常識 : まとめらいぶ

タグ:常識

1:まとめらいぶ 2021/02/23(火) 19:18:58.80 ID:RtRA6xBF9
「家に帰ったとき」あることに気づいた。50年ぶりにともに暮らすことになった母親が、
どうも妖怪じみて見える。92歳にしては元気すぎるのだ。日本の高齢化は進み、高齢者と
後期高齢者という家族構成が珍しくなくなってきた。老いと死、そして生きることを
考えていきます。本連載は松原惇子著は『母の老い方観察記録』(海竜社)を抜粋し、
再編集したものです。

■目黒のマンションを漏水トラブルで売却して…
  お母さんの介護で? いえ、母はピンピンです

人生の先はわからないもので、わたしが65歳のとき、ひとり暮らしの母の家に間借りすることに
なった。することになったというと理由が母にあるように聞こえるが、わたしが自分で決め、
母の承諾もなく転がり込んだというのが正しい言い方だ。

(中略)

なぜ、実家に間借りをすることに決めたかというと、以下のとおりだ。売却が突然決まり、
2か月で空け渡すことになった。とりあえずの住まいとして、賃貸マンションに移り、
落ち着いてから次のマンションを購入することにしたからだ。

ところが、目白に1LDKのかわいい賃貸マンションを見つけて喜んでいたところ、契約日の前日に
不動産屋から電話があり、大家さんから契約の白紙撤回を申し渡されたというではないか。

■「60歳以上の人に部屋を貸さない」という現実
一瞬、頭が真っ白になった。なぜ? 20万も30万もする部屋を借りるならわかるが、9万円の部屋を
借りるのになぜ、貸してもらえないのか。マンションを売却するので現金はある。それに多少の
収入もある。本も70冊以上書いてきた実績もある。身元保証人もたてた。それなのに

なぜ? 

なぜ?

断られた理由は意外にもわたしの年齢だった。大家さんとしては、若い会社員のお嬢さんに
貸したかったようだ。そこで、わたしは、生まれてはじめて「60歳以上の人に部屋を貸さない」
という日本社会の現実に直面したのだ。

高齢者に部屋を貸さない慣習に対して問題意識を持つわたしは、
そのことに関して『老後ひとりぼっち』(SB新書)という本にまでしたというのに。
自分がその当事者になるとは、夢にも思わなかったことだ。

年齢で断られたことが、わたしを完全に打ちのめした。本人の了解なく「高齢者」の枠に入れられ、
社会からはじかれた気がした。日本は、こうして高齢者を弱者にしていくのか。これは基本的
人権の問題ではないか。

わたしが頭にきていると、売却してくれた不動産屋の人から、
「次を探すのは落ち着いてからにすればどうですか。
実家も近いし、一時的に住まわせてもらえばいいじゃないですか」と提案された。

「きっとお母さんも、喜ぶと思いますよ。いくら元気がよくても、年だからね。心細いはずですよ」

「…う~ん、そうかな」と疑問も感じたが、
行き場がなかったので間借りをすることにしたというわけである。

母と一緒に暮らすのは、子供のころを除いてほとんどないので、正直不安だった。
外で会っているときは、とてもいい母なのだが、家ではどうなのか。
それに、母もひとり暮らしに慣れてきている。
しかし、あれこれ悩んでいる時間はなかった。とにかく、引っ越してからゆっくり考えよう。

目黒から埼玉の母の家に引っ越したことを知ると、誰もがびっくりしてこう聞いてきた。

「お母さんの介護で?」

「いいえ、母はピンピンです。ハエたたきで落としたいくらいピンピンです」

そう正直に答えると、誰もが目を白黒させながらも大笑いした。

(全文はソースにて)

【Yahoo! ニュース】
 https://news.yahoo.co.jp/articles/77829a4a2298c12c9ad6d9f7ec7fed00318ea705

615:まとめらいぶ 2021/02/23(火) 20:47:41.77 ID:ZsUhmbly0
>>1
当たり前じゃんw

引用元: 【社会】「60歳以上の独身者に部屋を貸さない」という日本社会の怖い現実

(C)2015 - 2021 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2019/04/25(木) 00:00:01.602 ID:frc7H5xb0
no title

no title

マジかよwww

引用元: 【画像】常識はずれにはこの漫画の意味がわからないらしいぞwwwww

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ