復活 : まとめらいぶ

タグ:復活

1:まとめらいぶ 2018/07/08(日) 17:13:12.33 ID:aI6W0KEi0● BE:324064431-2BP(2000)
no title

no title

浸水のイオン、商品散乱 テナント従業員「中に入れず」

【朝日新聞】
 https://www.asahi.com/articles/ASL773546L77TIPE008.html

引用元: 【画像】イオンで被害にあった車たちが奇跡に復活を遂げる

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2018/01/26(金) 21:32:13.22 ID:0WBEnsl40● BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典
突如として世の中から姿を消していた、伝説の日本人ユーチューバーSyamu(シャム)氏。

広島県出身。笑顔とノリノリのアクションが人気のユーチューバーで、世界中に多くの
ファンがいる。そんな彼が復活したのだから、ファンが歓喜しないはずがない。

・ひきこもり支援施設でボランティア活動
彼は2018年1月26日に突如として、代理人を立ててTwitterを開始。YouTubeも開始して
おり、いま現在は、ひきこもり支援施設でボランティア活動をしているとのこと。ユー
チューバーだった彼がボランティア活動をしていたとは驚きだ。以下は、Syamu氏のコ
メントである。

・Syamu氏のTwitterコメント
「お久しぶりです。シャムです。 僕は今、ひきこもり支援施設に通い、ボランティア活
動をしています。 主な活動内容は、喫茶店やバザー運営の手伝いなどをしています。 僕
は将来、ひきこもりの方やひきこもりを子に持つ親の支援をしたいと考えています」

「そこで皆様には、僕が現在通っている施設への寄付をお願いしたいです。施設の方の
承諾を得られるまでは、その施設名は伏せさせて頂きたいと思います。また後ほど詳細
をツイート致します」

・Syamu氏の代理人コメント
「アカウント立ち上げた者です。シャムさんの自宅付近で、偶然シャムさんと出会いま
した。団地一周後そろそろ引き上げようかなぁとしていた時、こちらを窺う小柄な男性
が・・。シャムさんだと分かった時は本当にびっくりしました」

「本人の希望でインターネットカフェに行き、復帰の予告をした次第です。何度も復帰
を考えていたそうですが、ネットの環境が無い上、インターネットカフェに行くお金も
無かったそうです」

「寄付については「自分の知名度を利用して、ひきこもりなど自分と同じ境遇にいる人
を支援したい」という本人の強い希望です。動画の収益も全て寄付するみたいです」

・収益がすべて施設に寄付される
なにより素晴らしいのは、彼のYouTube動画の収益がすべて施設に寄付されるとい点
だ。視聴者の我々にとっても、動画を見て楽しみつつ、施設に寄付できるというなん
とも嬉しい展開となる。

(以下略)

【buzz plus news】
 http://buzz-plus.com/article/2018/01/26/syamu/

no title

引用元: 【朗報】伝説の日本人ユーチューバーSyamu(シャム)が復活 / YouTube動画収益はすべて寄付する神っぷり

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2018/01/13(土) 17:55:10.64 0
ホンダ、新型インサイトが洗練されたデザインで復活!デトロイトショーで世界初公開

ホンダ電動化の核となるモデルとして、インサイトの名が復活する。
北米ホンダは、新型インサイト(プロトタイプ)の新たな画像を公開した。
新型インサイトは、ホンダの北米向け乗用車ラインナップの中ではシビックの上位に
あたるプレミアムコンパクトとして位置づけられており、洗練されたデザインと広々
とした室内空間を両立した5人乗りセダン。デザインでは、ホンダのデザインシグニ
チャーである「フライングウイング」を採用し、太いグリルとシャープなLEDヘッド
ランプでワイド&ローを強調している。LEDライトとテールライトをつなぐキャラク
ターラインはダイナミックな造形とし、クーペのようなルーフラインを表現した。ま
た、室内はホイールベースを長くとることで、新型インサイトはクラストップレベル
の広々としたパッセンジャースペースを実現。上質なインテリアと最新のインフォテ
インメントシステムを採用した。新型インサイトのパワートレインは、1.5リッター
エンジンと3世代目となる2モーターハイブリッドシステムを搭載。多くの場面でモ
ーターのみの走行が可能となり、優れた燃費性能を実現する。また、バッテリーを
リアシートの下に配置することでラゲッジ容量を損ねることなく、さらに、後席は
6:4分割で前倒しすることも可能となる。新型インサイトは、2018年1月15日
(現地時間)に開催される北米国際自動車ショー(デトロイトショー)で
初公開され、2018年後半に北米で発売される予定だ。

【オートックワン】
 http://autoc-one.jp/news/5001182/

no title

no title

no title

引用元: 【速報】ホンダ「インサイト」が復活。しかも超絶カッコ良くなってる

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ