日本車 : まとめらいぶ

タグ:日本車

1:まとめらいぶ 2020/02/28(金) 20:28:37.10 ID:r7D2aG6e0
ロシア車、2020年にしてついにメーターが光るようになる

しかもエアコンが3段階切り替え可能になり、グローブボックスと飲み物置きが設置!

no title


no title


no title

引用元: 【画像】ロシア車が超進化!日本車はオワコンへ!w

(C)2015 - 2020 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/11/28(月) 23:08:44.19ID:CAP_USER.net
【Response】
 http://response.jp/article/2016/11/28/286081.html

ジェネシスG90



北米カーオブザイヤー主催団体は11月16日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー16
において、「2017北米カーオブザイヤー」の乗用車カテゴリーの最終選考3台を発表した。北米
カーオブザイヤーは今年で24回目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この
1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

2017北米カーオブザイヤーの乗用車カテゴリーの最終選考3台は、以下の通り。

シボレー・ボルトEV
ジェネシスG90
ボルボS90

GMの新型EV、シボレー『ボルトEV』に、韓国ヒュンダイの高級車ブランド、ジェネシスの最上級
サルーン、『G90』と、ボルボカーズの新フラッグシップサルーン、『S90』新型の3台が残った。
なお、日本車はなし。第一次ノミネートの新型アキュラ(ホンダ)『NSX』、インフィニティ『Q60』
(次期日産『スカイラインクーペ』)、三菱『ミラージュ』/『G4』、トヨタ 『プリウス プライム』
(新型『プリウスPHV』)は、最終選考に進めなかった。なお、2017北米カーオブザイヤーは
2017年1月、米国で開催されるデトロイトモーターショー17で決定する。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ