成功 : まとめらいぶ

タグ:成功

1:まとめらいぶ 2019/07/12(金) 03:32:22.33 ID:CAP_USER
ほぼ光速に達している。

超大質量ブラックホールの自転速度を測定成功(記事全文です)

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00010001-sorae_jp-sctch

YAHOO!JAPAN NEWS,sorae 宇宙へのポータルサイト

【科学(学問)ニュース+】

no title

(画像)ブラックホール(想像図)

NASAは7月3日、オクラホマ大学のXinyu Dai氏らによるX線観測衛星「チャンドラ」を利用した
研究によって、遠方宇宙にある超大質量ブラックホールの自転速度を測定することに成功したと
発表しました。

no title

(画像)チャンドラがX線で捉えたクエーサーたち。重力レンズ効果によって複数の像に分裂して
見えています

・「アインシュタインの十字架(Einstein Cross)」と命名
観測の対象となったのは、98億から109億光年先にある「クエーサー」。クエーサーは周囲の物質を
活発に飲み込む超大質量ブラックホールの存在を示すものとされており、飲み込まれつつある物質に
よって形成された降着円盤の輝きは、ブラックホールが存在する銀河をも上回るほどです。

ただ、どんなクエーサーでも良かったわけではありません。研究チームが選んだのは、クエーサーと
地球との間に別の銀河が存在することで生じる「重力レンズ」効果によって、複数の像に分かれて
見える5つのクエーサーです。そのなかには、重力レンズの存在を予言したアルベルト・アイン
シュタインにちなんで「アインシュタインの十字架(Einstein Cross)」と名付けられた
「Q2237+0305」(以下「Q2237」)も含まれています。

no title

(画像)「アインシュタインの十字架」こと、クエーサー「Q2237+0305」のX線画像

Q2237の超大質量ブラックホールの自転速度は”ほぼ光速”
研究チームは、重力レンズ効果をもたらす銀河のなかにある恒星によって生じる
「重力マイクロレンズ」効果も利用して、背後にあるクエーサーから発せられたX線をチャンドラで
観測しました。その結果、Q2237に存在するとみられる超大質量ブラックホールの自転速度はほぼ
光速に達しており、その他のクエーサーはその半分ほどの速度で自転していることが判明しました。

発表では、なぜそこまでの速さで自転できるのかについても言及されています。それによると、
自身の自転と一致する方向から何十億年にも渡って物質の供給を受けることで、
ブラックホールは成長すると同時に自転速度を加速させていったといいます。

ブラックホールの周囲に形成される降着円盤はブラックホールの自転方向と揃うので、
そこから物質が流れ込むことで、自転そのものが正のフィードバックを受けて加速され
続けることになるわけです。

人類が直接撮像に成功したブラックホールは、今のところ楕円銀河「M87」の中心にある
超大質量ブラックホールのみ。その他のブラックホールはあくまでも仮定の存在ではある
のですが、もはやブラックホール抜きでは説明できない天体も数多く、現在ではその存在
が当たり前のものとして研究が進められています。

sorae 宇宙へのポータルサイト

引用元: 【宇宙】ほぼ光速に達している。超大質量ブラックホールの自転速度を測定成功[07/12]

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/10/06(土) 22:28:04.30 ID:CAP_USER9
コナミの人気音楽ゲーム『ダンスダンスレボリューション(DDR)』で57kgもの減量に成功。

九死に一生を得た米国人男性の話が注目を集めている。

米アーカンソー州在住のXopher氏は2012年、
医師から「痩せなければ今後は心臓移植が必要になる」と宣告された。
当時肥満に苦しんでいた彼の体重は147kg。

しかしここで幸運が舞い込んでくる。
大好きなアーケードゲーム『DDR』の筐体を格安で落札することに成功。
これを自宅に招き入れた彼は、少しずつではあるが、エクササイズを兼ねて
プレイすることにしたのだ。

<海外の反応>
すげぇ男だ!
おめでとうございます
ハリウッドはこっちを映画化しろwwww
↑「ダンスで地球滅亡の危機を救う」とかしてる場合じゃないよね。
アメリカの肥満はガチで深刻な社会問題やし
ゲームが男性の命を救った
こういう話いいよね
DDRはわりと激しい運動になるもんな。楽しみながらのダイエットにはもってこいだわ
素晴らしい話だな!体重の次は童貞を捨てられるよう頑張れ!

食事にも気をつかうようになり、約半年ほどでスタミナもゲームスキルも大幅に向上していった。
そして2014年からの2年間で23kgもの減量に成功。そして次の2年でなんと体重は90kgまで落ちた(57kg減)。

血圧や心拍数も正常値に近づき、生まれて初めてXopher氏は健康体になったのだ。

「助かったのはDDRのおかげであり、仮にこれがなければモチベーションが上がらなかった」とXopher氏。

「ゲームで高得点を取ることでダイエットが順調だとすぐに分かるのが良い」と付け加えている。

no title

no title

<海外の反応>

完全に別人だな
この記事読んで久しぶりにDDRしたくなったw
もうこれをeSport競技にしろよ
4年で57kg減量はDDRよりも食事の変化が大きい気がする。
毎日炭酸飲料ばっかの生活してたらブクブク太るし俺もDDRで10kg近く痩せたからすごい彼に共感できる~
ゲームは結果が目に見えるからね
DDRは十分役に立ったと思うよ
筐体買うっていくらぐらいするものなんだ

no title

no title

【ユルクヤル】
 http://yurukuyaru.com/archives/77752936.html

引用元: 【ゲーム】『ダンスダンスレボリューション』で57キロのダイエットに成功した猛者現る (写真あり)

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/04/13(金) 15:19:56.19 ID:H7QfgtV60● BE:844481327-PLT(13345)
動物写真家の湊和雄さん(59)=西原町=が、日本一美しいカエルといわれる絶滅
危惧種で沖縄県の天然記念物「オキナワイシカワガエル」の青い個体を発見し、間近
での撮影に成功した。
10日深夜、国頭村の林道を観察のために歩いていた時に撮影し「初めての出合いで
うれしい」と喜んだ。

湊さんは約40年間、やんばるの豊かな森に通い、昆虫や動物を撮影してきた。
これまで通常の緑色のオキナワイシカワガエルを何百匹も見てきたが、青い個体を見
たのは初めてだった。

この日は森の中を約3時間ほど歩いたが、森が乾燥しあまり動物が見られなかったと
いう。青いカエルは諦めて引き返した時に遭遇。「オキナワイシカワガエルは冬が繁
殖期だが、周りから鳴き声が聞こえ『まだいるんだ』と思っていた」と振り返った。

「青い個体が存在するとは知っていたが、生息する地域に偏りがあると聞き、ずっと
見たいと思っていた」と湊さん。発見したカエルは3~4センチほどで、幼体だった
とみられる。

琉球大学の富永篤准教授は「黄色の色素胞欠乏で青くなる。
以前に比べ、青いオキナワイシカワガエルの目撃例はよく聞くようになってきている
が、まれな存在だ」と話した。

【琉球新報】
 https://ryukyushimpo.jp/photo/entry-700020.html

no title

引用元: 【画像】日本一美しいカエルの超レア個体を撮影に成功

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/03/18(日) 17:37:53.36 ID:HadyD0pW0 BE:416336462-PLT(12000)
AIが人間の脳活動の“解読”に乗り出している。年明け早々に京都大学の研究チームが発表
した論文は、今なお世界中から注目を集め各種のメディアが話題にしている。その研究の
内容は、見ている画像それ自体をその当人の脳活動の情報からAIが再構成するという驚く
べき研究だ。つまり、脳活動からどんなものを見ているのかがわかるのだ。きわめて複雑
な人間の脳活動を比較的容易にモニターできるfMRI(磁気共鳴機能画像法)の登場によっ
て、昨今さまざまな研究が盛んに行われるようになっている。こうした研究により、人間
の特定の感情や行動が、脳のどの部位の活動と結びついているのかが徐々に明らかになっ
てきているのだが、そうはいってもまだまだ脳活動の全容解明には程遠いと言えるだろう。
そこで近年、目覚ましい進化を遂げているAI(人工知能)に脳活動の“解読”をやらせてみる
アイディアが出てくるのも自然な流れだろう。京都大学の研究チームは、AIにfMRIでモニ
ターした人間の脳活動の動きを機械学習させた。すると、驚くべきことにAIは人間が見て
いる画像を脳活動の情報をもとに再構築して描写できることがわかってきたのだ。

学術論文サーバ「Biorxiv」で今年1月に発表された
「Deep image reconstruction from human brain activity」と題された研究論文では、人間
が見ている画像を、fMRIで測定した脳活動の情報をAIが“解読”して画像を再現できること
が示されている。個別に把握するには複雑すぎる「脳活動だが、膨大な脳活動情報を機
械学習したAIは、視覚情報と脳活動のリンクを暫定的ではあるもののいくつも見つけ出
していることになる。研究に使われた画像はフクロウやカメレオン、トラなどの生物の
画像や、旅客機やビールジョッキといった物体からアルファベットの文字までさまざま
だ。そして直接画像を見ないで心の中で思い浮かべた絵についても、AIは“解読”して画
像化することに成功している。いわばAIによる“読心術”がある部分ではもはや現実のも
のになっているのだ。今後さらにこのAIが機械学習を続けていけば、再現できる絵はさ
らに正確で詳細なものになるだろう。

【トカナ】
 http://tocana.jp/2018/03/post_16316_entry.html

no title

【YouTube】

 

引用元: AIで人間の“記憶の画像化”に成功!もうなんでもありだなAIw

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/12/26(火) 19:21:44.11ID:CAP_USER9.net
【産経ニュース】
 http://www.sankei.com/smp/life/news/171226/lif1712260032-s1.html

山形県は26日、サクランボの新品種「山形C12号」の開発に成功したと発表した。
人気の高級品種「佐藤錦」など従来品種より果実が大きく、柔らかくなりにくいため日
持ちにも優れる。市場に出回るのは早くても2022年ごろになりそうだが、県は海外
輸出も視野に、佐藤錦と並ぶブランド品種に育てたい考えだ。

県によると、C12号の大きさは500円玉より大きい直径28ミリ以上が中心。19
~24ミリが中心の佐藤錦より大きく重さも約2倍。糖度20度以上と甘さも同等だ。

 従来のサクランボは実が柔らかくなり日持ちがしにくかったが、C12号は果肉が硬
く日持ちするため、輸送に時間がかかる海外への輸出も期待できる。

 吉村美栄子知事は26日の記者会見で「一口で食べられる大きさだが、食べ応えがあ
る。サクランボ県の主力品種として羽ばたいてもらえれば」とアピールした。



続きを読む

↑このページのトップヘ