タグ:日産

1まとめらいぶ2016/05/24(火) 16:27:57.89ID:CAP_USER.net
『シルビア』は、日産がスペシャリティカーとして1965年に発売後、
1988年の5代目「S13シルビア」で人気が爆発、No.1デートカー
としての地位を築いたが、時代の流れと共に2002年、惜しまれ
つつも生産終了となっている。

しかし、その10年後の2012年、トヨタのスポーツクーペ『86』がヒット、
翌2013年には、東京モーターショーで日産が『IDxコンセプト』を
発表したことにより、「シルビア」復活の噂が広まった。

しかし、ここまでは単なるファンの噂や願望でしかなく、インサイダーから確証を
得た訳ではないが、海外からも発売可能性を探るスケッチが入ってきた。

スケッチは2013年東京モーターショーで公開された「IDx NISMO」の意匠を
取り入れたフロントマスクだが、市販されても違和感のないデザインだ。

予想されるパワートレインには『Cクラス』に搭載されている1.6リットル
直列4気筒ターボチャージャー付きエンジンの可能性があるという。

メルセデスは2017年に「Cクラス」改良新型を発表する予定で、
アップデートされるタイミングで搭載される可能性もある。

Response.】 



日産シルビア(2002年販売終了)



日産シルビア(1988年~93年)



日産 IDx NISMO(東京モーターショー13)



続きを読む

1まとめらいぶ2016/04/05(火) 18:43:10.19ID:CAP_USER.net
autoblog



この写真を見た人は、エンジンに見覚えがあると思うかもしれない。

ご名答。

これは日産「GT-R」のVR38DETT型V6
ツインターボを搭載したピックアップ・トラックなのだ。

「ジュークR」と異なり、このクレイジーな「ナバラ」は
日産製ではなく、イギリスのチューナーが手がけたものだ。

英国バーミンガムの近く、シュロップシャーに拠点を構える
セヴァーン・ヴァレー・モータースポーツ(SVM)は、まったく
予想外のエンジンと車体を組み合わせ、その最高出力を
800hpにまで引き上げた。

『トップ・ギア』のウェブサイト版が伝えるところによれば、この試作車
は販売を目的としたものではなく、SVMにどのような改造をする
技術力があるかを示すために製作したものだという。

とはいえ、どうしてもこんな怪物ピックアップ・トラックが欲しいというなら、
SVMに頼めばGT-Rのエンジンを、550hpからなんと1,500hpまでお好みに
合わせてチューニングして、ナバロのボンネット下に押し込んでくれる 。

さらに付加価値税(VAT)抜きで推定17万5,000ポンド(約2,800万円)を払えば、
ナバラのボディをGT-Rのシャシーに載せることも可能だとか。

それならGT-Rのハイテクな4輪駆動もそのまま使用できる。

ジュークRのクレイジーさは大好きだが、時にはベッドにもなる
5.8フィート(約180cm)の荷台も必要という人には最適な1台だ。

これでもまだクレイジーさが足りないなら、
SVMはもっと他の手もあるという
(もちろん、それなりの予算が必要だが)。

「可能性は無限大だ」と語るSVMのルーク・アンソニー氏は、
「クレイジーなアイディアがあったらどんどん教えてほしい」
とも言っている。

これこそ、我々がピックアップ・トラックのチューニングを
考えるときに聞きたい言葉だ。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/01/05(火) 18:50:32.64ID:DR/bLDRs0.net BE:809145981-BRZ(10000)
日産 新型 スカイライン クーペ

インフィニティ Q60の発売は2016年の秋になる

新エンジンで400馬力

vehiclenavi MAGAZINE

昨年11月には新型
スカイライン クーペ / インフィニティ Q60の姿が捉えられている。

新型 スカイライン クーペのボディサイズは
全長:4,690mmと全幅:1,865mm、全高:1,370mmとなる見込みで、
ホイールベース、全長とも現行に対してそれぞれ50mm程延長し、
リアシートはしっかりと座れる4シータークーペとなりそうだ。

主グレードに搭載されるエンジンは新エンジンとなる予定。
日産はスカイライン/インフィニティ Q50に搭載される新エンジンを
12月に公開していて、クーペにもこのエンジンが搭載されると考えられる。





続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/11(金) 11:11:28.89ID:W8lKE9i30.net BE:809145981-BRZ(10000)
【動画】日産のfacebookへ
ネガティブなコメントをするアンチユーザーに
試乗会を開いた結果wwwww

vehiclenavi MAGAZINE





放送作家の鈴木おさむさんが編集長をしている“にっちゃん”の企画として、
日産のfacebookページにネガティブなコメントをする
アンチユーザーに対して試乗会を開いたという動画がこちら。

日産 新型 スカイラインに対して批判的なコメントをする人を対象に、
スカイラインの試乗を行ったところ…?

性能を評価の指標にするのは簡単です。
しかし、ファンの要望は性能だけを求めているわけでは
ないというのが実際のところ事実なのではないでしょうか?

コモディティ化する中で、アイデンティティを失った事への
アンチテーゼとして多くの人が批判的なコメントをするのでしょう。 
続きを読む

1まとめらいぶ2015/06/23(火) 10:45:52.36ID:Q7DOYQHf0.net BE:698254606-PLT(13121)
16年ぶりのル・マンで惨敗、
ニッサンGT-Rはその名を辱めるほど遅すぎた!

F1モナコGP、アメリカのインディ500マイルレースとともに
「世界3大レース」のひとつとして知られる「ル・マン24時間耐久レース」。

そのル・マンにニッサンがGT-Rの名前を使った奇妙なマシンで参戦した。

ニッサンの本格的なル・マン参戦は1999年以来と、実に16年ぶり。
今シーズン、ル・マンを含む全8戦で争われる世界耐久レース選手権
(WEC)に「ニッサンGT-R LMニスモ」(以下、GT-Rニスモ)という
新開発マシンでエントリーする力の入れようだった。

ところが、ニッサンが持ち込んだこのニューマシン「GT-Rニスモ」とは
ル・マンのトップカテゴリー、「LMP1-Hクラス」
(ル・マン・プロトタイプカー1・ハイブリッドクラス。
ポルシェやアウディの他、トヨタも参戦)の常識を根底から覆す
フロントエンジン、フロントドライブ…つまり「FF」方式を
採用した前代未聞の珍マシン!

しかもコレがシャレにならないほど「遅い」のだ……。

ニッサンはLMP-1クラスに常識破りのFFマシンで殴り込みをかけた…
のだが、結論から言えばレース結果は「惨憺(さんたん)たる」ものだった。

レギュレーションで定められた「同クラストップタイムの110%以内」という
基準を満たせず「ペナルティー」対象となり、3台そろって
スターティンググリッドをLMPクラスの後方まで下げられる
降格処分を受ける始末。

Yahoo!ニュース

続きを読む

↑このページのトップヘ