タグ:平均

1まとめらいぶ2017/06/16(金) 20:01:54.66ID:CAP_USER.net
日本人の平均貯蓄高は1820万円と発表されましたが、60歳以上の世帯が平均を押し上げて
おり、若い世代には実感がありません。今回は、将来への大きな武器となる「投資」につ
いて解説します。

2017年5月に総務省が発表した「家計調査報告」の内容が物議を醸しています。それによ
ると、日本の皆さんの平均貯蓄高は「1820万円」だそうです。

 「まじか……」「そんなにない」「というより、周りにそんな人いない」という声が多
く聞かれています。

 それもそのはず、このデータはあくまで国民全体です。実は、60歳以上の世帯が平均を
大きく押し上げていたため、20代から40代にとっては「そんなにあるの?」といまいち
ピンとこなかったのも当然です。

 そこで実態を知るべく、よりリアルな20代から40代の貯蓄額を見てみましょう。対象は
金融広報中央委員会(2016年)のデータによるものです。ちなみに、貯蓄と貯金、預金で
は厳密にはそれぞれ定義が異なるのですが、以下では便宜上なじみがある「貯金」を使用
します。

20代の貯金の平均は「184万円」

 データによると、20代の世帯あたりの平均は「184万円」でした。これは、全体平均
「1820万円」の約10分の1です。20代で金融資産を保有している人は54.7%しかいませ
ん。残りの45.3%は「貯金などない」ということになります。

 そして、中央値はなんと0円でした! 中央値とは、それぞれの貯金額をズラリとなら
べて順位付けし、ちょうど真ん中の順位にいる人の貯金額をいいます。

30代の貯金の平均は「395万円」

 そして、30代の貯金の平均は「395万円」でした。中央値は167万円です。30代では
167万円以上の貯金があれば30代世帯の順位は真ん中より上ということになります。

 30代でも金融資産を持っていない(貯金ゼロ)世帯が全体の約3分の1もいます。

40代の貯金の平均は「588万円」

 40代の貯金の平均は「588万円」でした。30代と比べるとぐっと上がりますね。
中央値は200万円です。こちらは30代とそこまで差がありません。

 40代でも金融資産を保有していない世帯が約3分の1(35%)います。

20代~40代の平均貯金のまとめ

 30代から40代になるときに「金融資産をたくさん持っている人」はより多くを持つ
ようになり、そうでない人との差が開いている、ということが分かります。

 30代、40代の約3分の1はそもそも金融資産など保有しておらず、保有している資産の
中央値は200万円前後ということが分かります。そして、20代に至っては約半数が金融
資産を保有しておらず、中央値は0円という結果でした。

 総務省が発表した「家計調査報告」の平均1820万円という結果とはだいぶ違った
イメージを持たれることかと思います。

【IT media ビジネス】
 http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1706/16/news009.html

有り金

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/19(土) 09:09:56.66ID:CAP_USER.net
【マイナビ ニュース】
 http://news.mynavi.jp/news/2016/03/11/534/

保育士の給与について話題になっているが、実際どのくらいなのだろうか。

2013年のデータにはなるが、東京都福祉保健局が公表している
「東京都保育士実態調査」を参照してみた。

同調査は2013年8月26日~9月10日、郵送配布・郵送回収で行われた。

対象は2008年4月~2013年3月に東京都に
保育士登録(書換え登録等を含む)をした3万1,550人で、
有効回答数は1万5,369件。

6割弱が正規、3割がパート
回答者のプロフィールを見ると、女性が91.5%と大半を占める。

また年齢層としては20代41.5%、30代25.0%、40代19.9%が多く、
配偶者・子どものいる人が42.9%、配偶者・子どもの
いない人が37.8%となっている。

回答者のうち、保育士として働いているのは5割強。その雇用形態をみると、
6割弱が「正規職員」、3割が「有期契約職員(パート)」だった。

通算就業年数は平均約5年で、正規職員よりパートの方が長い。

雇用形態別の運営主体をみると、正規職員は民設・民営(社会福祉法人)、
有期契約職員(フルタイム)は公設・公営、パートでは
民設・民営(社会福祉法人)で働く人の割合が高い。

平均年収は正規269.2万円、パート104.1万円

保育士の平均年収は「212.4万円」。

雇用形態別にみると正規職員の平均年収は「269.2万円」、
パートは「104.1万円」だった。

給与に対する満足度は、パートのほうが正規やフルタイムに比べて高い。

保育士として働いている人の職場への改善希望点については、
「給与・賞与の改善」「職員数の増員」「事務・雑務の軽減」が上位を占めているが、
特に退職意向者から多くの声が挙がっている。

また退職意向の理由としては「給料が安い」や
「仕事量が多い」が挙げられており、特に正規でその傾向が強い

過去保育士の希望する年収額について、過去正規で雇用されていた人の希望額は
「269.8万円」と、ほぼ現在正規職員実態額と同等の金額(269.2万円)。

しかし、正規職員雇用のみを希望する人の希望年収額をみると「307.3万円」であり、
正規職員実態額の1割強増しとなっている。

さらに、パート・非常勤雇用のみを希望する人の希望年収額は「154.9万円」で、
これは現在パートの実態額(104.1万円)の約5割増しとなっている。



続きを読む

↑このページのトップヘ