1まとめらいぶ2017/04/11(火) 06:53:29.08ID:CAP_USER.net
賃貸業界大手で初、鍵の閉め忘れも離れた所から施錠可能

株式会社レオパレス21は、グラモが展開するスマートロックをレオパレス21仕様にカスタ
マイズした『Leo Lock』を共同で開発し、4月より受注した10月の完成物件より順次搭載
することで、当初年間約1万戸への導入を予定しています。なお、ネットワーク連携型スマ
ートロックと家電制御機能を搭載した賃貸住宅としては国内最大規模となる見込みです。 

『Leo Lock』は、基本的な「鍵」に求められる耐久性や信頼性を担保した上で、クラウド
サーバーと連携する先進の機能を実現した新しいコンセプトのスマートロック製品です。
この機能により、例えば那覇から札幌に引越しされる入居者様にも暗証キーをリモート
操作でどこででも直ちに発行でき、鍵の受け渡しに手間取ることもなくなります。

また、従来の鍵を持つ必要が無く、無理に解錠しようとしたり、火災などで異常な温度変
化を検知した場合は、スマートロックを経由して指定された宛て先に知らせることも可能
になりました。

また、既に採用している家電制御機器『Leo Remocon』と連動させることで、施錠、開
錠の確認を遠隔で可能になる他、TV、エアコンなど家電の自動制御や、鍵の開け閉めで
室内の電灯を自動的に点灯、消灯することが可能です。

『Leo Lock』では、レオパレス21の業務システムと連携することにより、
入退去時の鍵の交換などで発生していた年間約5億円のコストを、大幅に削減可能です。

【共同開発した『Leo Lock』の固有機能】
今回、レオパレス21とグラモが共同でお互いのシステムを連携開発することにより、
現在の運用業務を大きく変更することなく、自然に業務効率を高めることが可能なシス
テムを実現しました。『Leo Lock』はレオパレス21の業務システムと完全に連携されて
おり、従来人手を介して実施していた鍵のシリンダー交換や受け渡し、紛失時の対応等
の管理業務が遠隔から自動で行われるため、入居者様の利便性向上に加え、管理コスト
を大幅に削減可能です。また、鍵の受け渡しを遠隔で行えるので、無人での物件下見が
可能になります。

中略

【システム連携による利用シーン】
・入居時には、入居開始日に合わせて、入居者毎の鍵情報が自動的に発行されます。
・入居者の退去時には退去日に合わせて、鍵情報が無効化され使用不可になります。
・物件内覧時やメンテナンス時には、該当物件のワンタイムキーを発行するので、
 内覧者や業者への物理的な鍵の受け渡しが不要です。





【jiji.com】
 http://www.jiji.com/jc/article?k=000000337.000005429&g=prt
【【不動産】『レオパレス21』高機能型スマートロックを新築全戸に採用/玄関ドアのキー、新築住宅全戸を今後スマホ・ICカード対応。】の続きを読む