『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.11.20

      少年

      1まとめらいぶNG NG BE:723460949-PLT(13000).net 
      シートベルトせずに事故った結果

      【sakamobi.com】
       https://sakamobi.com/news/seatbelt-sezuni-jiko

      こんなにぶっ飛んだのか…(;・∀・)
      2まとめらいぶ2017/08/28(月) 11:43:47.20ID:IQSmld+/0.net BE:723460949-PLT(13000)



      @sakamobi 
       https://twitter.com/sakamobi/status/901439224422977537
      【【画像】シートベルトをせずに時速100Kmで事故った少年wwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/08/06(日) 16:07:47.90ID:HwOv4yrn0 BE:659060378-2BP(4000)
      Money Kicks(マネー・キックス)と名乗る
      若干15歳のドバイの少年・Rashed Belhasa(ラシェド・ベルハサ)は、
      今年最も話題となったこのコラボレーションを象徴する
      モノグラムで自分のフェラーリをカスタム。

      そもそも(おそらく免許も持っていない)
      ティーンエイジャーがフェラーリを所有しているのも常軌を逸しているが、
      とにかくこのリッチな坊やは、目の覚めるような黄色いスーパーカーを
      赤い〈Supreme〉のロゴと〈Louis Vuitton〉のモノグラム柄の
      フォイルで覆ってしまった。
      そんなカスタムフェラーリに合わせた彼のアウトフィットも、
      もちろんhead to toe で〈Supreme〉x〈Louis Vuitton〉。

      実はこのユーチューバー、
      インスタグラマーとして活動するMoney Kicksは、
      ドバイの大富豪・Saif Ahmed Belhasa(サイフ・アハメド・ベルハサ)の息子。
      お小遣でこのノリである。
      この車の好き嫌いはさておき、
      桁違いの金持ちの遊びを、上の映像より拝見させていただこう。

      画像



      2



      3



      【hypebeast】
       https://hypebeast.com/jp/2017/8/money-kicks-ferrari-supreme-louis-vuitton-wrap
      【【画像】15歳の少年がフェラーリを Supreme x Louis Vuitton 仕様に改造!】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/08/19(金) 14:09:44.91ID:CAP_USER.net
      ほこりと血にまみれ、ぼうぜんとした表情で救急車の中に座る
      少年の画像が18日、シリア北部アレッポ(Aleppo)への空爆
      による民間人の犠牲の象徴として世界の注目を集めた。

      真っすぐ前を見つめるこの少年は、5歳のオムラン(Omran)君。反体制派が
      掌握するアレッポ南東部カテルジ(Qaterji)地区への空爆の後、がれきの中
      から救出された。撮影したマフムード・ルスラン(Mahmoud Rslan)氏は、
      AFPの電話取材に次のように語っている。

      「毎日、雨のように降り注ぐ空爆で殺されたり負傷したりした子どもたちの
      写真をたくさん撮ってきた。こうした子どもたちは普通、意識がない状態か、
      泣きじゃくっているものだ。だが、オムランはただそこにいて、言葉もなく、
      ぼんやりと前を見つめていた。何が起きたのかまるで分かっていないようだった」

      アレッポの反体制派地区は頻繁に、政権側のヘリコプターから
      落とされる「たる爆弾」などによる空爆の標的となっている。

      発信地:アレッポ/シリア

      【(c)AFP】
       http://www.afpbb.com/articles/-/3097979





       
      【【シリア】空爆後に救出されたシリア少年の画像公開!民間人犠牲の象徴と言う設定】の続きを読む

        このページのトップヘ