時計専門誌『クロノス日本版』の広田雅将編集長は「世界の腕時計市
場で価格が500ドル(5万円台半ば)以下の入門クラスはスイス勢も認知度がまだ
まだで、Gショックが有力な選択肢の一つとなっている」と、現在はライバルが不在
だと指摘した。

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00000500-san-bus_all
続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/29(月) 19:19:53.81ID:CAP_USER.net




シチズン時計は6月、「シチズン(CITIZEN)」ブランドとしては初となる、複雑機構
トゥールビヨン搭載の機械式腕時計“シチズン トゥールビヨン Y01”を発売する。大丸
の創業300周年を記念し、大丸松坂屋百貨店記念モデルとして、大丸でのみ発売。価格
は1000万円だ。シチズンは傘下の「アーノルド & サン(ARNOLD & SON)」でトゥ
ールビヨン搭載時計を企画・製造・販売しているが、基幹ブランドとしては初めて。
ムーブメントは、自社設計だ。

 商品は、大丸が「300年という『時間の美しさ』を今一度振り返り、時間や歴史が
育んできた価値を新しい価値にリメイクし、今までのお客様、これからのお客様にご
提案・ご提供することを目指す」との思いを持ってシチズンに打診。来年創業100周
年を迎えるシチズンは、この思いに共感し、時計の原点とも言える機械式時計に着目
した。「永く寄り添うこと」を使命とすべく、日本らしい和の情景をモノトーンで表
現。文字盤は七宝焼きのホワイト、ケースやベゼルは18金のホワイトゴールドで、サ
ファイヤガラスのシースルーバックからは木々が浴びる「喜雨」を表現した模様を施
した。

 トゥールビヨンとは、「ブレゲ(BREGUET)」を創業したフランス人時計士アブ
ラアム・ルイ・ブレゲ(Abraham-Louis Breguet)が開発。内部構造の一部を回転
させることにより、時計にかかる重力の影響を軽減する。各部品に精度や軽さが求
められるため、パーペチュアル・カレンダー(永久カレンダー)やミニッツ・リピ
ーターとともに複雑機構と呼ばれ、トゥールビヨン搭載時計は最低でも100万円台、
1000万円を超えるものも珍しくない。

【WWD】
 https://www.wwdjapan.com/420990
続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/25(木) 10:12:50.24ID:CAP_USER.net
クローバーラボは5月24日、男性向けのブランド腕時計レンタルサービス「KARITOKE
(カリトケ)」の事前予約受付を開始すると発表した。サービス開始は6月中を予定し
ているという。なお、同社は2016年4月から男性向けファッションレンタルサービス
「leeap(リープ)」を提供している。



KARITOKEは、ブランド腕時計を低価格でレンタルできるサービス。会員登録後、
インターネットから好きな商品を1点選ぶと、自宅に届けてくれる。返却期限はな
く、通常使用での汚損・破損による追加負担はないという。また、サービス開始
に合わせて実店舗(大阪市中央区南船場4-7-42階)もオープンするため、実際に
商品を試着して選ぶことも可能だ。

 プランは料金によって商品のランクが変わる4種類を用意しており、「カジュア
ルプラン」が月額3980円、「スタンダードプラン」が月額6800円、「プレミアム
プラン」が月額9800円、「エグゼクティブプラン」が月額1万9800円となる。
いずれも税別価格。

同社によると、現在の日本におけるブランド腕時計の市場は6000億円規模と大きい
一方で、「値段の高さ」や「メンテナンスの負担」などから、ブランド腕時計に興
味があっても購入するハードルが高いといった課題が存在しているという。腕時計
に興味がある人への意識調査でも、「欲しい腕時計の価格が高すぎて手が届かない」
と半数以上が回答しており、同社ではそのようなターゲットに対して一定のニーズ
があると想定している。

【c net japan】
 https://japan.cnet.com/article/35101396/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/14(日) 06:35:06.74ID:CAP_USER.net


1983年に発売を開始したカシオ計算機の腕時計シリーズ「G―SHOCK」の
人気が再燃している。2016年度の出荷数は、過去最高だった前年度を50万個
上回る年850万個を記録した。

 中国で「ゴリラが時計をたたきつけても壊れない」というインターネットのCM
を流すなど販売を強化。中国と東南アジア向けの売れ行きが好調だった。10代後
半~20代の男性を中心に伸びたという。

 カシオの17年3月期決算は、円高などの影響で減収減益だったが、時計事業は
現地通貨ベースで5%の増収。高木明徳専務は「大黒柱のG―SHOCKは、圧倒
的な強みを顕示した」。最近の円安傾向もあり、18年3月期はG―SHOCKを
軸に増収増益を見込む。

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170513-00000027-asahi-bus_all
続きを読む

1まとめらいぶ2016/12/18(日) 11:45:41.58ID:CAP_USER.net
【buzzfeed】
 https://www.buzzfeed.com/tsunehikonishimaki/chi-pu-ka-shi-o-no-ji-ha-ko-re-da-i-so-no-500-en-udedokei-ga?utm_term=.hrX2lx7NEq#.kcbkBV7XmK



100円ショップのダイソーが9月末に発売した「ミリタリーカラーウォッチ」が優秀だと、
Instagramを中心に話題になっています。価格は税抜きで500円。一部店舗で品薄
状態になっており、Twitterでは品切れで買えなかったという嘆きの声も。

ネット上ではTIMEXのCamper(キャンパー)風デザインの腕時計が、
格安で買えることに驚きの声が上がっています。

換えのベルトは100円で買える
価格は税抜き500円。付け替えが可能なベルトは税抜き100円で販売されています。
本体は黒と茶色2種類、ベルトは6種類から選ぶことができます。
壊れても後悔しない


TwitterやInstagramには「壊れても後悔しない値段」「傷がついてもこの価格なので
気にしません(^^)」「プチプラで可愛い!」「ちゃちいけど、ミリタリーな雰囲気でかっこいい!」
などの声が寄せられています。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/10/28(金) 19:56:22.58ID:CAP_USER.net
pc watch





 シチズン時計株式会社は、厚さ1mmのムーブメントを内包した世界最薄の
エコ・ドライブ腕時計「Eco-Drive One」を10月28日より順次発売する。

 シチズンは世界初のアナログ式光発電時計を発売してから
40年という節目を迎えるが、“腕時計の本質的な価値

「研ぎ澄まされた薄さ。腕に纏ったときの美しさと心地よさ」を追求した”という。
この時計だけのために厚さが1mmのムーブメント「Cal.8826」を設計し、
85個の部品をほとんど新たに開発した。

 ラインナップは4モデル。世界800本限定モデルの「AR5014-04E」は
10月28日発売で、税別価格は70万円。通常モデルは本体色がブラックの
「AR500-50E」、シルバーの「AR500-68A」、チャコールグレーの
「AR5004-59H」の3モデルは11月下旬発売で、税別30万円。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/06/02(木) 19:13:24.91ID:CAP_USER.net
【ASCII】
 http://ascii.jp/elem/000/001/169/1169108/







腕時計ベンチャーKnotが今年も話題だ。

4月に同社初となる機械式腕時計「AT-38」を発売。

5月31日放送のテレビ番組「ガイアの夜明け」では
“日本製”制作の舞台裏を放送していた。

Knotの近況をまとめる。

機械式腕時計「AT-38」のケースはサージカル
ステンレススチール316L、製造は福島・林精器製造。

「鍛造製法」による硬質なステンレスに、同社の職人が「ザラツ研磨」を
施して表面を仕上げたもの。ムーブメントが裏側から見える。

 ムーブメントはミヨタ製8振動ムーブメント「cal.9015」。

ムーブメントが3.9mmと薄く、ケースの薄さに貢献している。

文字盤の製造は秋田・セレクトラ。インデックスの植え付けも日本製にこだわっている。

 風防は無反射コーティングのサファイアガラス。ケース径38mm、厚さ10mm。

手首がきゃしゃな男性でも合わせやすい。

重量約50g。

自動巻き+手巻き、3針、カレンダー付き。文字盤はホワイト、ブラック、ネイビーの3種類。

AT-38は純日本製。腕時計の主要3パーツ、ムーブメント、ケース、
そして文字盤がすべてメイド・イン・ジャパンです。

■ 国産機械式腕時計、若者が買える価格で(2016年5月27日)
 とくにめずらしいのは、インデックス(時間をあらわす数字部分)の植えつけ。
 これがめちゃくちゃ難しい。もともと日本でつちかってきた技術なんですが、
 コストの問題で多くが中国に“輸出”されていた。それを秋田の老舗腕時計製造工場
 セレクトラにもちこんで、「もう一度、日本で植えつけができないか」と。ケースは老舗
 の林精器がザラツ研磨を施したものです。バックスケルトンで、風防はサファイア
 ガラスの無反射コーティング。林精器は国産機械式時計ケースを製造している、
 世界屈指の金属加工工場。AT-38開発のテーマ「部品1つに至るまで、
 限りなく日本製にこだわる」を実現するために不可欠なパートナーでした。

(語り・Knot遠藤弘満代表)

■ 腕時計ベンチャーKnot 横浜・元町にショップ開店(2016年4月29日)
 4月30日、横浜・元町にKnot直営店がオープンした。同社製の腕時計を試着できる。
 価格は1万円台から。直営店は東京・吉祥寺、大阪・心斎橋に続く3店目。場所は
 元町・クラフトマンシップストリート。工房併設の宝飾品店やカバン店、家具の修理店
 などが並ぶ一角にある。かつては洋風家具の町工場が立ち並んでいたという歴史的
 ないわれがあるそうだ。店内はファクトリー(工場)のコンセプトで統一。壁には腕時計
 のパーツをつくる人びとの写真が並ぶ。店の奥には実際に職人が入って腕時計や
 ストラップの製造工程を見せる工房スペースを設けた。工房スペースは外からも
 目に入る。工房スペースの手前では、29日発売の機械式腕時計「AT-38」を
 ガラスケースで展示販売。専門スタッフがコンシェルジェ役にあたり、
 仕様や製造工程を説明する。ストラップも好きなものを選択可能だ。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/04/06(水) 22:01:51.85ID:CAP_USER.net
hypebeast

〈Casio〉の「G-SHOCK」といえば、手頃ながらも確固たる
リスペクトとポジションを確立している人気ウォッチだ。

ファッションアイテムであると同時に、あらゆるアクティビティにおける
頼もしいツールとしてもとらえられているが、んな「G-SHOCK」にも
「MR-G」と呼ばれるラグジュアリーシリーズが存在する。

昨年リリースされた同シリーズ“MRG-G1000RT-1A“は6,000ドル
(約66万円)という価格だったが、今年登場する“Hammer Tone”と
名付けられたモデルはそれを上回る「G-SHOCK」
史上最高額の6,200ドル(約68万円)となる。

「MR-G」シリーズの20周年を記念するこの“Hammer Tone”は、タフソーラー、
20気圧防水、(当然ながらの)ショックレジスト、GPSで地球上のあらゆるタイム
ゾーンに自動対応するという、これまでの高性能「G-SHOCK」機能を搭載
しているが、さらにこのモデルを格別にしているのがベゼル部分を中心に
見られる鎚起(ついき)の職人技。

京都の鎚起師「淺野美芳(あさのびほう)」氏によりデザインされた朧銀
(おぼろぎん)と銅の合金のベゼル、そしてイオンメッキされた赤銅と
金の合金を使用したクラウンとスクリューを使用している。

製作されるのは世界限定300個。職人技と機能、
モダンとトラディションが織り交ざったこの特別モデルは、
7月、『Tourneau』にて発売される。









続きを読む

↑このページのトップヘ