『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.6.20

      平均給与

      1まとめらいぶ2017/05/25(木) 00:38:44.01ID:CAP_USER.net
      【IT media ビジネス】
       http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1705/24/news130.html

      東京商工リサーチが上場企業の平均年間給与の調査を発表。平均額は605万7000円と
      11年の開始以来初の600万円台に。上場企業内での「二極化」が進んでいるとの指摘も。  



      上場企業の平均年間給与は?
       業種別のトップ3は、金融・保険業の702万9000円、建設業の671万9000円、不動産業
      の663万7000円。業績が好調な建設業と不動産業は上昇し、東日本大震災以降減少して
      いた電気・ガス業は初めて増加に転じ、658万6000円と4位に付けた。

       最下位は6年連続で小売業の500万円。ただ平均給与は3年連続で上昇しており、「深
      刻な人手不足の中で待遇改善に動いていることが分かる」(東京商工リサーチ)という。



      業種別では
       企業別ではM&A助言会社のGCAが2139万6000円で2年連続トップ。上位50位には、
      テレビ局、総合商社、大手金融機関が並ぶ。増加率トップはスポーツ用品小売大手の
      ゼビオホールディングスだった。

       平均給与のレンジは、1000万円以上は3079社中60社(1.9%)と、調査開始以来最
      多に。最も多いのは500万円以上600万円未満の936社(30.4%)で、500万円未満も
      723社と4分の1を占めている。

       東京商工リサーチは「政府や経団連は企業に賃金引き上げを要請し、上場企業の給
      与は着実に上昇している。だが、業種間で二極化は拡大し、また中小企業との給与格
      差も縮まる兆しはみえない」と分析している。



      二極化進む
      【【給与】上場企業の平均給与、初の600万円台!二極化進む。トップ企業は2139万円www】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/19(日) 20:17:14.28ID:CAP_USER.net
      【R25】
       https://r25.jp/money/00056163/

      「RPG」風に職業を表現した給料・給与のポータルサイト「給与バンク」で、
      「YouTuber(ユーチューバー)」の平均給料・給与が「月額747万円」と算出
      されことが明らかになり、ネットでは衝撃が広がっている。

      同サイトは、資本主義という世界で戦う企業戦士たちを「RPG」に登場するような
      キャラクターとして描いた「一億総かっこいい職業」をコンセプトにしたサイト。
      お馴染みの“ジョブ”や“スキル”といった言葉を用いて職業の特徴を捉えて
      解説している。

      YouTuberは、「ニュージェネレーションジョブ(新しい職業)」の一つとして、
      歌い手やコスプレイヤー、プロゲーマーなどとともに紹介されている。YouTuberの
      ページには「YOUTUBEという動画サイトで活動するネットタレント。人気ジョブ
      ランクで上位に君臨しはじめた『新生代ジョブ』の一つ」とあり、「当たれば金と
      名声を同時に手に入れることができる一攫千金型の職業」とも記載されている。

      給与については、「最近出来た仕事のため平均を算出するのは難しい」としながらも、
      動画再生の単価を0.11円として、2016年5月の動画再生数ランキングトップ20から平均
      給与を予測。結果、「トップランカーの平均給与747万」と算出されたという。

      これは同サイトの全職種の中で、1位・プロ野球選手(平均給与1395万円)、
      2位・騎手(平均給与1175万円)に次ぐ堂々3位にランクインしている。

      このYouTuberの給与額にTwitterでは、

      「ユーチューバーに俺はなる!」
      「俺も、YouTuberなろうかな(笑)」
      「僕、ブロガーやめてYoutTuberになります!」

      と志望者が相次ぐ事態となっている。さらに、

      「圧倒的な努力あってこそ!」
      「YouTuberの平均給料は747万円って誤解を生みそうなw」
      「ユーチューバーって税金どうしてんだろ?ってよく思う」

      と思い思いの反応を示している。
      ちなみに、同サイトによると日本人YouTuberの収入ランキングベスト3は、

      1位がHIKAKIN(推定1億1846万円以上)、
      2位がマックスむらい(推定7462万9440万円以上)、
      3位がKan & Aki's CHANNEL(推定7400万円以上)だった。

      世界ランキングでは、1位ピューディパイ(7億1000万円)、
      2位スモッシュ(6億3000万円)など億越えがスタンダードのようだ。

      もちろん成功しているYouTuberばかりではなく、「初任給1万円」と記載されている
      ように、約8割の人が月1000円未満程度の収入という厳しい世界であるようだ。
      といはいえ、多くのユーザーにとってジョブチェンジをも考えさせる
      夢のある話題といえそう?

      自撮動画

      【イメージ画像】
      【【経済】ユーチューバーの平均給与『月額747万円』】の続きを読む

        このページのトップヘ