タグ:捏造

1:まとめらいぶ 2018/11/20(火) 07:24:27.62 ID:CAP_USER
「歴史を忘れた民族に未来はない」
日本の戦争責任などを問う際に、韓国で繰り返されてきた言葉だ。
だが、韓国では“歴史”が正しい史料に基づいて認識されていないのではないか。

 2015年1月にKBS(韓国の公共放送)が放送した教養番組『根深い未来』の予告編
映像の画像を見ていただきたい。番組は第2次世界大戦後の竹島の歴史を紹介するもので、
「独島を奪おうとした日本」というテロップとともに、旭日旗を掲げた日本軍が竹島を目指す様子を
写している(写真左側)。だがこれは、1944年6月のノルマンディー上陸作戦時の写真(同右側)に、
旭日旗を持つ日本兵と竹島を合成したものだった。

 放送したKBSは、韓国の地上波3大ネットワークの一角を占める公営放送局である。
韓国メディアに詳しいジャーナリストの崔碩栄(チェソギョン)氏が解説する。

「同局は全国に支局網を有する韓国で最も歴史のあるテレビ局です。ニュースの信頼性も高いと
評されている。そのKBSが『独島(竹島の韓国名)の歴史を紹介する』番組の予告編で
〈独島を奪おうとした日本〉との字幕とともに繰り返し流したのが同写真です。

 目にした瞬間、“見たことがある写真だな”と感じ、調べると合成写真と判明しました。KBSに
事実確認の問い合わせをすると、『番組を制作したのは外部のプロダクションなので、
そちらに訊いてくれ』と逃げの回答に終始し、最後まで非は認めませんでした」

崔氏によれば、「第2次世界大戦後、旧日本軍が旭日旗を掲げボートで侵略を試みたが、
韓国の独島義勇兵によって撃退された」という合成写真で表現されている“歴史”が、
韓国では国民に浸透しているという。

 もちろん、実際の歴史は全く違っている。竹島は1951年9月に締結されたサンフランシスコ講和
条約で日本の領土であることが確認されている。しかし1952年1月、当時の李承晩・大統領が
一方的に軍事境界線(李承晩ライン)を引き、竹島の領有を宣言。
以降、韓国の不法占拠が続いている。

【NEWS ポストセブン】
 https://www.news-postseven.com/archives/20181120_806116.html

no title

ノルマンディー上陸作戦が「竹島写真」に(KBSが放送=左。AP/AFLO=右)

引用元: 【韓国TV局】ノルマンディー上陸写真に旭日旗と竹島を合成

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/11/14(水) 16:45:41.91
日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」の「祭り企画」デッチ上げ問題。昨年2月12日の
2時間スペシャルで放映された「カリフラワー祭りinタイ」でも同様の疑惑が浮上した。

「カリフラワー祭り」は、昨年1月14日、タイの中部・ペッチャブーン県の外れにあるサイヨン村で
行なわれた。二人三脚で泥沼を駆け抜け、カリフラワー20キロを収穫するスピードを争うレースで、
2月の放送では「カリフラワーの名産地で年に1度、その収穫を祝う祭りが開かれる」などと紹介
された。「お祭り男」の宮川大輔(46)に加え、「NEWS」の手越祐也(31)も参戦。
番組は22.2%の高視聴率を記録していた。

 だが、サイヨン村の村長は疑問を呈する。

「テレビ番組のコーディネーターを夫に持つ地元住民から
『日本のテレビが来るのでラコーン・サン(短いドラマや芝居)を作りたい』と言われ、開催した。
話し合いの中で去年は野菜の値段がとても安かったこともあり、カリフラワーを使ったゲームをする
ことになったのです。当日は年に1度の子供の日で、あのゲームは収穫を祝うものではありません」

さらに「週刊文春」が現地で取材したところ、祭りの出場者には賞金や参加費などが渡され、
「イッテQ!」の海外コーディネーションを担当するM社が「祭り」の運営費を負担している
ことなどが分かった。

【文集オンライン】
 http://bunshun.jp/articles/-/9660

no title

no title

引用元: 【悲報】 文春砲、イッテQに2発目が炸裂!次はタイで祭りを捏造。打ち切り確定へwwwww

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/11/08(木) 11:16:01.555 ID:SSQA4EX8M
no title

no title

no title

no title

【YouTube】
 https://www.youtube.com/watch?v=4Q_SONkSPt4

引用元: イッテQ、捏造疑惑のある「ラオスの橋祭り」、TVのセット感がすごいwwww

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

↑このページのトップヘ