1まとめらいぶ2017/05/18(木) 11:38:03.95ID:CAP_USER.net
「憲法って、ただの紙の上に書かれた文章」「お金を稼ぎたいなら生命保険に入り、水の
入った洗面器に顔をつければいい」LINE上級執行役員の田端信太郎氏が、Twitter上で過激
な発言を行い批判を浴びている。LINEは5月17日、「田端氏が法律を軽視するような発言を
行ったことは大変軽率な行為」とし、厳重注意したことを明らかにした。  

「テレビって見てる視聴者は、常に善良で勤勉な市民で被害者という仮定を置いてるよね。
そんなにバーキン欲しいなら視聴者どもよ、自分が金稼げ!って思うけどなー。 」

@tabbata
 https://twitter.com/tabbata/status/863210774465978369

「まず生命保険に入りましょう。そして洗面器を用意し水を張ります。水に顔をつけて10分
もすれば!凄い時給でお金が貰えます!! 」

@tabbata
 https://twitter.com/tabbata/status/863280109343526912

 14日には、「憲法では全ての個人に生存権が保証されている」との意見に反論する形で、
「憲法って、ただの紙の上に書かれた文章ですよね。。。実際に餓死しそうな人がいるとき
に、「憲法」がアンパンを恵んでくれたりするのですか? 誰か、生身の人間が、お金を出
してアンパン買うところから始まりますよね?」などとツイートした。

「憲法って、ただの紙の上に書かれた文章ですよね。。。実際に餓死しそうな人がいるとき
に、「憲法」がアンパンを恵んでくれたりするのですか? 誰か、生身の人間が、お金を出
してアンパン買うところから始まりますよね? 」

@tabbata
 https://twitter.com/tabbata/status/863765816315072512

LINEは田端氏の一連のツイートについて「SNS上での投稿は、個人の投稿であり、当社の
方針と関係するものではない」としつつも、「当社従業員が法律を軽視するような発言を
行ったことは大変軽率な行為だった。今後、同様のことがないよう、当人には厳重に注意
するとともに、当社従業員に対して、より一層の順守徹底を行う」とコメントした。

 厳重注意を受けた後も、田端氏は問題のツイートを削除していない。LINEによると
田端氏は、「SNSの特性上、一度公開したものを削除したとしても、発言した事実は
インターネット上に残るため、一度発言した内容についての削除対応を行ったことは、
明らかな事実誤認などを除いてない」と話しているという。

 田端氏はLINEの法人ビジネス担当上級執行役員。リクルートやライブドアなどを経て
現職に就いた。メディア論や広告に関する著書もあるほか、SNSで精力的に発言してお
り、これまでにも、過激な発言が話題になったことがある。15日には「炎上マーケティ
ングでフォロワーを増やしている」ともツイートしている。

「匿名アカウントにどんだけディスられてもw実名アカは痛くも痒くもない。ミジンコが
なんか喚いてるなー、くらいに感じるだけっす。いつも私の炎上マーケティングでフォロ
ワー増施策にご協力有難うございます。 」

@tabbata
 https://twitter.com/tabbata/status/864484722725969921

【IT media NEWS】

 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1705/18/news074.html

厳重注意

【イメージ画像】
【【IT】『憲法って、ただの紙の上に書かれた文章』役員の“過激ツイート”にLINEが厳重注意】の続きを読む