巨大 : まとめらいぶ

タグ:巨大

1まとめらいぶ2016/07/28(木) 11:55:38.83ID:YG5heLYP0.net BE:792899348-PLT(13700)
今回ご紹介している写真は1926年にアメリカはメイン州(ベルファスト)で
捕獲されたという「巨大エビ」の写真である。

 当時の資料によると重さは23.36キロ(51.5pound)の重量、
体長は1.28メートル(50.5in)また83.8センチメートル(33in)
の触覚を持っていていたという。

1メートル30センチといえば男子小学生くらいの大きさである。
その巨大っぷりはまさに『ゴジラ』映画に出て来る巨大エビ怪獣「エビラ」である。

実はエビは時々、巨大になった個体が発見されることがある。
2014年11月には中国で身長1メートルのエビが捕獲され大騒ぎになったこともある。
この中国で捕まったエビは「ニシキエビ」という個体で派手な模様が特徴で
通称「神エビ」と呼ばれている。

 ニシキエビはもともと巨大な個体ではあるが、1926年に捕まった
エビは見る限りアメリカの代表的なエビ、ロブスターと思われる。
ロブスターは身長50センチ~1メートルくらいの個体でなかには
1メートルを超える個体も発見されることもあるが、かなり希で
あり1926年に捕まった個体が記録上もっとも大きな一体と思われる。

またロブスターは異様に長生きする生物としても有名で9キロの個体のものは
100歳近い年齢と推測されその年齢は重さによって計算できるという。

 となると23キロのロブスターとなるとその年齢は250歳くらいの長寿だった
可能性もある。ちなみにロブスターは西洋では高級食材としても有名であり
1キロおよそ4000円の値段で売り出されるという。

となると単純計算で10万円。また希少種となるとさらに値段は膨らむので恐らく
100万単位の値が付くと思われる。この巨大エビが捕獲後、どうなったのかは
わからないが、捕まえた人は恐らく巨額の富を手に入れたと思われる。
巨大生物は捕まえるとお金が儲かるのだ。



リアルライブ
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/02/18(木) 09:35:51.47ID:KzS/TB1P0.net BE:723460949-PLT(13000)
DJ Doppelgenger

@doppelgengerlab
 https://twitter.com/doppelgengerlab/status/400474226148134912 

ロシアのアート集団ヴォイナが凄過ぎる。

巨大な跳ね橋に65mの男根を警官に追われながら数分で書き上げ、
跳ね橋が上がる定刻に、目の前のロシア連邦保安庁にFuck You!を捧げた。

これは超越してる。リスペクト。

【画像】

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/02/16(火) 16:11:26.59ID:dnmd5tMW0 BE:583472408-PLT(14015)
404カラットの巨大ダイヤ、アンゴラで発見

CNN.co.jp 

ニューヨーク(CNNMoney) 鉱山開発会社のルカパは15日、
史上最大級となる404.2カラットの巨大ダイヤモンドが
アフリカ南西部アンゴラの鉱山で発掘されたと発表した。

巨大ダイヤはアンゴラダイヤモンド公社などとの共同プロジェクトで発見された。

直径は7センチとクレジットカードほど。

米小売り業者が色や透明度の鑑定を行った結果、
不純物がほぼゼロのダイヤと判定したという。

色は完全に無色の「D」判定。米宝石学会によれば、
これはホワイトダイヤモンドの中では最も希少で高い価値がある。

同プロジェクトでは2015年からアンゴラ中部の鉱山開発に着手し、
これまでに「大粒の特別なダイヤモンド」を60個以上産出しているという。

ルカパはオーストラリアの証券取引所に上場しているが、
今回の発表を控えて数日前から取引を中止していた。

15日に取引が再開されると株価は30%急騰した。

同社のマイルズ・ケネディ会長はオーストラリアのABC放送の取材に対し、
このダイヤには2000万ドル(約23億円)程度の価値があると語った。

アンゴラは世界4位のダイヤモンド産出国。

今回のダイヤは、2007年に発掘された217.4カラットのダイヤ
「アンゴラの星」を上回って同国では史上最大、これまでに
世界で発見された中では27番目の大きさになる。

史上最大のダイヤは南アフリカで1905年に発見された3106
カラットの「カリナン」で、原石はカットされて英国の王冠に
あしらわれ、ロンドン塔に展示されている。

Yahoo! ニュース

画像

no title
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/01/09(土) 13:57:18.93ID:CAP_USER*.net
【1月9日 AFP】(更新)中国・河南(Henan)省の開封(Kaifeng)
市通許(Tongxu)県の空き地に建設された、中国共産党の創立者、
毛沢東(Mao Zedong)の金色の巨大像が突然、取り壊された。

共産党機関紙・人民日報(People's Daily)の
ニュースサイト「人民網(People's Net)」が8日、報じた。

 政府の許可を取っていなかったためとみられる。
約37メートルのこの像は今週、インターネット上に画像が出回り、
世界中で話題を集めていた。

 しかし、人民網が地元当局の話として伝えたところによると、
総工費300万元(約5300万円)かけて建設されたこの像は、
既に取り壊されたという。

同サイトは取り壊しの理由は「不明」としつつ、
問題の像が地元当局で「登記や審査を経ていなかった」
との他メディアの報道を紹介している。

 中国ポータルサイト「HMR」は今週、この像について、
建設費用を地元の実業家数人が提供し、
9か月かけて昨年12月に完成したと伝えていた。

【(c)AFP】 





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2015/09/07(月) 17:36:17.01ID:hq8DxRPt0.net BE:284465795-PLT(12000)
旅客機としてはこれまでで
最大級のBoeing777 9Xは
羽をたたまないと飛行場に入れないようです。



その羽は235feet,5inches(71.8m)にもおよび、
関節から翼端は12feet(365m)あるそうです。この世界最大級の旅客機は、
これまでで最も効率的なツインエンジンを搭載し、12%の低燃費、10%の運用
削減を可能としています。機内には400もの座席があり、かなりの広さを
感じさせるデザインとなっています。この羽の折りたたみデザインは
民間航空会社では初めてのものだそうです。





国際経済日報
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ