タグ:搭載

1:まとめらいぶ 2019/09/11(水) 06:32:58.47 ID:CAP_USER
 米Appleは9月10日(現地時間)、iOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 11 Pro」と
「11 Pro Max」を発表した。昨年発売した上位モデル「XS」「XS Max」の後継機に相当し、
背面に初の3眼カメラを搭載。日本などで13日から予約を受け付け、20日に発売する。
11 Proは10万6800円、11 Pro Maxは11万9800円から(以下、税別)。

no title

no title

 11 Proは5.8インチ(2436×1125ピクセル、458ppi)、11 Pro Maxは6.5インチ
(2688×1242ピクセル、458ppi)の有機ELディスプレイを搭載する。

 背面カメラは、有効1200万画素の広角レンズ(F1.8)と望遠レンズ(F2.0)、超広角レンズ
(F2.4)の3眼カメラを採用し、2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、最大6倍のデジタル
ズームに対応。最大60fpsの4K動画も撮影できる。前面カメラは有効1200万画素のTrueDepthカメラ
(F2.2)。暗い場所でも写真を美しく撮れる「ナイトモード」の他、機械学習を活用し、
被写体の顔を認識して明るさを調整する機能も備える。

 プロセッサは「A13 Bionic」チップを採用。機械学習の処理のために
8コアのニューラルエンジンも搭載する。

 カラーは、ミッドナイトグリーン、スペースグレー、シルバー、ゴールドの4色。11 Pro、
11 Pro Maxのバッテリー駆動時間は、前モデルのXS、XS Maxと比べるとそれぞれ4時間、
5時間長くなったという。防水・防じん性能は、IP68等級。最大水深4メートルで最大30分間
耐えられるとしている。

 11 Proの本体サイズは144(高さ)×71.4(幅)×8.1(厚さ)ミリ、重さは188グラム。
11 Pro Maxの本体サイズは158(高さ)×77.8(幅)×8.1(厚さ)ミリ、重さは226グラム。

 11 Pro、11 Pro Maxともにストレージ容量ごとに3種類のモデルをラインアップ。11 Proは、
64GBが10万6800円、256GBが12万2800円、512GBが14万4800円。11 Pro Maxは、
64GBが11万9800円、256GBが13万5800円、512GBが15万7800円。

【IT media NEWS】
 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/11/news063.html

引用元: 【スマホ】Apple、3眼カメラ搭載「iPhone 11 Pro」「11 Pro Max」発表

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/01/30(水) 13:32:18.11 ID:CAP_USER
 ドン・キホーテは、プライベートブランド「情熱価格プラス」から、360度カメラを搭載した
ドライブレコーダーを1万2800円(税別)で2月9日に発売する。「市場最安値水準」としている。

 200万画素のカメラを搭載。左右や後方含む360度の視野をカバーした。撮影モードは、前方向を
撮るフロントモード、幅広い視野のワイドモード、車内前方と運転席を写す球面モード、前後左右を
とらえるマルチウィンドウモードの4パターンから選べる。3D衝撃センサーも備えている。

 最大32GBのMicro SDカードに映像を保存可能。
サイズは約93(幅)×31(奥行き)×63(高さ)ミリ、本体の重さは約105グラム。

no title

no title

【IT media NEWS】
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1901/30/news076.html

引用元: 【製品】ドンキ、360度カメラ搭載ドラレコを1万2800円で発売 「市場最安水準」

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/05/04(金) 03:36:37.54 ID:CAP_USER
2018年は3億台のノッチありスマートフォンが購入されると、調査企業Counterpointが
発表しました。今年売れるデバイスの19%、実に5台に1台がノッチありデザインとなる
計算になります。

ノッチありデバイスの55%がAndroid

中国ベンターHuawei、Oppo、Vivo、Xiaomiが販売するノッチありディスプレイ搭載
デバイスは、2018年に1億台を超えるといわれています。

「(ノッチありデバイスのうち)55%がAndroidスマートフォンが占め、多くのOEM企業が
フラッグシップ機としてノッチありディスプレイを搭載してくるだろう」と、Counterpoint
はコメントしています。

今年販売される3億台のノッチありスマートフォンのうち、AppleのiPhoneが残りの45%を
占めるといわれています。Appleは次世代iPhoneにもノッチありデザインを採用すると
みられています。

AppleのiPhone Xは、数年前からAndroid企業の間ですでに持ち上がっていたとされるノッチ
のデザインを初めて市場に打ち出し、成功を収めました。

その後、Androidデバイス企業が次々とノッチをコピーし、Androidにノッチの嵐が吹き
荒れる状態となりました。

しかしながら、あえてノッチなしでフラッグシップ機を展開する企業も中には登場して
きており、ノッチのトレンドがこの先どこまで続くのかは不透明な状態となっている
ようです。

【iPhone Mania】
 https://iphone-mania.jp/news-211044/

引用元: 【スマホ】2018年に購入されるスマホの5台に1台はノッチありディスプレイ搭載

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/10/20(金) 04:25:23.95ID:CAP_USER.net
5代目新型レクサスLSが10月19日に発売されました。「トヨタ」ブランドでは、
クラウン、そしてセンチュリーと看板サルーンの次期モデル(コンセプトカー)
を東京モーターショーへの出展が発表されており、さらにLSというレクサスの
最上級サルーンが発表されたことになります。



エンジンは、レクサス初のV型6気筒3.5Lツインターボエンジンを搭載し、圧倒的な
静粛性とフラットなトルク特性を活かした加速フィーリングを両立したとしています。



また、理想的なボア×ストローク比としたほか、吸気効率向上や燃焼室内の気流強化
により高速燃焼を実現したそうです。さらに、高効率ツインターボチャージャー
との組み合わせもあって、世界トップレベルの熱効率、そして高い出力と燃費
性能を達成。組み合わされるトランスミッションは「Direct-Shift 10AT」。

ハイブリッドは、LC500hで新開発された「マルチステージハイブリッドシステム」
を搭載。レクサスのハイブリッドシステムに有段ギヤを組み合わせた独自の機構で、
高回転化したV6 3.5Lエンジンと走行用モーター両方の出力を制御。低速から
力強い駆動力を生み出し、パワフルな走りが得られるそう。

なお、同日、神戸製鋼製の強度偽装問題についてトヨタは、同社からトヨタに直接
納入された分のアルミ板の車両への「影響はなし」、仕入れ先経由のアルミ板も
「影響なし」としています。ほかの銅管、鋼線など、クラッド材、アルミ押出、
銅製品、鉄粉、ターゲット材などについては確認中とのこと。

というのも、新型LSにも当然、アルミ材などの軽量化に貢献する部材が使われて
いるからで、同モデルは「GA-Lプラットフォーム」のもと、アルミ部材を
積極的に採用しながら、エンジンなどの重量物を車両中心近くに配置。

軽量化やセダンとして理想的な重心高、前後重量配分にするため、アルミ部材の
採用が欠かせないとしています。また、ボディはねじり剛性向上などの
高剛性化により、優れた操舵応答性、操縦安定性を実現しているそう。

ほかにもまさに見どころ満載となっている新型レクサスLS。価格は3.5L V型6気筒
ツインターボのレクサスLS500が9,800,000円~15,400,000円。3.5L V型6気筒搭載
のハイブリッドが11,200,000円~16,800,000円です。

【クリッカー】
 https://clicccar.com/2017/10/19/522457/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/08/11(金) 11:33:54.92ID:CAP_USER.net


LGの次のスマートフォンはレンズがすごい。

LGはVシリーズの次期フラグシップ端末「V30」を
8月31日に発表することを明らかにしました。

V30には、スマートフォン史上最も明るいF1.6の明るいレンズを搭載します。
デジタル一眼レフカメラのレンズでも中々見ないF1.6という大口径レンズ。
それがポケットサイズのスマートフォンで実現できるまでに技術は進化して
いるようです。ちなみに、現時点で一番明るいレンズを搭載するスマート
フォンは、サムスンのGalaxy S8のF1.7です。



LGの発表によると、V30に「クリスタルクリアレンズ」を採用したことにより
従来のプラスチックレンズよりも高い集光能力と色再現性を実現したとのこと。
前機種のV20と比べて、V30のリアカメラモジュールは広角撮影時のエッジの
歪みを3倍カットしながら、レンズのサイズは30%小さくなり、さらにレーザ
ー検出AF、光学手ブレ補正と電子式手ブレ補正を搭載し、より高精細な写真
が撮影できるようになりました。

SlashGearが報じるところによると、LG V30には、P-OLEDスクリーン、チップ
はクアルコムのSnapdragon 835、メモリは4GB(もしくは6GB)、Quad DAC
のオーディオシステム、ワイヤレス充電機能が搭載されるとのことです。

同じ韓国勢、サムスンのフラッグシップ機Galaxy Note 8は、8月23日に発表、
9月15日から発売すると報じられています。iPhone 8の噂も続々と。2017年
の最新スマートフォンはどこまで限界に挑むことができたのか。
その答えが楽しみです。

【gizmodo】
 http://www.gizmodo.jp/2017/08/lg-v3-16-lens.html
続きを読む

↑このページのトップヘ