タグ:支援

1:まとめらいぶ 2018/06/13(水) 13:37:09.00 ID:s37Z4xdF0● BE:373518844-PLT(15931)
JR山手線「上渋谷架道橋」(東京都渋谷区)の下は、路上生活者、
いわゆるホームレスの人々が集まっている場所だ。

(略)

このたび、都内の大学に通う学生から、このガード下で生活するホームレスの人々に
関する情報が寄せられた。

(略)

当サイトでは、学生の案内で現地へ向かった。当日は、ガード下にホームレスの
人々の姿は見当たらなかった。

(略)

寝泊りに利用していると思われる段ボール箱や毛布、
衣服や食品の空き容器などが各所に置かれており、
彼らは現在もそこで生活している様子だ。

no title

(略)

ガード下に渋谷区が設置したバリケードには、「不法占用禁止」という
貼り紙がある。渋谷区役所ならびに渋谷警察署の連名で、
「この場所にむやみに物を置いたり、ごみを捨てることを禁止します」
という警告文も、ガード下の壁面に貼られていた。

no title

(略)

さらに、ガード横にあるJR東日本の渋谷変電所の入口近辺にも、
彼らの私物らしきものが堂々と置かれていた。

(略)

no title

ちなみに、近辺のホームレスの人々の人数は減ったのではないかという。
「以前は今よりもずっと悪臭がひどくて、
 いつも息を止めてガード下を歩いていました」。

(略)

バリケードや貼り紙を設置した、渋谷区の管理課に話を聞いた。担当者によると、
それらは以前から設置されているという。ガード下の一帯は、居住者の入れ替わりが
比較的多いそうだ。ガード下の歩道に居住することは不当な占用であり、道路法の
規定に反する違法行為であるとのこと。ただし、彼らに立ち退きを迫ることは、
生活の場の強制的な除去でもある。それゆえ、天候や人々の体調なども配慮しながら
対応するというのが実情であると、担当者は述べる。また、区の生活福祉課の職員等が
定期的に巡回して生活相談を実施するといった、福祉面での支援とあわせて、
継続的な取り組みがなされているという。

記事全文とそのほかの画像一覧 

【探偵ファイル】
 http://tanteifile.com/archives/10058

引用元: ホームレスたちがガード下の歩道を不法占拠、警告も無視!「排除」か「支援」か?(画像あり)

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/12/10(日) 02:53:04.66ID:CAP_USER.net
特定の会社に属さず、自分の能力を武器に自由に働くフリーランスや兼業者の人口は
1100万人を超える規模になった。「働き方改革」の一環で政府も後押しする中、フリ
ーランスが抱える収入や福利厚生面での不安を少しでも解消しようと、新しい支援サ
ービスが広がり始めている。

【日本経済新聞】
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24461210Z01C17A2905E00/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/06/04(日) 05:38:22.61ID:CAP_USER.net
「空飛ぶクルマ」の東京五輪での実用化をめざす若手技術者を、トヨタ自動車が
支援する。手軽に空を飛べる次世代の乗り物をめぐっては、業種をまたいだ世界
的な競争が起きており、日本勢も挑む。

 3日午後、愛知県豊田市の山間部で実験機が垂直に2メートルほど浮いた。長
さ3メートル、幅2メートル、重さ200キロ。四隅のプロペラを電気で動かす。
地上を走る車輪や、人が乗るシートはまだない。

 自動車や航空機業界の20~30代の技術者ら有志約30人でつくる「CART
!VATOR(カーティベーター)」が、週末に実験を重ねている。「誰でも空を
飛べるようにしたい。渋滞に巻き込まれず、道がない所にも行ける」。代表の自動
車エンジニア、中村翼さん(32)はそう話す。

 設立は2012年。20年の東京五輪の開会式で、空飛ぶクルマを使って聖火を
ともすことをめざし、25年には発売したい。開発資金は、メンバーの自腹や、イ
ンターネットで広く出資を募るクラウドファンディングだけでは足りない。トヨタ
グループに支援を求め、4250万円出してもらえることになった。ことし5月の
ことだ。

【朝日新聞】 
 http://www.asahi.com/sp/articles/ASK6252BXK62OIPE012.html?iref=sp_new_news_list_n

続きを読む

↑このページのトップヘ