タグ:従業員

1:まとめらいぶ 2018/01/04(木) 23:41:46.86 ID:CAP_USER9
 自殺願望をほのめかした10代の少女を自宅アパートに連れ込み殺害しようとしたなど
として、新聞配達員の男が逮捕されました。男が少女と知り合ったきっかけは、「ツイッ
ター」でした。

 裏声を出し、甲高い声で熱唱する男。一人、カラオケを歌い続けるこの男は、3日に逮
捕された朝日新聞販売所の従業員・斉藤一成容疑者(28)です。斉藤容疑者は2日、1
0代の少女を東京・八王子市の自宅アパートに連れ込み、首を絞めて殺害しようとしたな
どの疑いが持たれています。

 「警視庁の捜査員が斉藤容疑者の自宅に家宅捜索に入ります」(記者)

 調べによりますと、斉藤容疑者は2日夕方、東京都内の駅で少女と待ち合わせて自宅に
連れ込み、手やひもで首を絞めたということです。さらに、意識がもうろうとした少女に
対し、性的暴行を加えた疑いが持たれています。その後、少女が部屋から逃げ出すことに
成功し、事件が発覚しました。

 斉藤容疑者と少女の接点は、いったい何だったのでしょうか。

 「八王子すみです!私でよければ一緒に楽に成りましょう?」
 (斉藤容疑者のものとみられるツイッターより)

 これは、斉藤容疑者のものとみられるツイッターの書き込みです。去年11月、自殺
願望を書き込んだ複数のアカウントに対し、「よければ話しましょう」や「一度現実
逃避をできます」などと、返信しているのが確認できます。斉藤容疑者は、被害に
遭った少女ともツイッターで知り合ったとみられています。

 警視庁によりますと、少女が先月末、「死にたい」などと投稿したのを見て、
斉藤容疑者が「殺してあげる」と連絡。

 「殺してほしいと言われたので、殺そうと思った」

 調べに対し斉藤容疑者は、容疑を認めているということです。

 警視庁は、斉藤容疑者が去年10月に発覚した神奈川県座間市の事件を真似て犯行に
及んだ可能性もあるとみて、詳しいいきさつを調べています。

 事件を受け朝日新聞社は、「取引先である販売所の従業員がこのような事件で逮捕
されたことを重く受け止めています」とコメントしています。(04日15:28)

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180104-00000047-jnn-soci

【YouTube】
 https://www.youtube.com/watch?v=fTL3AOzQHys
※削除されています

少女

【イメージ画像】

引用元: 【オタク】「死にたい」ツイートの少女を連れ込み殺人未遂 Youtubeにアニソン裏声熱唱動画(JAM Project/SKILL) #TBS NEWS

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/03/20(月) 20:21:28.17ID:CAP_USER.net
【newsphere】
 http://newsphere.jp/business/20170316-3/



 毎日出社をして人生の多くの時間を過ごす職場環境は、仕事のモチベーション
や生産性に関わる大切な要素だ。しかし、どれだけの人が自分の職場環境を気に
入っているのだろうか。オフィス家具メーカーの米スチールケース社は、従業員
エンゲージメントと職場環境の相関関係について世界20ヶ国(14,903人、従業員
数100人以上の企業)のワーカーを対象に調査し、「世界のエンゲージメントと
職場環境実態」というレポートを公開した。従業員エンゲージメントとは、従業
員が企業の目標達成に向けて、自発的に自らの力を発揮し貢献しようとすること。
それによって従業員も成長するという考え方を指している。

 調査の結果、日本は従業員エンゲージメントと職場環境満足度がそれぞれ最低
であり、日本人はどの国よりも職場環境に不満があり、会社へのエンゲージメン
トが低いことがわかったという。ワーカーの居住国やその文化的背景、期待度が、
エンゲージメントレベルや職場環境への満足度に大きく影響しているようで、
エンゲージメントは新興国ほど高くなり、先進国は低くなりがちだ。

 職場環境満足度に関わる調査結果を紹介しよう。オープンな執務スペースで仕事
をしている割合は、世界平均は23%であったのに対して、日本は78%と非常に高か
った。島型対向式レイアウトが日本では一般的であることが影響しているようだ。
オフィス外で仕事をする機会が全くない割合は、世界平均は55%に対して、日本は
94%と非常に高い。オフィス外で仕事をする機会もなく、就業時間中はずっとオー
プンな執務スペースで常に同僚からの視線を感じながら働いているという日本の職
場環境は、確かに満足度が高くなりにくいように思われる。

 エンゲージメントに関わる調査結果については、「仕事に行くのが楽しい」や
「自分の会社を推奨できる」といった項目に肯定的な回答をしている割合は著し
く低い。一方、約半数(52%)は「同僚との連帯感を感じる」と答えており、こ
れは世界平均値の76%よりも低いものの日本のエンゲージメント指標の中では最
も数値が高い項目だ。また、約3分の1は「職場が楽しく落ち着ける」と答えてお
り、これは世界平均を超えるもので、おそらくは集団における秩序や調和を重視
する日本的文化も起因していると分析されている。

 職場環境は経済の成熟度や、国土の広さ、ビジネスの習慣・文化といった様々な
要素に影響されるようだが、職場環境を取り巻く日本の労働環境は改善点が多くあ
るだろう。長時間労働の改善に社会が本腰を入れて取り組みをしているが、労働時
間と合わせて労働する環境にも目を向けて、ワーカーが生き生きと職務にあたるこ
とができる環境作りが求められるのではなかろうか。この調査は、そうした改善が
ワーカーの会社へのエンゲージメント向上につながる可能性を示唆しており、これ
は重要な経営課題でもあるはずだ。
続きを読む

1まとめらいぶ2015/10/22(木) 15:02:48.68ID:QFm87MWS0 BE:565421181-2BP(3000)
従業員蹴り上げ…

「割烹久田」

経営者を逮捕


 東京・南麻布の高級日本料理店「割烹久田」の経営者の男が、
見習いの男性従業員を蹴り、大ケガをさせたとして逮捕された。

 傷害の疑いで逮捕されたのは港区・南麻布にある「割烹久田」の経営者で、
料理人の久田雅隆容疑者(54)。警視庁によると、久田容疑者は今年4月、
20代の男性従業員を、「朝の挨拶がない」などと言って突き飛ばし、
股間を蹴って大ケガをさせた疑いが持たれている。

男性は入店間もない見習いで、
「厳しい指導として受け入れていた」と話しているという。

 久田容疑者は調べに対し、
「蹴ったといわれればそうかもしれない」と供述しているという。
警視庁は、久田容疑者が修業の一環だとして暴行を
繰り返していた可能性もあるとみて調べている。

Yahoo! ニュース
続きを読む

↑このページのトップヘ