タグ:提訴

1まとめらいぶ2017/10/26(木) 23:41:59.72ID:CAP_USER9.net
59歳の誕生日までに彼女が欲しい。

そんな思いで登録した出会い系サイトに約5千万円もの大金をつぎ込んだのに、
相手の女性はサクラだったとして、関西地方に住む60代の男性がサイト運営
会社に対し、支払った金額分の賠償などを求める訴訟を裁判所に起こした。

男性はサイトを通じて「女性」と連絡を取り合ったが、会う約束をしてもドタ
キャンされるばかり。さらに「悪者から女性を助けるために必要」などとポイ
ント購入を要求されるなどしていた。「女性はサクラに違いない」という男性
の訴えに対し、サイト側は「実在の女性だ」などと反論。果たして裁判所はど
ちらの言い分に軍配を上げたのだろうか。

約5年前、男性は59歳の誕生日を前に、ある出会い系サイトに登録した。サ
イトに登録すれば会員のプロフィルを見たり、会員同士でメールをやりとりし
たりするのが可能になるが、それをするには有料のポイントが必要。1ポイン
ト10円で、メールの送信は22ポイント、受信は24ポイント。会員のプロ
フィル写真を見るだけでも30ポイントを消費してしまう。

男性はやがて、サイトを通じて「あやか」(仮名)と名乗る人物と知り合った。
メールのやりとりをするうち、次第にあやかに好意を持つように。2回会う約
束をとりつけたが、いずれも直前でキャンセルされてしまう。うち1回の理由
は「急用」というありがちなものだったが、2回目の理由は「悪者に追いかけ
られているため、身動きがとれない」。

なにやら雲行きがあやしくなっていた。
あやかは会う約束をキャンセルしただけでなく、男性に「『大丈夫!』『守る
!』『安心して!』って10回送って」とメールの送信を要求してきた。もち
ろん、メールを送ればその分、有料ポイントを消費してしまう。ただ、男性は
これに応じてしまった。振り込み詐欺では、さまざまな人物が代わる代わる登
場して会話のペースを握り、相手の判断能力を奪う。

男性の場合、あやかに加え、「佑美」(仮名)と名乗る人物が登場する。同じ
くサイトで知り合った女性なのだが、佑美は自らを超能力者だとして、「あや
かを悪者から助けるために必要」と訴え、こんなメールを送ってきた。

「『ズーロア・ドッテイナユ』これを10回伝えて!」意味不明。文言はグー
グルで検索しても出てこない。この文言を10回メールせよ、というのだ。だ
が男性は要求に従いメールを送信した。そしてポイントがなくなると、佑美は
「ポイントなければどうするの?それくらい自分でわかるでしょ?」とポイン
ト購入を催促してくることもあった。

さらにこの2人に加えて第三の人物も登場。悪者に捕らわれたあやかの居場所
を特定するためや、男性自身にも危険が及んでいるのを回避するためとして、
『解読』『PASS』などの言葉をメール送信するよう要求した。

ほかにも「大金をあげるから」と特定の数字や記号をメールで送るよう指示さ
れたこともあった。気づけば男性は、サイトを利用し始めてから約3年間で計
約5千万円もの大金をサイトにつぎ込んでいた。男性はサイトの運営会社を相
手取り、これまでに支払った全額の返還を求める訴訟を起こしたのだった。「
女性はサクラ」という男性の訴えに対し、サイト側は「あやかと電話で実際に
話したこともある」などとした上で、「あやかは実在の人物であってサクラで
はない」と真っ向から反論した。

あやかは実在するか否か-。裁判所が下した結論はサクラだった。

裁判所は判決理由の中で、サイトに登録されている女性のプロフィル写真の一
部が、香港や台湾の女性モデルだったと認定。その上で、サクラと認められる
要因の1つとしてドタキャンの言い訳を挙げた。あやかは「悪者に追いかけら
れている」と言い訳メールを送っていたが、裁判所は「明らかに不自然な理由
で会うのを拒否している。サイトの会員ならこのような無意味なやりとりを行
う合理的な理由はない」と指摘。あやかについて「実際に会えると誤信させて
ポイントを消費させるよう指示されていたサクラだった」と判断した。

さらに「仮に実在の人物でも、サイト側から指示を受けてメールのやりとりを
していた」と述べ、女性が実在しようがしまいがサクラには代わりがないとし
て、サイト側に支払い分の賠償などを命じた。

【産経WEST】
 http://www.sankei.com/west/news/171024/wst1710240001-n1.html

出会い系

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2017/09/13(水) 12:08:00.04ID:CAP_USER9.net
NHK福島放送局は12日、テレビがあるのに受信契約を結んでいない県内の
5世帯に対し、契約の締結と受信料の支払いを求めて福島簡裁に提訴したと発
表した。受信未契約での提訴は県内で初めて。

NHKによると、営業担当者が各世帯を訪問したり、電話などで何度も受信契約を
求めたりしてきたが、拒否されたという。8月25日に5世帯に民事訴訟を起こす
との通知を発送していた。

NHKの担当者は「丁寧な対応を重ねてきたが、契約が困難と判断した。最後の手段
としてやむを得ず民事訴訟に至った。受信料の公平負担の徹底のため、あらゆる努力
をしていきたい」とした。NHKによるとこれまで、20都道府県で同様の民事訴訟
を計270件起こした。
 
【福島民友】 
 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170913-203551.php

異議あり!

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2016/06/30(木) 17:53:25.75ID:CAP_USER.net
gigazine





中国のスマートフォンメーカーが「iPhoneは同社のスマートフォンのデザインを
パクっている」として特許侵害を訴え、北京市でiPhoneの販売停止命令がAppleに
下されましたが、今度は「iPhoneやiPad、iPodは私のデザインを盗んでいる」
と主張する男性により訴えられました。しかも、訴えを起こした男性は100億ドル
(約1兆270億円)というものすごい額の賠償金を求めています


MacRumorsやThe Telegraphなどさまざまなメディアが
報じたところによれば、Appleを提訴したのはフロリダ州在住の
トーマス・ロス氏です。ロス氏は1992年5月23日から9月10日に
かけて「Electronic Reading Device」という名前の端末の
デザイン案を手書きで作成しており、AppleのiPhone、iPad、
iPodのデザインがElectronic Reading Deviceに酷似
しているとして訴訟を起こしました。

ロス氏はElectronic Reading Deviceが長方形の形状や角が丸くなった
デザインになっていて、バックライト点灯式のタッチスクリーンを搭載し
小説や新聞を読んだり、写真や映像を視聴したり、電話のような
コミュニケーションやインターネットに接続したりすることが可能
なデバイスであり、

「1992年以前には決して存在しなかったデザインと機能が融合している」

と主張しています。

ロス氏がデザインしたElectronic Reading Deviceは左の端末で、右がiPhoneです。

二つ目のデザインはデュアルスクリーンを搭載した端末になっています。

Electronic Reading Deviceの特許はどうなっているのかというと、ロス氏が
1992年11月に申請したものの、アメリカ特許商標庁により1995年に却下され
ました。特許申請が却下された理由は、ロス氏が申請料金を支払わなかった
からとのこと。しかし、ロス氏は2014年に今度はアメリカ著作権庁に
Electronic Reading Deviceの著作権登録を申請しています。

「お金では治らない取り返しのつかないダメージを被り続けている」と話す
ロス氏は陪審裁判を要求しており、約1兆270億円の賠償金とAppleが
iPhone・iPad・iPodの販売で得た売上の最大
1.5%の支払いを求めています。

なお、2015年第4四半期のAppleの売上高515億100万ドル(約5兆3000億円)の
うち62.5%はiPhoneの売上高になっており、これにiPadやiPodなどの売上高を
含めると、ロス氏が求めている1.5%でもすごい額になりそうです。
続きを読む

↑このページのトップヘ