搭載 : まとめらいぶ

タグ:搭載

1まとめらいぶ2017/02/28(火) 20:39:48.17ID:CAP_USER.net
【engadget】
 http://japanese.engadget.com/2017/02/27/xiaomi-smart-mirror/

【イメージ】
 https://static.home.mi.com/app/shop/img?id=shop_7d516603eee6451d49a3a1c8cacae078.jpeg&w=1080&h=802



中国のシャオミは2017年2月21日、新製品
「Smart Rearview Mirror」を公開しました。

8.88インチの横長ディスプレイを採用し、対話型の音声操作や4G LTE / Wi-Fi接続、
通話、ナビ、ドライブレコーダー、さらに車間距離警告などドライバーアシスト
機能も搭載します。本体価格は中国市場では999人民元(約1.6万円)。

シャオミ(小米)の Smart Rearview Mirror は、自動車のインナーリアビューミラーを
横長のスマートフォンとカメラで置き換えたようなデバイス。

ディスプレイの解像度は1920×480ドットで、約1670万色のカラー表示に対応します。
機能はカーナビゲーションの他、電話や音楽再生など。 ミラーの背面には広角160度で
F1.8と明るいレンズを備えた OmniVision 2718 カメラセンサーを搭載。フルHD 30fps
で前方を記録するドライブレコーダーの機能もあります。

ドライバーアシストシステム「ADAS」は、前後の車間距離
(FCS、PVS)や左右の車線逸脱警報 (LDW) に対応。
 
CPUにはMediaTek製のMT8665プロセッサを採用。シャオミによると、
本体やクラウド上の他に最大64GBまでのmicroSDカードへの映像の記録が
可能で、-20℃から70℃までの幅広い環境下で快適に動作するとしています。

WiFiや4G LTE通信サービスにも対応。LTE使用時には15のバンドに
接続することが可能で、下り最大100Mbpsの高速通信サービスを利用できます。

シャオミは クラウドファンディング でSmart Rearview Mirror への出資を
募っており、すでに目標額の1200%を達成済み。3月31日までには出荷の見込みです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/10/28(金) 09:15:46.09ID:CAP_USER.net
it media ニュース





米Appleは10月27日(現地時間)、新型「MacBook Pro」を発表した。2015年3月に
発表した前モデル以来、1年7カ月ぶりの新型。ファンクションキーに代わって
「タッチバー」を搭載する。価格は14万8800円(税別)から。

 米カリフォルニア州クパチーノで開いた新製品
発表イベントで、ティム・クックCEOが披露した。

 新たに、キーボードのファンクションキーが並んでいた部分に「タッチバー」を搭載。
指紋認証「Touch ID」によって端末のロック解除が行えるほか、Webブラウザの
進む/戻る、音量や明るさ調整、絵文字や予測入力など、ソフトウェアに
合わせてさまざまな機能を割り当てられる。 

ボディーはアルミ製。サイズは13インチと15インチで、色はシルバーとスペース
グレイとなる。13インチモデルは厚さ14.9ミリ、従来より17%薄くなった。重さは
約1.3キロ。15インチモデルは厚さ15.5ミリ、重さは約1.8キロ。

 13インチモデルは、従来と同じようにファンクションキーを備えるモデルが
14万8800円、タッチバーとTouch IDを搭載するモデルが17万8800円から。
15インチモデルは、タッチバーとTouch ID搭載モデルのみで、23万8800円から。

 発送は13インチモデルが28日からで、タッチバーと
Touch ID搭載モデルは2~3週間後を予定している。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/03/09(水) 11:50:26.15ID:CAP_USER.net
【carview】
 http://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20160307-20102777-carview/



3月9日、スズキの新型コンパクトハッチ「バレーノ」が発売された。

昨年の東京モーターショーで披露された同モデルは、インドを起点とした
グローバルコンパクト。Bセグメントながらも軽自動車並みの超軽量ボディを実現し、
エンジンは1.0L直3・直噴ターボと1.2L直4・自然吸気(NA)の2種類を設定している。

価格はターボ車の「XT」が161万7840円、NA車の「XG」が141万4800万円。

なお、NA車は本日から、ターボ車は5月13日の発売が予定されている。

軽さと高剛性を両立した新開発プラットフォームを採用
イタリア語で「閃光」を意味する「バレーノ」は、コンパクトカー市場において
キラリと光る存在になってほしいというスズキの願いが込められたモデルだ。

バレーノから採用されたBセグメント用の新開発プラットフォームは、
ボディ全体の約46%に高張力鋼板を採用したほか、部品レイアウトの最適化や
アンダーボディを連続化して滑らかな形状とするなどの工夫によって、より少ない
部品で高剛性を実現。さらにフロントシートフレームにも超高張力鋼板(980Mpa)
を活用するなど軽量化を徹底し、車重を軽自動車並みに抑えている点が
特徴となる(XT=950kg、XG=910kg)。

足回りは、スポーティさを感じさせつつもロングドライブや後席の乗り心地に配慮した、
しなやかでゆったりとした味付けとされているようだ。

新開発の“ブースタージェット”エンジンに注目
エンジンは2種類。1.2L直4・自然吸気のデュアルジェット・エンジンは、
「ソリオ」や「イグニス」と同じ。副変速機構付CVTと組み合わせることで、
低速域での加速と高速域での燃費向上を狙い、最高出力は91ps、
最大トルクは118Nm、JC08モード燃費は24.6km/Lをマークしている。

注目は“ブースタージェット”と呼ばれる新開発の1.0L直3・直噴ターボだ。

ターボ過給と直噴化によって、1.0Lながらも1.6L自然吸気並みの
パワー&トルク(最高出力111ps/最大トルク160Nm)を発生。

JC08モード燃費は20.0km/Lで、3気筒と感じさせない
静粛性の高さも実現しているという。

ターボ過給圧の制御には、ウエストゲートバルブ式を採用。

トランスミッションにはよりダイレクトなレスポンスを味わえる
6速ATが組み合わされ、パドルシフトも標準装備される。

アルトやイグニスとは別路線のデザイン
内外装のデザイン路線は、好評の「アルト」や「イグニス」とは大きく異なる。

バレーノではデザインテーマを「Liquid Flow(リキッドフロー)」とし、
液体の流れや凝縮したエネルギーを前へ解き放つイメージを表現することで、
流麗かつエレガントなスタイルを追求したという。

ボディサイズは、全長3995×全幅1745×全高1470mm、
ホイールベース2520mm。新開発プラットフォームの採用によって、
コンパクトなボディサイズながら、ゆとりの室内長(1975mm)を確保している。

今や必須の安全装備については、イグニスが採用するステレオカメラ方式ではなく、
「エスクード」と同じミリ波レーダー方式の「RBSII(レーダーブレーキサポートII)」を
採用。同じくミリ波レーダーを使った「ACC(アダプティブ・クルーズコントロール)」と
ともに標準装備される。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/03/04(金) 16:21:08.54ID:CAP_USER.net
【autoblog】
 http://jp.autoblog.com/2016/03/03/lexus-lc500h/



 レクサスLC500hは、
1月にデトロイトモーターショーで発表されたLC500のハイブリッドバージョン。

ジュネーブモーターショーに先駆けて2月にオランダで世界初披露された。

 その動力源は3.5リッターのV型6気筒ユニット
(最高出力 220kw/6,600rpm、最大トルク 348Nm/4,900rpm)
とふたつのモーター(バッテリー最高出力 44.6kw)で、そのモーターに
4段の変速機構を持つオートマチックギアボックスを搭載したことが
LC500hにおける最大のトピック。

これが「マルチステージハイブリッドシステム」という名称の由来となっている。

 これによるメリットは、まずモーターの守備範囲が劇的に広がったことであるという。

ハイブリッドシステムはご存知の通りエンジンの使用状況をなるべく少なくする
ことが第一の目的であった。つまり低速から最大トルクを立ち上げることで
エンジンの小排気量化に貢献し、エンジンの活動範囲を狭めることで
環境性能や省燃費化を達成してきたわけだが、高負荷時には
モーターが追従できず、特に高速走行が重んじられる
ヨーロッパではそのメリットが得にくいと言われてきた。


 しかし今回4段ATを装備したことで、LC500hは低中速域での従来メリットを
残したまま、高速走行時においてもモーターを活用できるようになった。

具体的には200km/h以上の領域でさえ低燃費走行が可能となり、さらには
加速用のデバイスとしてもモーターを用いることができるようになったのである。

 これによってエンジンには思い切って高回転型の特性を持たせることができ、
3.5リッターという小排気量ながらスーパースポーツとして
相応しいパワーを発揮させた。

またダウンサイジングターボにはない、
自然吸気エンジンとしての気持ち良さが実現できた。


 エンジンを制御する遊星ギアのトランスミッションは、CVT的な無段階
変速機構となっているため、どうしてもエンジンの回転上昇感と実際の加速感の間に
違和感があったが、これをモーター側の4速ATが協調制御しドライバーにリニアな
フィーリングを与えることに成功した。

ちなみにふたつの変速機構を併せることで、
10速ATとしての活用が可能になったという。

 トヨタ・ミライが先駆けて実戦しているように、
将来的にトヨタはFCV(燃料電池自動車)の方向へと歩んで行く道筋をきちんと
作っている。その過程においてガソリンエンジンを主軸とするハイブリッドは
過渡期の乗り物とも言えるが、トヨタがLC500hで得たモーターにおける
変速制御の技術は、間違いなくFCVにおいても
主要技術となって行くだろう。

もっともそれ以前に、純粋な走りを楽しめるハイブリッドカーが誕生する
ことの方が、我々にとっては興味の対象であり朗報であると言えるのかもしれない。



LC500hの登場は2017年といわれている。

それを自身で確かめる日は、決して未来の話ではない。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2015/12/15(火) 20:19:59.51ID:YGRGGhjm0 BE:887141976-PLT(16000)
中国のOukitelというメーカーが脅威の10000mAhという
大容量バッテリーを搭載したスマートフォン『Oukitel K10000』を発売。
現在オンラインストアで予約が開始されている。

この大容量バッテリーを搭載した『Oukitel K10000』は自身へのバッテリーだけ
でなく、外部への給電も可能とし、周辺のモバイル機器を充電することも可能。
つまりモバイルバッテリーの役割も果たすという。

参考までに現在発売されているスマートフォンのバッテリーを例に出すと、
『iPhone6s』が1715mAh、『iPhone6s Plus』は2750mAhとなっており、
先日発売された『iPad Pro』が10307mAhとなっている。12.9インチ
画面サイズタブレットと同等のバッテリーを搭載していることになる。

その外部給電を使いラーメンを調理する公式動画が公開されている。
動画は『Oukitel K10000』を10台連結させホットプレートを熱して
調理するというものだ。少し大げさだが、これくらいのことが
出来るというデモ動画である。

『Oukitel K10000』は239.99ドルで販売されている。

仕様は下記に記載。

(以下略)

ゴゴ通信





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ